グラスコープの養殖方法

Identity(アイデンティティ): En – Grass carp(=White amur), Fr – Carpe herbivore(=chinoise), Es – Carpa china
View SIDP Species fact sheet

生物的特徴

体は細長く筒状で腹部が丸く、後部で圧縮されている;標準体長は3.5mである.標準体長は体高の3.6-4.3倍、頭長の3.8-4.4倍、尾柄の長さは幅より大きい、頭は中くらい、末口と弓形、上顎は下顎より少し出て、その後部は目の下に届く、鼻の幅は1.8-2.5倍、鼻の幅は2.5-3.5倍。鰓耙は短くまばら(15-19)、咽頭歯は左右2列で側方に圧縮され、式は2.5-4.2、内側の列が強く、側面の溝は大きい、鱗は大きくサイクロイド、側線は39-46枚で、側線は尾柄部にまで伸長する。 肛門は肛門ひれに近い;背びれ線。 3,7本、胸鰭線。 背びれ線3,7本、胸びれ線1,16本、腹びれ線1,5本。 1,8、肛門鰭線。

プロフィール

歴史的背景

中国南部の長江・珠江流域でコイの養殖が始まった.長江・珠江流域では、コイの養殖が盛んである. 一般的な鯉に比べ、養殖が始まったのはかなり遅い。 史料によれば、草鯉の養殖は現在の総督の意思と密接な関係があった。
唐の時代、皇帝の姓が、当時唯一の養殖魚であったコイと同じ発音であったため、コイの養殖が始まった。 王室は鯉を民衆に売ったり殺したりすることを禁じた。 長江や珠江流域では、これらの魚の種が容易に入手できたからである。
草鯉の養殖は、種子の自然供給に依存するため、比較的小規模にとどまった。 しかし、誘導育種技術に成功したことにより、その養殖は大きく進展した。 この魚は40カ国以上に紹介され、ホワイトアムールと呼ばれることもある。
1950年に年間1万トン程度だった世界の養殖グラスコイの生産量は、1972年には年間10万トン以上に達し、1990年には100万トンを超え、1999年以降は年間300万トンを超えている。 主な生産国は中国(2002年3,419,593トン、世界の95.7%)です。

主な生産国

2006年には多くの国がFAOに養殖コイの生産量を報告しましたが、1千トン以上の生産量を報告している国はバングラデッシュ、中国、中国台湾省、イラン、ラオスとロシア連邦だけでした。

Ctenopharyngodon idellusの主な生産国(FAO Fishery Statistics, 2006)

生息地と生態

中国南部の珠江から北部の黒竜江の集水域に広く分布している中国固有の淡水魚であり、中国全土に分布している。 中国以外の約40カ国にも導入されており、ベトナムの紅河に生息しているなど、その地域での自然個体数の報告は限られています。
湖沼、河川、貯水池に生息する。 基本的に草食性の魚で、水生雑草を食べることが多い。 ただし、稚魚・幼魚は動物性プランクトンを捕食する。 養殖では、水草や陸生草のほか、穀物加工副産物、植物油抽出ミール、ペレット飼料などの人工飼料もよく食べる。 通常、水柱の中下層に棲息する。 比較的、澄んだ水を好み、素早く動くことができる。
半回遊魚であり、成熟した血統は主要河川の上流域に移動して繁殖する。 流水と水位変化は、自然産卵に不可欠な環境刺激である。 培養条件下では性成熟に達することができるが、自然産卵はできない。 水槽で産卵を促すには、ホルモンの注入と流水などの環境刺激が必要である。 グラ鯉は成長が早く、野生では最大35kgに達する。

