アレルギー

ステビアに対するアレルギー反応

2010年、欧州食品安全機関(EFSA)は、ステビア植物のアレルギー性の可能性について懸念すべき原因があるかどうかを判断するために文献を調査しました1。 その際、「ステビオール配糖体は反応性がなく、反応性化合物に代謝されないため、評価対象のステビオール配糖体を食品中に摂取した場合、それ自体がアレルギー反応を引き起こす可能性は低い」と結論付けました。 さらに、ステビアの葉は、多くの国で食品素材として使用されてきた長い歴史があり、健康な人およびアレルギー体質の人のいずれにおいてもアレルギー反応の報告はありません」1。専門家のグループが最近行った科学文献の総合検索では、ステビア抽出物または高純度ステビオール配糖体の摂取後のアレルギー反応に関するすべての入手データを確認しました2。これらの研究者は、いかなる形態でもステビアに対する過敏反応はまれで、報告されている少数のケースは2008年に市場に投入される前の高純度の製品で報告されていると判断しています。 2008年以降、文献上ではステビアに関連するアレルギーの報告はなく、研究者たちは、ステビオール配糖体がアレルギー性であるという主張を裏付ける実証済みの科学的証拠はなく、高純度ステビア抽出物に対するアレルギーについての消費者への警告文を裏付ける証拠もないと結論付けています。 遺伝子組み換え作物と非遺伝子組み換え作物の比較において、新規または新奇なアレルゲンが存在するという決定的な科学的証拠はありません。 しかし、ステビアの植物は遺伝子組み換えではなく、世界中の食品や飲料への使用が承認されている高純度のステビア葉抽出物は、非遺伝子組み換え甘味料成分であることを指摘する価値があります

全体として、データはステビア消費後のアレルギー性の可能性に関する懸念はないことを示しています。 ステビアの栽培方法の詳細については、ステビア栽培のセクションを参照してください。

  1. EFSA Panel on Food Additives and Nutrient Sources (ANS); Scientific Opinion on safety of steviol glycosides for the proposed uses as a food additive.S. (食品添加物および栄養源に関するEFSパネル). EFSAジャーナル 2010;8(4):1537. . で入手可能。 https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/1537.
  2. Urban, Jonathan D., Michael C. Carakostas, and Steve L. Taylor.(アーバン ジョナサン ディー, マイケル C. カラコスタス、スティーブ エル. テイラー)。 「ステビオール配糖体の安全性: 高純度ステビオール配糖体甘味料は食物アレルゲンか?”. Food and Chemical Toxicology 75 (2015): 71-78. で入手可能。 https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0278691514004785.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。