ピアノレッスン vs. キーボードレッスン。 うちの子は何から始めるべき?

お子さんが象牙を弾き始めることになった場合、何から始めればよいのか悩むかもしれません。 多くの場所でピアノとキーボードのレッスンが行われていますが、両者には共通点がある一方で、重要な違いもあります。

多くの保護者は、ピアノとキーボードのレッスンは基本的に同じで、片方の演奏方法を知れば、もう片方も演奏できると思っています。 真実は、あなたもあなたの子供も楽器のこれらのタイプの経験を持っていない場合は、それらの間の違いとピアノとキーボードのレッスンの長所と短所を理解したいと思うでしょうということです。 ここでは考慮すべきいくつかの異なる側面です。

スタイル – キーボード対ピアノ

キーボード対ピアノの音は、通常かなり異なっています。 このような場合、「痒いところに手が届く」ような感覚を味わうことができます。 クラシック、ジャズ、ブルースなどは、通常、アコースティックピアノで演奏するのが最適です(デジタルピアノでも、クラシックピアノの音をうまく再現しているものもあります)。 現代音楽の演奏に興味がある子どもたちは、その音が現在の音楽に適しているため、キーボードの方に傾くかもしれません。 これは、人がピアノやキーボードで現代音楽を再生することはできませんが、それはちょうど最も一般的にdone.7373>

プロセスへの献身

キーボードとピアノレッスンのどちらかを決定する際に別の考慮事項は、あなたの子供が細かい詳細を学習していると思う献身のレベルです。 キーボードは、キーが押されるたびに完璧な音を発するように作られています。 あなたの子供は、指の配置、リズム、速度ではなく、ペダルを押すための感覚を得るような特定のテクニックが含まれ、適切にキーを押して、ピアノを演奏するアコースティックinstrument.Learningの技術の感触を得ることに集中することになります。 ピアノを習うには、ペダルを踏む感覚や鍵盤を正しく押さえるなどの具体的なテクニックが必要です。保護者の方は、お子様が楽器を習うことにどれだけ興味を持っているか、複数のスキルを一度に習得することにどれだけ忍耐力があるかを考慮する必要があります。

携帯性

お子さまがいつ、どこで楽器を練習したり演奏したりしたいかを考えることも、重要な検討事項です。 お子さまが演奏される場所について考えてみましょう。 もし、さまざまな場所で現代音楽を演奏することに興味があるなら、キーボードを選んだほうがよいかもしれません。 彼らは通常、ピアノを持っている会場(教会など)で、より伝統的なピアノ曲を演奏する可能性がある場合、代わりに、ピアノレッスンはおそらく最良のoption.

キーフィール

時には少ないキーでキーボードで始まることは、子供のための簡単です。 キーボードの鍵盤の数は、ピアノの鍵盤の数よりはるかに少ないかもしれません。 キーボードの中には、25鍵というものもあります。 しかし、多くは49鍵、61鍵、76鍵、中にはピアノと同じ88鍵のものもあります。 お子さまは少ない鍵盤から始めるのが楽しいかもしれませんが、将来的に楽器にこだわるか、ピアノのレッスンに切り替えるか、その真剣度を見極める必要があります。 彼らは将来piano.7373>

練習時間

について考えるもう一つのことは、どこで、いつあなたの子供は、楽器を練習しますされている場合、あなたの子供は、加重キーと88キーボードで学ぶことを検討します。 マンションなど近場に住んでいる場合や、夜遅くまで練習する必要がある場合は、キーボードのレッスンがよいかもしれません。 多くのキーボードは、オーディオジャックを持っているので、あなたの子供は誰にも邪魔されずにヘッドフォンと練習のセットでプラグイン可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。