生産

生産サイクル

Ctenopharyngodon idellusの生産サイクル

生産システム

現在、イサキの培養にはさまざまな生産システムが用いられているが、主には、外洋における準集中培養池や集中培養池、ペンやケージがある。
種子の供給
現在、イシガキダイの養殖は人工増殖が主体となっているが、中国の一部の河川では天然種子がまだ利用できる。 野生から採取した種子は、主に種苗の遺伝的品質を維持するために使用されている。 人工増殖に用いられる種苗は、通常、野生からの種子または良好な天然資源が維持されている飼育場から飼育される。
孵化生産
よく成長した繁殖体は、誘導ホルモン(通常LRH-A)を注射した後、産卵槽(直径6〜10m、水深2m程度の円形のセメント槽)に放流される。 産卵期間中も水の循環は維持される。
卵は、手動または重力によって、孵化用レースウェイまたは瓶に移される。 大規模な生産には、円形または楕円形のハッチングレースウェイを用いるのが一般的である。 レースウェイの幅は通常0.8m、深さは0.8~1.0mで、水の循環を促進するために、入口はレースウェイ底面に同一方向に、底面に対して15°前後の角度で開口して取り付けられている。 内壁には、運転中の水を排出するためのスクリーンが取り付けられています。 水は底面の排出口から完全に排出することができます。 孵化期間中は、卵や幼生を水柱に浮遊させるため、潮流を維持する。
インドでは、草鯉の種苗生産に乾式または湿式ストリッピング法が用いられている。 誘引には下垂体エキスやオバプリムなどの合成薬剤が用いられる(John Stephen Kumar, pers.)
養殖池
養殖には土製の池(通常0.1-0.2 ha、深さ1.5-2.0 m)が使用される。 池は完全に乾燥させた後、通常は生石灰で有害生物を除去する化学的浄化を行う。 通常、900-1 125kg/haを投与する。
有機肥料、動物性肥料、植物性廃棄物(「緑肥」)は、藻類と動物性プランクトンの自然なバイオマスを増やすために、水温に応じて畜産の5-10日前に散布されるのが一般的である。 使用する有機肥料の量は、通常、動物性堆肥で3000kg/ha、緑肥で4500kg/haである。 緑肥と畜糞を同時に使用することも可能だが、それぞれの量は適宜減らす。
単収は苗床の段階で行われ、飼育期間や対象サイズにもよるが、通常120~150万/haの飼養密度で行われる。 中国では苗床作業は通常2-3週間かかる。
有機肥料は池の肥沃度を維持し、魚に天然の餌生物(特に動物プランクトン)を十分に供給するのに十分な頻度と割合で実施される。 その量は、既存の水の肥沃度にもよるが、家畜の糞や緑肥の場合、4-5日に1回、1,500-3,000kg/haの範囲である。
また、豆乳は直接飼料としても、育苗期の有機肥料の代わりになる肥料としても使用できる。 通常、1日3〜5kg(乾燥大豆)/10万尾が目安です。 これは通常、生産コストが高いことを意味します。 大豆粕などの穀物加工副産物をペースト状にしたものを、飼養後5日目から、通常1.5〜2.5kg/10万尾の割合で施用する。
また、ウォーターピーナッツ、ウォーターレタス、ホテイアオイのペーストを、上記の飼料や肥料の代わりに、1日25〜40kg/10万尾の割合で使用することができる。 ウォーターピーナッツのペーストは、サポニンの毒性を消すために食塩を0.5%加える必要がある。 通常の育苗池での生存率は70〜80%であるが、良好な管理のもとでは90%以上に達することもある。
飼育期間は2~3週間で、通常体長30mm程度になる。 これは中国では夏指魚と呼ばれ、指魚の飼育段階に入ることができます。 夏期仔魚を稚魚池に移す前に、注意深く網をかけ、しばらく(数時間)高密度で飼育し、コンディションを整える必要があります。 この方法は、輸送前のストレスに対する魚の耐性を高めるためのものです。
フィンガーリングの飼育
夏期魚は育成池への直接放流には適さないので、まずフィンガーリング期(体長13~15cm以上)まで飼育する必要がある。 特にイシガキダイを主体にした場合、育苗の方法とはかなり異なる。

  • 比較的大きく(0.2~0.3 ha)、深い土の池が使われる。
  • 育苗期とは逆に、イシガキダイの生産には通常、多品種培養が採用される(この段階での単一培養は極めてまれ)。 草コイはクロソイを除く他のコイ科魚類との多品種混養が可能である。
  • 放流密度は、池の主要種である場合は12~15万/ha、二次種である場合は3万/haとする。
  • 給餌は稚魚の飼育期間中、極めて重要である。 草鯉は主に体長30-70mmのときにWolffia arrhizaを与える。 初期の給餌量は1日10〜15kg/10,000尾で、魚の要求に応じて徐々に増加させる。 魚の体長が70〜100mmになった時点で、餌をカモガヤ(Lemna minor)に変更する。 その後、柔らかい水生雑草や陸生草を与えることができる。 また、市販の飼料(大豆粕、菜種粕、小麦ふすま、米ぬかなど)を1日1.5〜2.5kg/10,000尾の割合で与える。
  • 中国では、上記のサイズと飼育密度で、通常4-6ヶ月の飼育期間を要します。 温暖な地域や飼育密度が低い場合には、この期間はかなり短縮される。
  • 稚魚の全生存率は95%以上である。

