ブレーキパッドの摩耗と偏摩耗の兆候

あなたのクルマのブレーキシステムは、あなたの安全を守るために非常に重要な役割を担っています。 そのため、ブレーキシステムを適切にメンテナンスし、正常に動作させることが特に重要です。 このシステムには多くの部品が使われていますが、その中でも最も重要な部品のひとつがブレーキパッドです。 ブレーキパッドはブレーキキャリパーの中に入ってローターを挟み込み、摩擦の源となって制動力を発揮します。

ブレーキパッドは車の部品としては消耗品の部類に入ります。 そのため、ブレーキパッドの残量に目を配ることが重要であり、自分自身と家族の安全を確保することができます。

ブレーキパッドの選択、運転スタイル、ブレーキローターの状態やブレーキキャリパーが想定通りに動作しているかなど、あらゆることが影響します。

ブレーキパッドが寿命に近づいている、または不均一に摩耗していることを示すいくつかの兆候に注意する必要があります。 また、ブレーキにぶつかるとキュッキュッと音がすることもあります。

これは通常、ブレーキパッドが終わりに近づいていることを示す兆候で、そのキュッキュという音が摩耗センサーがローターと接触していることを表しています。 また、ブレーキパッドが摩耗して金属製のバッキングプレートがローターに接触するようになると、金属製の擦れるような音がします。

これらの症状のいずれかを経験している場合、ブレーキパッドの状態を見てみるのが得策です。 ブレーキキャリパーの内側を見て、ブレーキパッドの状態を確認してみてください。 ベンディックスの新しいブレーキウェアインジケーターなら、パッドの端にある「REPLACE」と書かれた刻印を確認するだけでいいのです。 これでブレーキパッドの寿命が一目瞭然です。

ブレーキパッドの摩耗が不均一になる原因は何なのでしょうか? ローターの厚みのばらつきが、ディスクの平らな部分と接触することでブレーキパッドを噛み込み、パッドの摩耗が不均一になるのです。 DTVの影響度合いにもよりますが、ローターを加工して平坦な部分をなくすこともできます。

ローターは何度も加工できないので、その点は注意してください。 また、加工したばかりのローターには、ベンディックス ブレーキ/パーツクリーナー & ディグリーザーをかけて、機械ダストを取り除くことも重要です。 DTVの影響を受けないようにするには、そもそも対策を講じることが大切です。 新品のローターを装着する場合は、事前にきちんと準備することが大切です。

ブレーキキャリパーの動作の問題も、ブレーキパッドの偏摩耗の大きな原因となっています。 もし、ガイドピンの一方または両方が焼けていたら、それを抜き取り、Bendix Ceramic High Performance Synthetic Lubricantで再グリースしてください。 摩耗が進んでいる場合は、交換することをお勧めします。 このような状況下、当社では、お客様のニーズにお応えするため、様々なサービスを提供しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。