パックマン(キャラクター)

このセクションは、ソースを引用していません。 信頼できるソースの引用を追加することで、このセクションを改善するのにお役立てください。 ソースのないものは、異議を唱えられ、削除されることがあります。 (2013年4月) (このテンプレートメッセージを削除する方法とタイミングを学ぶ)

パックマンはしばしば家族持ちとして描かれます。 彼はしばしばミス・パックマンと結婚し、1人または2人の子供の父親であることが確認されている。 また、多くの作品でペットの犬を飼っており、最も有名なのはアニメとパックランドで描かれたチョンプ・チョンプという名前の犬です。 パックマンの顔の形をした家の中に住んでいることが多く、目の代わりに窓、口の代わりにドアがついています。 アニメシリーズではこの家は白く塗られていましたが、ゲームでは黄色く塗られていることが多いです。 2013年の新作アニメ『Pac-Man and the Ghostly Adventures』では、パックマンは友人のシリンドリアやスパイラルと学校に通う高校生として描かれている。

ハンナバーベラのアニメシリーズでは、ミスパックマンに「ペッパー」とあだ名をつけ、ベビーパックマンは男の子(ゲームでは母親と同じリボンが付いた女の子)、またサーパスという猫をペットとして飼っていた。 アニメの第2シーズンでは、実はパックマンの甥であるグリーザーのパックマンJr.と、パックマン本人ではなく、大空の真ん中でジッパーを開けて登場する別キャラクターであるスーパーパックマンが登場しました。

パックマン自身は、冒険を楽しみながらも静かな家庭生活を好む、ハッピーでハッピーな性格で、しばしば食欲旺盛な人物である。 彼の最初のプラットフォームタイトルである「パックランド」では、彼が「休憩時間」と書かれた看板でレベル間の休憩を頻繁に取りながら、自宅に戻ることで3レベルのアークを終了し、夕食時に家族と一緒に座ったりベッドで寝ているカットシーンが描かれている。 パックマン2』は、パックマンが家族のために家事をするところから始まり、ゲームのさまざまな要素によって、彼は幸せ、悲しみ、怒り、愚かさ、そしてはかなさと、突然気分を変化させることになる。 そして、ゴーストウィッチの企みにより、噛んだバブルガムでできたモンスターが出現し、パックマンはヒロイズムに目覚め、ウィッチを探し出し、その企みを阻止するというクライマックスに至ります。 パックマンワールド3では、パックマンは少し皮肉っぽいものの、概ね幸せで、エルヴィンという名の悪の天才と、ゴーストが由来すると言われるスペクトラルレームを破壊する彼の計画から家族、そして最終的には彼の世界全体を守っているように描かれています

パックマンの仕事はゲームによって異なります。 ハンナバーベラのアニメシリーズでは、彼はパワーペレットの森の保護者だと言われています。この森には、メズマロンという悪役が潜入してパワーペレットを盗み、彼の悪巧みに使うエネルギーを得ようとしています。 ゲーム中では、仕事を持たない姿で描かれることが多いが、パックランド内では常にゴーストの脅威から身を守るヒーローとして認識されている。 Pac-Man World』では、弁当を片手に仕事から帰宅する姿が描かれているため、仕事を持っていることがわかるが、具体的にどのような仕事をしているかは明記されていない。 Pac-Man and the Ghostly Adventuresでは、パックマンは学生として描かれています。

パックマンには、長年にわたってさまざまな宿敵がいました。 ハンナバーベラシリーズの悪役であるミステリアスなメズマロンは、ゲームに登場する5人の主要な「ゴーストモンスター」(テレビシリーズではそう呼ばれていた)、インキー、ブリンキー、ピンキー、クライド、スーを子分として使い、パワーペレットの森からパワーペレットを盗もうと画策しました。 パックマン2』『パック・イン・タイム』では、2番目の宿敵「ゴーストウィッチ」が登場し、ゲームに登場する主要な5体のゴーストを子分として使っている。 1作目では、噛んだガムからモンスターを作り出し、パックマンの街を乗っ取ろうとした。 2作目では、パックマンをタイムワープさせ、自分から追い出そうとした。 パックマンワールド」の主な悪役は、発明の天才でもある普通の幽霊、オーソンだった。 オーソンは1作目では悪役だったが、3作目ではパックマンの脅威となるエルヴィンに対してパックマンを助けた。 スプーキーは、かつてパック・ア・ロットによって姿を消したゴーストで、ブリンキー、インキー、ピンキー、クライドによって(意図せずとはいえ)解放された。 Pac-Man and the Ghostly Adventuresでは、悪役はSpheros社長の死んだ兄、Betrayusです。

パックマンのゲームに登場するオリジナルの4人の幽霊との関係は、通常、友好的に敵対するものです。 ほぼすべてのゲームやアニメで、パックマンはゴーストを脅威というより厄介者と見ており、しばしばパワーペレットを手にして、彼らのいじめを瞬時に退治している。 一方、ゴーストは、粗野で野暮ったい、いじめっ子として描かれることが多いが、パックマンに勝とうとする試みは、結局は無能で役立たずである。 Ghostly Adventures』では、女の子の幽霊ピンキーがパックマンに恋をしている。 アニメでは、幽霊がパックマンを「ちょんぎった」場合、一時的に骨格が失われるとされていた。 しかし、子供には生々しすぎると判断されたため、後のシーズンでは代わりに、パックマンがチョンパされると一時的に弱体化するとしている。 Pac-Man 2』では、ゴーストは実際にパックマンを怖がらせるのが得意で、しばしば変な顔をし、パックマンはパワーペレットを持っていない限り無力であることが示されている。 Pac-Man World』では、パックマンがゴーストに触れると、ゴースト同士が殴り合うのと同じような状態になることが示されているだけです。 2011年のアニメのパイロット版では、パックマンはパワーペレットの助けを借りずに実際にゴーストを食べることができるが、そうするとゴーストはパックマンの口の中で味気ないベタベタになり、食べたくないと思ってしまうことが示唆されている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。