中国のほとんどの地域では、1年以内に稚魚サイズ(13-15cm)から市場に出せるサイズ(>1 500g)までのコイの培養は難しい。したがって、1年生から2年生の稚魚を育成して放養することが一般的である。 そのため、1歳魚から2歳魚までを育成用として飼養するのが一般的である。 給餌方法は似ていますが、給餌量はかなり多くなります。 熱帯・亜熱帯地域では、気温が高いため、1年以内に市場に出せるサイズになりますから、この方法は必要ありません。
ベトナムでは、成長期前の草鯉の飼育は2つの時期に分けられる。 まず稚魚を4~5cmに育て、土製の育苗池の飼養密度は200~250匹/m²とする。 飼育期間は通常1.5~2ヶ月です。 その後、さらに密度を下げて12〜15cmになるまで約2ヶ月間育てます。 餌は主に大豆粉、米ぬか、トウモロコシ粉、水生植物(Azolla sp.)で体長3cmに達した後に与える。
インドにおけるグラスコイの育苗は、動物プランクトンや単細胞藻類を十分に含んだ、集中的に施肥された池で行われている。 一般に、よく管理された育苗池では、稚魚の生存率は約70-80%である。 開発された天然飼料に加えて、粉末の落花生油粕と米の精白物やふすまによる補助給餌も行われている (John Stephen Kumar, pers. comm. 2004)。
栽培技術
グラスコイの栽培技術として最もよく採用されているのは、池でのポリカルチャーと湖や貯水池でのペンやケージでの栽培である。
中国における池での準集中~集中的な多面栽培
池やペンでの多面栽培では、イサキは主種として、あるいは他のコイ種とともに副種として飼われることがある。 水生雑草と陸生草が主な餌となる. 水生雑草や陸生草の代わりにペレットや植物油抽出副産物、穀物加工副産物などの市販飼料を与えて、池沼養殖の省力化を図る方法が普及しつつある。 草鯉の収量は通常1 000〜3 000kg/haで、全生産量の15〜40%を占める。
中国におけるケージでの集中養殖
ケージでの集中養殖システムでは、通常、イネ科コイが主要種として飼養されている。 ケージは通常約60m²、深さ2~2.5mで、250~500gの魚が生産目標に応じて10~20/m³で放流される。 さらに、80-125gのWuchang fish (bluntnose black bream, Megalobrama amblycephala) が30-50/m³、Silver and Bighead carpが「ケージクリーナー」として全体の1%で飼育される。
餌は水生雑草/陸生草とペレットや他の市販飼料で与えられる。 養殖期間は通常8-10ヶ月で、収量は通常30-50kg/m³である。 生産量に占めるグラスコイの割合は、通常60〜70%である。 市販の飼料を用いたイシガキダイのケージ養殖は、比較的高い生産コストがかかる。
ケージ養殖では池養殖ほど給餌効率が高くないため、陸生草や水生雑草が地元に豊富にある場合、それらを採取してケージ養殖に適用すると、輸送が制限されるため労働投入量が少なくなるのが一般的である。
諸外国の育成システム
ベトナムの草鯉の育成は、主に土耕池やケージで行われている。 他の魚種(ハクレン、コイ、ロウニン、ムリガーなど)との混養が一般的である。 イネ科コイは主要な種として、あるいは二次的な種として飼養されている。 通常、イシガキダイは1.の総飼育密度の60%を占めている。池では5-3匹/㎡(強度に依存)、フィンガーリングサイズは5-6cm(山間部)、12-15cm(低地)。
ケージ培養での飼育率は20-30匹/㎡だが、はるかに大きなフィンガーリングが使われる(通常は50-100g)。 草鯉の餌は通常、陸上草、キャッサバの葉、バナナの茎、トウモロコシの葉を与え、育成培養する。 池でのコイ生産は通常、総生産量(7~10トン/ha)の60%を占める。 販売サイズは池で1〜1.5kg、ケージで1.5〜2.5kgである。
インドでは、主にインドの主要なコイと中国のコイからなる池ベースの複合システムにおいて、草コイが重要な種として養殖されている。 このような場合、鯉の飼育密度は水生雑草や陸生草の有無に左右されるが、通常は全体の5~20%である。 水生雑草(Hydrilla, Vallisneria, Wolffia)と陸生草(Napier grassやその他のハイブリッド草)がイネ科コイ飼育の主要な餌である。 通常、草鯉は8-10ヶ月で0.5-1.5kgに達する(John Stephen Kumar, 私信, 2004)。 このようなシステムからの総生産量は8-10トン/ha/yrに達することができる。
餌の供給
イネ科コイは市販の餌や水生雑草や草などの天然餌で飼育することができる。 比較的低肥沃度を好む。 生産量は主に水質によって制限される。 イシガキダイの市販飼料は比較的低タンパク(28〜30%)で、原料は大豆粕・かす、菜種粕、小麦ふすま等である。 水生雑草は、自然の水域から採取することができる。 陸生草は、池の堤防で有機肥料を与えて栽培することができる。
収穫技術
イネ科コイの収穫は、選択的収穫と全体的収穫の両方が行われる。 選択的収穫は通常、夏の終わりから秋にかけての早朝に行われる(気温が比較的低いため、朝売りのため)。 網をかけた後、市場性のある大きさの個体が選別されます(1回の収穫で1回の網をかける)。 収穫は養殖期間の終わりに行われる。 通常、池の水を全部抜く前に数回の網掛けを行う。 すべての魚は年末に収穫され、販売用、または次の生産サイクルのための再供給用(市場に出せるサイズ以下の個体)として使用される。
取扱いと加工
コイは通常、生きたまま、または生で販売される。 少量の生産は調理済み食品店で加工される。この場合、最も一般的な加工方法は揚げ物である。
生産コスト
グラスコイの生産コストは、使用する養殖方法によって異なりますが、通常、生産量1kgあたり約0.5米ドルです。

