アルジュナ

誕生と初期生活

インドラはクンティに息子を授ける。

アルジュナはパンダヴァ5兄弟の1人で王族の系統、総名は彼らの父でルナ朝の後継者のパンデュから由来している。 しかし、パンドゥは女性と関係を持つと死んでしまうという呪いにかかっていたため、処女時代に賢者ドゥルヴァーサがクンティに授けたマントラを用いて息子たちを誕生させた。 彼の妻であるマドリとクンティは、それぞれ別の神々を呼び、子宝に恵まれた。 伝説によると、アルジュナは半神で、母クンティが夫の求めに応じてインドラ神を呼び、祝福として生まれたという。 8338>

ドリタラーシュトラの弟でありながら、彼らの父の後を継いでバラータの王となったのはパンドゥであった。 これは、ドリタラーシュトラが盲目であったため、王位継承の権利を放棄したためである。 ドリタラーシュトラはカウラヴァ兄弟と呼ばれる100人の息子をもうけ、パンドゥの死後、王位に就いた。 パンダヴァ兄弟は従兄弟のカウラヴァ族とともに育てられ、その教育はビシュマによって監督された。 彼らの教師の中にはドローナというバラモンの戦士がいて、彼はアルジュナを自分のお気に入りだと考えていた。 スワミ・パルメシュワラナンドによれば、アルジュナはドローナの最も優秀な弟子であった。 彼は、ドローナがすべての弟子の中で、アルジュナ以外に弓矢を使って木の上のおもちゃの鳥の目を射る不動の集中力を持つ者はいないと判断し、ドローナの正しさが証明されたという出来事を記している。

しかしながら、ジョージ M. ウィリアムズは別の弟子、カルナをアルジュナと同じくらい有能だったとみなしている。 カルナはパンデュとの結婚前にクンティとの間に生まれ、スーリヤの祝福を受けたが、その後捨てられ、低階級の家族に育てられた。 そのため、アルジュナとは密かに異母兄弟であり、身分が低いという点で対照的であった。 伝説が進むにつれ、この同級生たちは敵となり、カルナとカウラヴァ族はアルジュナたち4兄弟と手を組むことになる。

王子たちが修行を終えた後、アルジュナは、王子の腕前に感心したパンチャラのドルパダを、敬愛する師ドローナのグルダクシナとして打ち破った。 その後、ドゥリョーダナと母方の叔父シャクニは、パンダヴァを母クンティとともに生きたまま焼き殺すことを計画した。 彼らはVaranāvataという村にラックから宮殿を建てた。 しかし、パンダヴァーたちはヴィドゥーラの助けを借りて、秘密のトンネルを通ってラックの家から脱出することに成功しました。

結婚と子供

ホイスラ帝国が建てたチェンナケサヴァ寺院に描かれている魚の目を刺すアルジュナ

アルジュナはヒンドゥーのエピックの中心人物で数多くの場面に登場する。 中でも注目すべきは、Panchalaの王であったDrupadaの火生娘Draupadiとの結婚である。

Lakshagrihaのイベントの後、Arjunaと彼の母、兄弟はHastinapuraから身を隠すことにする。 ある日、アルジュナはドゥルパダが自分の娘と誰を結婚させるかを決めるために、弓道大会を開いていることを知る。 その大会は、弓を持ち上げて張り、矢を放ち、水面に映る黄金の魚の目だけを射抜くというものだった。 スワヤンヴァラでは、並み居る君主のほとんどがこの課題をクリアすることができなかった。 結局、バラモンの姿に扮したアルジュナが優勝する。 敗れた王たちはアルジュナを攻撃するが、アルジュナは彼らを打ち負かし、家に走って帰って母親に成功を告げ、「見よ、我々が見つけたものを」と叫んでいる。 このとき、クンティは彼が森で見つけた施しのことだと思ったのか、それとも自分でも知らない何か大きな賞金のことだと思ったのかは、解説者によってさまざまである。

この誤解と、兄弟の中で一番年上のユディシュティラが最初に結婚するべきだという儀式が重なり、5人の兄弟全員が彼女と結婚することになりました。 これはサンスクリット文学では珍しい多夫多妻制の例である。 兄弟は、ドラウパディが他の兄弟と二人きりになっても誰にも邪魔をさせないことに合意し、その罰として、犯人は1年間独身を貫かなければならない追放の刑に処されました。

アルジュナ、兄弟、母、ドラウパディがハスティナプラに戻ると、ドリタラーシュトラはハスティナプールの支配権をめぐって対立が起こるのを避けるため、王国を分割し、半分は自分の長男ドゥリョウダナ、半分はパンデュの長男ユディシュティラに残すことにしました。

