チェロやサーフボードを機内に持ち込むと? アメリカン航空が手数料を値下げ

アメリカン航空は、自転車やサーフボードなどのスポーツ用品やチェロなどの楽器を預けるのに、乗客から150ドルを徴収しないことを発表しました。 これまで大型手荷物として扱われていたこれらの物品は、重量が50ポンド以下であれば、通常の受託手荷物料金の30ドルでカバーされます。

「アメリカン航空は、これまで特大サイズの機材に課せられていた特定の料金を撤廃し、ミュージシャンやアスリートが機材を持って旅行することを容易にしました」と、航空会社のスポークスマンであるロス・ファインスタインは声明で述べています。 この変更は、顧客と従業員のフィードバックに基づいています。

アメリカンは、スキューバタンクや角など、異なる取り扱い条件を持つ特定の特殊品に対して150ドルの手数料を引き続き請求します。 航空会社は、航空券の価格を低く抑えながら収入を得る方法として、依然として手数料に大きく依存しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。