ガスを取り除く6つの方法

ガスを出す、おならをする、風を切るなど、どう呼んでも、ガスは恥ずかしく、苦痛で、迷惑なものです。

そして、自分だけがガスの問題を抱えているかもしれないと思う前に、これを知っておいてください。 ほとんどの人は、1日に約1~4パイントのガスを出し、1日に約14回、おならやゲップによってガスを排出します。 あるいは、必ずしもどちらにもならない膨満感によってガスを経験することもあります。

また、年齢とともにガスが出やすくなったと感じるかもしれませんが、真犯人は食事で、年齢とともに変化することもあります。

ガスは体内で2つの方法で発生します。 空気を飲み込むか、大腸で細菌が食物を発酵させるかです。 「腸で吸収されない物質は大腸に入り、そこでバクテリアの作用を受け、ガスを放出する」と、ダグラス・A・ドロスマン(MD)、消化器科医、生物心理社会ケア教育・実践センター社長は言います。

胃腸に問題のある人は、ガスに対する感受性も高くなります。 では、どのように治療すればよいのでしょうか。

市販薬

炭錠やシメチコン(ガスエックス)は、大きなガスの泡の表面積を壊して、軽い場合は効果があります。 803>

Bean-o は、大きな野菜(ブロッコリー、芽キャベツ、キャベツ、コラード・グリーン、ケール、カリフラワー)を分解するのに役立つ。

Lactaid タブレットは、乳製品を食べる前に服用すると、乳糖不耐症によるガスに効果がある。 (Lactaidはラクトースフリーの食品も作っています。)

果糖不耐症(ソーダ、アップルソース、フルーツジュースなど、テーブルシュガーやコーンシロップを使った食品に敏感)の方は、残念ですが、禁酒が唯一の解決策です。

Do Yoga

ガス抜きの自然な方法として、この「風を切るポーズ」、別名「Pavanamuktasanaポーズ」を試してみてください、とコネチカット州スタンフォードのHarmony Yogaのオーナー、Carol Shwidockは言います。 「これは上行結腸をターゲットにしているので、下行結腸にガスを押し出すことになります。 803>

– 仰向けに寝ます。

– 息を吸いながら、右膝を胸につけます。 両腕で膝を包み込むようにします。 息を吐きながら、あごを膝に向けて前に出します。

– 4回呼吸した後、腕と膝を離し、頭を地面に戻します。

食事を変える

避けるべき一般的な食品:食物繊維、セルロース(多くの低脂肪・繊維添加加工食品に見られる添加物)、小麦ふすま、アブラナ科野菜(ブロッコリーやカリフラワーなど)、豆などの食品で糖分のラフィノース、スタキオース、バーバスコースが含まれているもの、乳糖や果糖不耐性の方は乳製品や加工食品を。

現在では、オーストラリアの栄養士・管理栄養士のスー・シェパードが開発したFODMAPなど、ガスが多い人や食べ物に敏感な人に役立つ食事療法があります。 ガスが出る食品を出ない食品に置き換えて、どれが一番問題になっているか、消去法で試してみることができます。 基本的な代用品をいくつか紹介します。

– 牛乳をライスミルクに

– バナナ、ブルーベリー、メロンをりんご、桃、プラムに

– グルテンフリー、スペルトのシリアルやパンを小麦やライ麦製品に

– タケノコを。 白菜、にんじん、セロリ、とうもろこし、なす、いんげん、レタス、にら、パースニップ、かぼちゃ、トマト アーティチョーク、アスパラガス、芽キャベツ、ブロッコリー、キャベツ、オクラ、玉ねぎ、えんどう豆に対して。

– にんにくにはにんにく入りオイル

See a doctor

食後に、ガスを出すかどうかにかかわらず、定期的に多くの不快感、膨満感、けいれんを経験するなら、医師の診断を受けてみるのもよいでしょう。 細菌性過繁殖症候群、IBS、クローン病、セリアック病、摂食障害、または乳糖や果糖の不耐症の可能性があります。 注:「人によっては、特に女性は、ガスや消化不良として心筋梗塞を経験することがあります。 気になることがあれば、すぐに医療機関に連絡するか、救急医療を受けるようにしてください」とドロスマン医師は述べています。

げっぷを抑える

げっぷは、空気を飲み込んだ後に、胃のガスが上向きに放出されることで起こります。 音を抑えるには、炭酸飲料を避け、早食い、がぶ飲み、タバコ、ガムを噛まないことです。

ゲップが多いと感じたら、医者に診てもらいましょう。 潰瘍、胆嚢の病気、食道裂孔ヘルニア、下部食道括約筋の弱化、食道のびらんなどのサインである可能性があります。 緊張すると、飲み込みが多くなり、呼吸も速く浅くなりがちで、すべて空気の取り込みが多くなります。 そんなときは、四角い呼吸を試してみましょう。4秒かけて息を吸い、腹部、胸郭の順に膨らませます。 4秒間息を吸い、4秒間吐き、また4秒間息を止める。 これを繰り返す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。