アルジュナは、ユディシュティラがドラウパディと二人きりの時に、武器を集めようとして侵入し、うっかり兄弟との盟約を破ってしまいました。 ユディシュティラの説得にもかかわらず、やむなく追放される。 盟約の独身条件を無視し、旅の途中で3人と結婚し、最初の結婚相手はウルピーというナーガの王女で、その間にイラヴァンという息子をもうけたからである。 二番目の結婚相手はマニプラの王女チトランガダで、バブルヴァハナ(Babhruvahana)という名の息子を産んだ。 三度目は、クリシュナの妹スバドラとの結婚である。 この最後の出来事はドヴァーラカで起こったもので、物語の中でクリシュナとパンダヴァ一家が初めて出会ったわけではありませんが、二人の絆が始まり、クリシュナが慕う子供アビマンユの誕生によって封印されたのです。

カンダヴァの森を焼く

アルジュナとクリシュナ カンダヴァの森を焼く

それはパンダヴァ家の首都インドラプラスタでのことであった。 アルジュナとクリシュナは、アビマンユの誕生のために、アルフ・ヒルテベイテルが「叙事詩の中で最も奇妙な場面の一つ」と表現する、カンダヴァの森の焼き討ちに巻き込まれた。

神話のこの部分の本質は、アルジュナとクリシュナが森で空腹の人物に声をかけられたというものです。 彼らは彼の空腹を満たすのを手伝うことに同意し、その時彼は火の神であるアグニであることを明らかにします。 アグニは森羅万象を焼き尽くすことでしか空腹を満たせないが、以前それを試みたとき、森の守護神であるインドラが火を消すために雨を降らせたため、阻止されたことがある。 アルジュナはガンディーヴァの弓、クリシュナはスダルシャナ・チャクラという神々との戦いに適した武器で武装し、インドラやその他の邪魔者を撃退することに同意した。 そして、インドラや他の神々、悪魔、動物、蛇などと戦いながら、森を破壊し始める。 アルジュナとクリシュナは、6日間の炎と殺戮の末に森がなくなると、インドラから感謝を受けます。インドラは、途中で他の神々と一緒に退却し、不思議な声で「下がって見なさい」と命令されたのです。

サイコロのゲーム

クルクシェトラの領主の後継者として、ユディシュティラはカウラヴァのいとこ、ドゥルヨーダナから王位を狙う歓迎されない目を向けられていたのです。 この王位継承には、数年にわたる “ラジャスヤ “と呼ばれるヴェーダの儀式が行われ、サイコロを使った儀式も行われた。 ウィリアムズによって「インド文学で最も悪名高いサイコロゲーム」と評されたこのゲームは、ドゥルヨーダナによって不正に操作され、ユディシュティラは賭けに負けて王国と妻ドラウパディを含むすべてを失うことになった。 ユディシュティラとその兄弟は、ドラウパディがカウラヴァに身を捧げたことで、自由を手に入れたのです。 そして、彼女はカウラヴァスに陵辱され、その仕打ちに対する復讐が、パンダヴァスにとって従兄弟たちとの対立のさらなる動機となった。 屈辱的な仕打ちを受けたとき、カルナは彼女を5人の男と結婚した売春婦と呼んだ。 このため、アルジュナはカルナを殺すことを誓った。 アルジュナを含む兄弟は12年の流刑を強いられ、ユディシュティラが王国を取り戻すためには、その後1年間偽りの生活を送ることになった。

パンダヴァ家の流刑

Pandava Caves: 神話の資料によると、パンダヴァは流刑の間ここに滞在した。

この流刑の間、アルジュナは12の労役を行った。 彼はヴィシュヌの6番目のアバターであるパラシュラーマから武器の使い方を教わり、ヒマラヤを訪れてカウラヴァに対抗できる天空の武器を手に入れました。 その後、インドラの天であるスワルガを訪れ、ダイティア族との戦いに勝利し、また精神的な父であるインドラのためにガンディーバと戦い、戦闘技術を磨きました。

カンダヴァでの戦いの後、インドラはアルジュナに、戦闘で彼に対抗するための恩恵として、シヴァが彼を満足させることを条件に彼の武器をすべて与えることを約束しました。

アルジュナはパシュパストラを得る

アルジュナが深く瞑想していた時、一匹のイノシシが彼に向かって走ってきました。 彼はそれに気づき、矢を取り出し、イノシシに向かって放った。 しかし、もう一本の矢はすでにイノシシに刺さっていました。 アルジュナは激怒し、そこに猟師がいるのを見た。 アルジュナは怒り、そこに一人の猟師を見つけ、猟師と対峙した。 何時間か戦った後、アルジュナは彼を倒すことができず、その狩人がシヴァであることに気づいた。 シヴァは喜び、本当の姿を現した。 そして、アルジュナを試すためにパシュパタストラを与え、その猪はインドラであると告げました。

