コンタクトレンズは快適ですか?

ほとんどの人は、近視、遠視、乱視の人にクリアな視界を提供する従来のソフトレンズに慣れています。 特に角膜の乱れや乱視がある場合は、ガス透過性(GP)、硬質ガス透過性(RGP)、または強膜レンズが推奨されます。

ガス透過性レンズを装用して不快感を感じる人もおり、そうした患者には強膜レンズがはるかに良い代替品となります。

ガス透過性コンタクトレンズとは?

現代のハードコンタクトレンズは、しばしば眼鏡やソフトコンタクトレンズよりも鮮明な視界を提供します。 ガス透過性レンズは硬いプラスチックでできており、角膜に酸素を送ることで角膜を健康に保つため、「透過性」と呼ばれています。 GPレンズは、ソフトコンタクトレンズを着用できないと言われた乱視の方に最適です。

レンズが硬いため、目の上で形状を保持し、よりクリアで安定した視力矯正が可能です。 GPコンタクトの装着に慣れるまで少し時間がかかりますが、このレンズが提供するクリアな視界と耐久性は、その価値を高めてくれます。 ガスパーミヤブルレンズは、患者さん一人一人に合わせて作られ、製造に約1週間を要します。

強膜レンズとは何ですか?

カスタムデザインの強膜レンズは、敏感な目や角膜に異常がある患者の視力と快適さを劇的に改善するのに役立ちます。 強膜レンズは、角膜の上に乗っており、代わりに強膜の上に乗っています。 これにより、新しい光学面を作り出し、角膜への刺激を最小限に抑えることで不快感を防止します。 さらに、レンズの裏面と角膜の前面の間には生理食塩水が蓄えられているため、眼球は常に液体環境にあり、健康と快適性に最適な環境となっています。 このユニークな設計により、強膜レンズは快適でシャープな視界と健康的な眼を実現する理想的なレンズとなっています。

フィットしにくい目、円錐角膜、乱視のある方、他のコンタクトでは快適に矯正できない中程度の乱視のある方に強膜レンズをお勧めします。 また、1日中瞳を潤しながら快適なレンズを装用したい方にも最適です。

以下、GPレンズのメリットとデメリットをご紹介します。 この情報は、あなたがどちらを選ぶかに関して、より良い決断をするための助けとなります。

ガス透過性レンズを装用するメリットとデメリットは何ですか?

ガス透過性コンタクトレンズのメリット

ガス透過性コンタクトレンズには、通常のソフトコンタクトレンズとは異なる多くの利点があります。 また、「痒い所に手が届く」「痒い所に手が届く」「痒い所に手が届く」「痒い所に手が届く」「痒い所に手が届く」「痒い所に手が届く」「痒い所に手が届く」。

健康&衛生

このレンズは酸素透過性なので、より良い快適さと健康的な角膜を提供することができます。 そのため、このような状況下でも、安心してお使いいただけます。 そのため、柔軟なソフトレンズよりもシャープな視界が得られる傾向があり、非常に耐久性に優れています。ソフトコンタクトレンズとは異なり、簡単に破れることはありません。

ガス透過性レンズは、水を含まない素材でできているため、目から水分を吸収することはありません。 また、他のコンタクトレンズと比較して、涙液からのタンパク質や脂質の沈着が少ないため、より衛生的で健康的な選択肢となります。

しばらくすると快適さ

GPレンズはソフトコンタクトよりも直径が小さく、目の表面を覆う面積が少なくなっています。 このため、最初は慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、最終的には、多くの装用者が、時間の経過とともに、このレンズが快適になることを実感することでしょう。

視力の改善

硬い素材でできているため、GPレンズは表面が滑らかで、形状を維持し、目の動きと一緒に動いて位置を決めます。 そのため、シャープで安定した視界が得られます。 また、脱水しないので、従来のコンタクトレンズのような視力低下の心配もありません。

ガス透過性レンズのコスト

GPレンズは耐久性があり、長持ちするのが特徴です。 このような状況下、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」………………..。 ソフトレンズはすぐに快適になりますが、GPレンズは同じレベルの快適さに達するまで適応期間が必要だからです。

ガス透過性コンタクトレンズのデメリット

敏感であったり、角膜に異常があったり、さまざまな目の状態のために、ガス透過性コンタクトレンズが最適なソリューションではない場合もあり、強膜レンズが必要、または好まれることもあります。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。

目に負担がかかりにくい

GPレンズはソフトレンズよりもサイズが小さいため、ずれたり飛び出したりしやすいことがあります。

ゴミやホコリ

ガス透過性レンズは瞬きするたびに目の上で動くので、ゴミやホコリがレンズの下にたまるリスクが高くなります。 これは、不快感や角膜剥離の可能性につながる可能性があります。

ガスパーミヤブルレンズを試してみて、上記のいずれかを経験した場合、または一日中装用できるより快適な代替品を探している場合は、強膜レンズを検討する価値があります。

強膜レンズがどのようにあなたにとってより良い選択肢となるのか、ぜひ一度、私たちにご相談ください。 このような状況下で、私たちは、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」、「痒いところに手が届く」。 また、他のタイプのコンタクトがうまく機能しない場合、乱視用の強膜レンズもおすすめします。

私たちは、タルサエリア、ブロークン・アロー、オクラホマシティ、フォートスミス、AK、オクラホマ全域からの患者さんに強膜レンズを装着します。

強膜レンズ装着の利点は何でしょうか?

安定した視力

強膜レンズでは、常にクリアな視界を体験できます。 その大きな直径により、眼球の中心で安定した状態を保つことができます。

長持ちするレンズ

高品質で丈夫な素材から作られたこのガス透過性レンズは、通常、長期間にわたって使用することができます。

安全で使いやすい

大きなサイズと硬い素材により、強膜レンズの挿入や取り外しがはるかに簡単です。

ドライアイのための快適さ

強膜レンズが角膜の上に乗っている間、ポケットには保湿性の高い涙が溜まっています。 この湿った潤滑油のようなクッションが、快適な装用感と、より健康的な目を実現します。

広い視野

広い視域は、より広く、より正確な周辺視野を提供します。 また、まぶしさや光に対する感度も低下します。

費用対効果

シェラルレンズは、それぞれの眼にぴったりとフィットするように作られています。 強膜レンズの装用料やレンズのコストは標準的なレンズよりも高いですが、その寿命と利点から、コストに見合うだけの価値があります。

保険適用率や制限はプロバイダーによって異なりますが、医療上必要と見なされれば、ほとんどの保険会社は強膜レンズの費用を払い戻します。

強膜レンズはガス透過性レンズより優れていますか?

快適さ、視覚的な透明度、および安定性の点で、強膜レンズはガス透過性レンズより優れています。 角膜の凹凸や高度な過敏症の場合、強膜レンズが唯一の有効な選択肢になることがよくあります。 しかし、GPレンズよりもコストがかかります。

どのコンタクトレンズが最適かは、最終的には私たちとの会話で決定してください。 シンプルな近視の初回装用者から、複雑な乱視、遠近両用、角膜疾患の患者まで、さまざまなタイプの特殊コンタクトレンズのフィッティングの訓練を受けたモンテ・ハレル博士が、あなたの最良の選択肢について相談に応じます。

私たちは、オクラホマ地域のタルサ、ブロークンアロー、オクラホマシティ、フォートスミス全域からの患者が、強膜レンズで素晴らしいビジョンと快適さを享受するのを助けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。