ファティマの手」とは?

Categories:Art & Culture

José Luis Vázquez Borau – published on 08/15/18334

お守りやお守りは広く知られていますが、意味を十分理解せずに縁起物やアクセサリーに使用する人が少なくないようです。

考古学的な調査により、聖書の地に住んでいた古代文化の間では、お守りの使用が一般的な習慣であったことが明らかになりました。 お守りとは、大雑把に言えば、魔除けや怪我から身を守り、幸運をもたらすために使われる魔法のようなもので、現代でも人気が絶えることはありません。 その中で、主にペンダントやブレスレットに使われているのが、「ジャムサの手」、別名「ファティマの手」です。 このタリスマンが古くから使われていたことが記録されています。 244年にシリアのドゥラ・エウロポスのシナゴーグのフレスコ画で早くもユダヤ教の図像に見られる「神の手」という既知のモチーフの喚起として、アフリカや中東の地中海文化に取り込まれた可能性がある。 その後、カルタゴの守護神タニト女神と結びついてカルタゴ人に採用され、ベルベル人やマグレブ人(ローマ・アフリカ人とも呼ばれる)にも受け継がれるようになった。 1651>

「ファティマの手」のシンボル

ジャムサは、中指を中心にした5本の指からなる手の形をしたシンボルである。 中指には人差し指と薬指がついていて、中指より少し短いですが、指の大きさは同じです。

このシンボルは、イスラム教に直接由来するものではありません。 コーランでは迷信は禁じられているが、イスラム教の五柱はしばしば “ファティマの手 “の五指で表現される。

このシンボルは、上向きに置かれるか下向きに置かれるかによって、実は信奉者にとって2つ以上の意味を持つことがあるのです。 本来の位置である上向きは、祝福を表し、「邪眼」からの保護としても使われる。 下向きにすると、「ファティマの目」-「トルコの目」とも呼ばれる-が含まれるため意味が変わり、通常青色で、幸運を引き寄せると言われています。

ファティマ・アズ・ザーラ(アラビア語で「光り輝く者」)は、イスラム教の創始者であるムハンマドの娘です。 彼女は604年7月27日にメッカで生まれました。 預言者のいとこである夫アリは、ファティマが夕食の準備をしている間に妾を家に連れてきたと言われている。 彼女は心の中で苦悩と痛みを経験し、自分の手を切って火傷をするような肉体的な痛みにも反応しなかったと言われている。 アリは自分の過ちに気づき、ファティマに献身的に尽くしたという。

「ファティマの手」の使用法

ユダヤ教、イスラーム、一部の中東キリスト教の信者は、「ジャムサ」と呼ばれる手の民俗的モチーフを守っているようだが、おそらく「神の手」の意味であると思われる。 昔はお守りや幸運のお札として使われていたかもしれませんが、今日では、ユダヤ教徒やイスラム教徒による一神教の信仰の表現として、神を思い出し、神の祝福と保護を受けたいという願望の表れとして使われるようになっています

大衆文化において、ジャムサはむしろ装飾のモチーフとなっています。 しかし、馬蹄やウサギの足に幸運をもたらすと信じる人々がいるように、フェティッシュで迷信的な価値を与える人々もいる。 しかし、それ以上に、一神教であるアブラハムの信者の間では、ジャムサはネオ・ペイガン的な意味を持つことはないのである。 彼らにとってジャムサは、神に見守られ、祝福され、保護されることへの願望の表れでしかないのだ。 一種の「イコン」として、これらの表現はすべて「神の手」を究極の基準としている。”ファティマの手 “のお守りとしての使用

悪や悪魔の力に対する保護の必要性を感じるなら、神はお守りよりもはるかに優れたものを備えていることが、エフェソ人への手紙 6: 11,14-17 にあるように、示されている。 「悪魔の策略に対抗して立ちうるために、神の武具をすべて身につけなさい。 だから,立って,真理の帯を腰に締め,義の胸当てを着けなさい。 足には靴を履き、平和の福音を宣べ伝えるために必要なものを履きなさい。 そして、信仰の盾を持ちなさい。この盾があれば、悪者の放つすべての火矢を消すことができます。 救いの兜と、神の言葉である御霊の剣を持ちなさい」

お守りを信頼することは、神の愛の摂理を信頼することをやめることである」

お守りを信頼することは、神の愛の摂理を信頼することをやめることである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。