追放されたアルジュナは、父インドラの宮殿に招かれる。 ウルヴァシというアプサラはアルジュナの容姿と才能に感動し、惹かれたので、彼の前で愛を表現しました。 しかし、アルジュナにはウルヴァシと愛し合おうという気持ちはなかった。 それどころか、彼女のことを「お母さん」と呼んだ。 なぜなら、かつてウルヴァシはクルド王朝の祖先であるプルラヴァス王の妻だったからだ。 ウルヴァシは侮辱されたと感じ、アルジュナを罵り、一生宦官になるようにと言った。 その後、インドラの要請により、ウルヴァシは呪いを1年に短縮した。

マツヤ王国にて

ウッタラーに踊りを教えるブリハナラ

アルジュナは流罪最後の1年をブリハナラという宦官としてビラタ王国のマツヤ王国で過ごすことになる。 彼は王女Uttarāに歌と踊りを教えた。 キチャカがドラウパディを辱め、痴漢をしようとしたため、アルジュナは彼女を慰め、ビーマはキチャカを殺害した。 ドゥリョーダナとその軍がマツヤを攻撃したとき、ウッタラーの弟ウッタルはブリハンナラを戦車隊に乗せて軍に向かった。 その日のうちに、アギャタヴァーサの年は終わった。 アルジュナはウッタラーを軍隊から神弓ガンディーヴァの置いてある森に連れ去り、ウッタラーに自分の正体を明かした。 その後、マツヤの皆に自分の正体を明かすと、ウッタラーはアルジュナの息子アビマンユと結婚することになった。

クルクシェトラ戦争

バガヴァッド・ギーター

クリシュナがアルジュナにギーターを語る

「バガヴァッド・ギーター」は は、『マハーバーラタ』の中で、パンダヴァ家とカウラヴァ家の間でクルクシェトラ戦争が始まる直前のアルジュナとクリシュナの対話を描いた書物である。 Richard H. Davis,

この会話は、戦争の道徳的妥当性だけでなく、他の多くのことを扱っています。 ギータはアルジュナが混乱と絶望に陥って武器を落とすところから始まり、アルジュナが弓を拾い、すべての疑念を解決して戦いに備えるところで終わる。

戦争において

主な記事。 Kurukshetra War

アルジュナはKurukshetra WarでPandavaの勝利のための重要な戦士であった。 彼はカウラヴァ側の多くの強力で重要な戦士を殺した。

  • Bhishmaの陥落。 戦いの10日目、シカンディはアルジュナの戦車に同行し、彼らはビシュマに直面したが、シカンディに矢を放たなかった。 彼はアルジュナによって無数の矢に刺され、戦死した。 シカンディを前にして、ビシュマはその方向を見ようともせず、アルジュナはビシュマに矢を放ち、その全身を貫いたのである。
  • Bhagadattaの死。 戦争の12日目、アルジュナはプラグジョティシャの強力な王バガダッタを、彼の強大な象スプラティカと共に殺害した。
  • Jayadrathaの死。 アルジュナは、ジャヤドラタがチャクラビウハの入り口で他の4人のパンダヴァを妨げたことを知り、そのためにアビマンユが一人で入り、戦争の13日目に複数のカウラヴァの戦士によって不当に殺された。 アルジュナは、翌日の日没までに彼を殺すことを誓い、失敗すれば火の中に飛び込んで自殺することを約束した。 アルジュナは14日目にカウラヴァ軍に突き刺さり、7人のアウクショーヒニ(150万人)の軍勢を殺し、ついに戦いの14日目にジャヤドラタの首をはねたのである。
  • スシャルマの死:アルジュナは17日、カウラヴァの主要な味方であるトリガルタ王国のスシャルマ王を殺害。
  • カルナの死:アルジュナとカルナの待望の戦いは戦争17日目に行われました。 戦いは激しく続き、アルジュナはアンジャリカストラを使用してカルナを殺害した。

後生大事

アルジュナはアグニの助言により武器を水に投げ入れる

クルクシェトラ戦争後、ユディシュティラはアシュヴァメダを行なった。 アルジュナはその馬を追ってマニプラの地に行き、息子の一人であるバブルヴァハナに出会いました。 彼らは誰もお互いを知りませんでした。 Babhruvahanaはアルジュナに戦いを挑み、戦いの中で彼の父を殺してしまった。 戦場にやってきたチトランジャーは、アルジュナが自分の夫であり、バブルヴァハナの父であることを明かした。 アルジュナの第二夫人ウルピーは、ナガマニという天の宝石を使ってアルジュナを蘇らせました。

クリシュナが肉体を離れた後、アルジュナはクリシュナの妻16100人を含むドワラカの市民をインドラプラスタに送りました。 その途中、山賊の一団に襲われました。

カリ・ユガが始まると、ヴィヤーサの助言により、アルジュナらパンダヴァは王位をパリクシト(アルジュナの孫でアビマンユの子)に譲り、引退します。 すべての持ち物やしがらみを捨て、パンダヴァ一家は犬を連れて、ヒマラヤへの最後の巡礼の旅に出た。 マハーバーラタ』の聞き手は、パリクシットの息子でアルジュナの曾孫であるジャナメジャヤです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。