アクチュアル・オーバーヘッドとアプライド・オーバーヘッドの違いは何ですか?

Actual Overheadの定義

Actual OverheadとApplied Overheadの関係では、Actual Overheadはメーカーの間接製造原価を指します。 (マーケティングや一般管理など、製造業務の外にあるコストは会計期間の費用であり、製品に適用したり割り当てたりすることはありません。)

実際間接費は、直接材料と直接労務以外の製造コストです。 諸経費は製品に直接的に追跡できないため、諸経費は生産された製品に配分、割り当て、または適用しなければなりません。

実際間接費の例

数ある間接費のうち、いくつかを紹介します。

  • 生産設備に電力を供給するための電気代
  • 生産設備を加熱するための天然ガス
  • 生産設備および施設の減価償却費
  • 生産設備の通常の修理および保守
  • 生産監督者の給与および手当

これらの実際のコストはコストが発生した際に一般勘定に計上されることになる。

アプライド・オーバーヘッドの定義

アプライド・オーバーヘッドとは、生産された商品に割り当てられる製造間接費の金額です。 これは通常、あらかじめ決められた年間間接費率を用いて行われます。

Applied Overheadの例

ある会社が次年度に80万ドルの間接費を見込んでいると仮定します。 また、次年度の生産機械時間は通常通り16,000時間であると想定しています。

将来の間接費と将来の機械稼働時間が確実には分からず、また実際の機械稼働時間は年間を通じて一様ではないため、実際に発生した間接費と製造した商品に適用した間接費の額には常に差異が生じます。 願わくば、会計年度末にその差異が大きくならないようにしたいものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。