病気と対策

養殖のイシガキダイは、どちらかというと様々な病気にかかりやすい。 主な病気と防除方法を下表に示す。

Bothriocephalus属

皮膚や鰓膜に付着している; 体表に白っぽい袋を形成し、死亡率が高い

呼吸困難;鰓を損傷;鰓膜に炎症と腐敗がある。 水面を激しく旋回し、消耗して死ぬ

病気 病原体 種類 病態 対策 出血性疾患 レオウイルス(GCRV) ウイルス 出血による赤身の筋肉。 赤いヒレ; 赤い口蓋と腸炎; 高い死亡率(感染魚の30-50%) 注射によるワクチン接種。 塩素化合物、生石灰、過マンガン酸カリウムによる魚種および培養環境の消毒;チャイニーズルバーブ(Rheum officinale);スイートガムの葉(Liquidambar taiwaniana); Cork tree bark (Phellodendron) and skullcap root (Scutellaria baicalensis)
Bacterial Septicemia Aeromonas sobria; Aeromonas hydrophila; Yersinia ruckerri; Vibrio sp. Bacteria Hypermia at different positions of body, such as jaws, mouth cavity, operculum, fin-base and whole body when serious; protruded eyeball; swewen anus; expand belly; erected scales; gill rotten and reduced feeding etc; 魚の死亡率が高い 生石灰と過マンガン酸カリウムで魚と養殖環境を消毒する;薬用飼料を通して「優泰III」(複数のハーブ成分の市販薬)
細菌性腸炎 Aeromonas punctata f.? intestinalis 細菌性腸炎 腹部の赤斑、腸炎、肛門が赤く腫れ、腹部が拡大し食欲不振 漂白粉や生石灰による培養環境の消毒、サルファグアニジン、フラゾリジン。 漢方薬(大蒜、Euphorbia humifusa、Aclypha australis、Polygonum hydropiper、Andrographis paniculata)
細菌性鰓腐病 Myxococcus piscicola 細菌性 鰓膜が回転すること; 口蓋内膜のうっ血、口蓋の小さな円形の透明部分と鰓膜に泥が付着 2-2.の水浴び魚。5%の塩水; 生石灰や塩素化合物による池の消毒; Galla chinensis, Sapium sebiferum, Chinese rhubarbなどの漢方; Furazolidone
紅皮症 Pseudomonas fluorescens Bacterium 外出血と炎症。 鱗を失う;鰭が鬱血し、鰭条が腐る 輸送や飼育の際の取り扱い注意;漂白粉による池の消毒;スルファチアゾール;Galla chinensis
Bothriocephalosis Bothriocephalus属 Bothriocephalosis属 Bothriocephalus属は、鰭条が腐敗した鰭条である。 サナダムシ 体力低下、摂餌量減少、開口、死亡率非常に高い 生石灰とジプテレックスで池を消毒、薬用飼料でカボチャ種子
ダクチルギリアシス ダクチルギルス属… ダンチルギリアシス
蠕虫 体が弱く、体色が暗く、動きが鈍く、摂食量が減り、呼吸困難 池に生石灰とジプテレックスを散布すること。
魚鱗癬 Ichthyophthirius multifiliis Protozoan extoparasite 生石灰で池の消毒を徹底する。 硝酸水銀(禁止);マラカイトブルー(効果薄)
シンエルガシラ症(雌) 甲虫 生石灰による池の消毒;ジプテレックスまたは硫酸第一鉄または硫酸銅の散布

