ノーベル賞

ノーベル賞のロゴ

より良い未来への希望を抱かせる

2009年のノーベル平和賞を受賞したバラク・H・オバマ第44代アメリカ大統領は就任から8ヶ月足らずでその座を射止めた。 その理由として、ノーベル委員会はオバマ氏の「国際外交と民族間の協力を強化するための並々ならぬ努力」を賞賛した。 また、核兵器のない世界というビジョンに対する彼の言動による支援も強調された。

選挙前から、オバマは国家、民族、宗教、政治的な隔たりを超えた対話と協力を提唱していた。 大統領として、彼は共通の利益と相互理解・尊重に基づくイスラム世界と西洋の関係の新たなスタートを呼びかけた。

就任1年目のオバマ大統領は、人権と民主主義の強力なスポークスマンであり、気候危機と戦うために効果的な対策を講じるための作業を建設的に支援する姿勢を示した。 これは、彼の訴えに沿ったものである。 「今こそ私たち全員が、地球規模の課題に対する地球規模での対応に責任を持つべき時なのです」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。