病理専門業者

以下のところから援助を受けることができます。

  • Research Institute of Hydrobiology, CAS, Wuhan City, Hubei Province, China(中国、湖北省武漢市、水生生物学研究所)。
  • Shanghai Fisheries University, Shanghai, China.
  • Pearl River Fisheries Research Institute, CAFS, Guangzhou City, China.
  • Freshwater Fisheries Research Centre, CAFS, Wuxi, Jiangsu Province, China.
  • Zhejiang Provincial Freshwater Fisheries Research Institute, Huzhou City, Zhejiang Province, China.これらの研究所は中国水域生物学研究所である.
  • The Central Institute of Freshwater Aquaculture (ICAR), Kausalyaganga, Bhubaneswar, 751002, Orissa, India.

統計

生産統計

世界の養殖イシダイ生産は1950年にはわずか10 527トンであり、1950年には1万5千トンを超えましたが、1950年以降は減少しています。 2002年には3,572,825トンに達し、52年間で339倍以上に増加し、世界の淡水養殖生産量の15.6%を占めた。 1993年から2002年の10年間で、養殖イサキの生産量の年平均成長率は、世界で10.1%、中国で9.9%であった。 この10年間に世界のその他の地域で拡大したのは、比較的小さなベースラインからはるかに速いスピードでした(年率17.8パーセント)。
しかし、養殖イサキの生産は2001年から2002年にかけて、中国でも世界でも3.3%しか伸びなかったので、何らかの減速が起きているようである。 1993年から2002年の10年間、多くの国で生産量はかなり激しく変動した。 1993年に約13,000トンだったインドの生産量は、1999年に137,000トンを超えるピークを迎えたが、2002年には48,000トン以下にまで落ち込んでいる。 しかし、他の主要生産国の一つであるエジプトでは、10年間を通じて着実に生産量が増加した。
世界のイサキの養殖生産額は2002年に29億2000万米ドルで、1993年から2002年までの年間拡大率は7.5%/年であった。

市場と貿易

この種の主要生産国は中国で、伝統的にイサキは生食される。 生産量のほとんどは新鮮で、丸ごと、あるいは切り身で市場に出回る。 加工品はほとんど生産されていません。 現在、グラスコイは主に地元で消費されていますが、広東省(中国南部)で生産されたものは香港で販売されているものもあります。
中国の統計情報には、草鯉の輸出量に関する具体的なデータはない。 しかし、国家統計年鑑の水産物輸出入によると、2002年には中国本土から香港とマカオに41 798トンと4932トンの生きた魚(種は特定されていない)が輸出された。 このうち、草魚が大きな割合を占めているのだろう。
イシガキダイは中国をはじめ各国の中・低所得者層が手に入れやすい低価格商品である。 中国ではここ数年、草鯉の価格がやや低下している。 現在、小売価格は通常0.7~1.0米ドル/kgである。

現状と動向

イシガキダイの養殖は長い歴史があり、中国の内陸水域で養殖されている最も重要な種の一つである。 この種の研究には多大な努力が払われており、最も重要な成果は、誘導育種技術の開発に成功したことである。 これにより、大規模養殖のための種子を安定的に供給することができるようになった。
もう一つの重要な点は、栄養要求の研究と安価なペレット飼料の開発である。 また、本種は病気にかかりやすいため、培養条件下での病害防除の研究も多く行われてきた。 最もよく研究されているのは、ウィルスを病原体とする出血性疾患である。 この病気はウイルス性のもので、有効な予防法、特にワクチンが開発され応用されている。 また、池、ケージ、ペンの各養殖技術やモデルもよく開発されている。
現在、淡水養殖では、ハクレン、イシガキダイに次いで生産量が世界一である。 しかし、圧倒的に生産量の多い中国での拡大率はここ数年低下している。 新種の導入や人々の嗜好の変化により、現在、イシガキダイは人気がなくなってきている。
中国人は今でも魚を丸ごと食べることを好みますが、中国の小家族(主に3人)が1回の食事で食べるには、草鯉は少し大きすぎるようです。 草鯉の養殖は、海外、特に発展途上国での発展の可能性が高いと思われる。 成長が早く、体が大きく、筋肉間の骨が細かくなく、そして何より食性が良いので、これらの地域で養殖するには理想的な魚種である。 中国以外での養殖の急速な拡大は、この大きな可能性が実現されつつあることを示唆しているのかもしれない。 しかし、この魚が国際市場に出るには、適切な加工技術が必要である。
イシガキダイは成長が早いだけでなく、食事性タンパク質の要求量も少ない。 水生雑草、陸生草、穀物加工や植物油抽出の副産物を与えることで、低コストで生産することができる。 種子は誘導交配により大規模かつ低コストで生産することができる。 草鯉の養殖は作物栽培や畜産とうまく融合し、天然資源を最大限に活用できる。
その一方で、細かい筋間骨を持たない大型の魚であることも特徴である。 多くの国の消費者に受け入れられており、開発の可能性は十分にあると思われる。 養殖が発達している中国東部では、草鯉の市場は飽和状態に近い。

主要課題

池を利用したイシガキダイの多養殖は環境にあまり悪影響を及ぼさない。 草鯉-草栽培-豚飼育の統合は、エコロジー的に健全な生産モデルである。 しかし、浅い開放水域で市販の飼料を用いてケージ・ペンでイネ科コイを大規模に集中培養すると、さまざまな廃棄物が排出されて環境を汚染し、富栄養化のプロセスを加速させる可能性がある。 また、イシガキダイは病気にかかりやすい。 魚の健康管理が不十分だと、さまざまな化学薬品や薬剤を大量に使用することになり、魚の品質に影響を与え、同時に水質汚染も引き起こす可能性があります。 また、水質汚染も懸念される。手軽さと労働力の削減のため、農家は池やカゴでのコイ養殖にペレット飼料を使うことが多くなっている。

責任ある養殖方法

イネ科コイ養殖の責任ある養殖方法を考える上で、いくつかの問題に取り組む必要がある:

  • 第一は、他のコイ種よりも各種の病気にかかりやすいイネ科コイの集中養殖における病気対策での抗生物質やその他の薬剤の使用である。 高い飼育密度と、未利用飼料や魚の糞など様々な廃棄物による水質の悪化により、イネ科コイはしばしば細菌性、ウイルス性、寄生虫性の病気に感染している。 その治療には抗生物質などの化学物質が使用されることもある。 このような乱用は、直接的にも間接的にも消費者に悪影響を与える可能性がある。 これらの様々な病気の問題の発生を最小限に抑えるために、合理的な飼育密度、適切な給餌方法と(池の中の他の魚のための)質の高い飼料、そして適切な水管理を行うよう努力する必要があります。 化学薬品や薬剤を使用する場合は、関連する政府の規制を厳密に遵守する必要があります。
  • 第二は、イネ科コイの集約養殖が自然環境に与える影響である。 現在、使用されている飼料は通常安価で、FCRは高い(通常>2:1)。 そのため、魚が利用する餌の割合はかなり少ない。 利用されない部分と魚から排出される廃棄物は、環境に大きな影響を与え、富栄養化を促進する可能性がある。 内陸の水域、特に浅い湖でのケージやペンの養殖開発には、慎重な計画が非常に重要である。 水生雑草や陸生草などの天然飼料を利用することで、これらの悪影響を軽減することができる。 また、消化率の高い飼料を使用し、給餌方法を工夫することも有効である。 草コイを池で集中的に養殖する場合にも、同様の問題がある。 人工飼料の使用量が増えるにつれ、未利用の飼料やその他の廃棄物が池に蓄積され、その内容物は通常、養殖事業の終了時に自然の水域に完全に放出される。 環境への影響を最小限に抑えるため、適度な飼育密度と一貫した養殖、そして慎重な給餌管理が強く推奨されます。
  • 第三の問題は、養殖に使用される種子の遺伝的品質である。 この種の人工繁殖は中国で40年前から行われている。 繁殖管理は、かつてはすべての孵化場経営者が必ずしも重要視していたわけではない。 実際に過去にはかなりの数の農場で近親交配が起こっていた。 このため、養殖用に生産される種子の品質が低下していた。 その結果、生育成績が悪くなったり、病気への抵抗力が弱くなったりすることがあります。 後者の問題は、抗生物質やその他の薬剤の使用量の増加という別のジレンマももたらしかねません。 したがって、イシガキダイの誘導繁殖は、遺伝的品質の高いブリードストックを慎重に維持しながら行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。