マタイ25章解説

1~13節。 10人のおとめのたとえは、大艱難時代のイスラエルの真の改宗者の教会に対する位置づけを説明しています。 この「おとめたち」(ギリシャ語のparthenos、1:23)は結婚式の参列者であり、複数の花嫁ではありません。 キリストの唯一の花嫁は教会であり、バプテスマのヨハネは花婿の友人であるベストマン(ヨハネ3:29)であり、準備された処女は大艱難の救い主です。

10の処女のたとえは、キリストが予想より長く遅れても、どんな場合でもキリストの帰還の準備ができていることの重要性を強調して与えられているのです。

すべての人が神の民として共有する一方で、教会は主人とのユニークな関係を与えられている。 ランプ」は準備された、または準備されていない彼らの人生を指しているようです。 油」は、光を放つために準備するものを指し、聖霊の再生を適切に示しているのかもしれない。

「花婿が留まっている間」彼らが皆眠ったという事実は、花嫁が集められる間、教会時代におけるユダヤ人の不活発な期間を暗示している。 花婿はイエスを象徴している。 花婿の到着は携挙である。 10人の処女は、教会の象徴である。 賢い者は彼を迎える準備ができていたが、愚かな者はそうでなかった。 油は聖霊の象徴です。 人は新生すると、聖霊を受けるので、ランプに油を入れるようになります。 これは、自分では何もできず、神の義と油注ぎに完全に依存し、神の言葉の真理と慰めと力に依存していることを理解している信仰者である。 多くの人はキリストを知っていると主張するが、従順ではなく、キリストのために自分の人生を生きてはいない。 彼らはこの世で肉に生きながら、キリストを知っていると主張するが、実際には彼らの知識は頭の知識だけで、心の知識はないのである。 その時、天の国は、灯りを取って花婿に会いに出て行く十人のおとめにたとえられる」

私たちは、主が貞節なおとめである教会のために戻って来られることを知っています。 これは彼らが他の神々を持っていないことを意味する。

私たちは、10という数字がこの世と関係があることを知っています。 10人全員がこの世にいたのである。 彼らは “灯りを取った “ので、光を持っていたようである。

Matthew 25:2 “そのうちの五人は賢く、五人は愚かであった”

賢い処女たち;自分の考えではなく;これは自然人や空虚な教授の場合である。 しかし、救われるために賢い者たちである。 救いの計画を知っているだけでなく、その必要性を感じ、そのためにキリストに申し込んでいる人たちです。 自分の魂をキリストに委ねる人たちです。

彼らは、義認のために彼の義を、赦しのために彼の血を、贖罪のために彼の犠牲を、日々の供給のために彼の充満を、あらゆる義務を果たすために彼の恵みと力を信頼し、彼において、また彼から永遠の命を期待するのである。 彼らは彼を知り、彼を尊び、彼を自分の救い主として評価し、彼を喜び、彼にすべての栄光を帰します。

そして、愚かな五人は、自分自身の考えではなく、十分に賢明であった。 また、他人の判断においても、自然な知識においても、世の中の事柄に関しても、福音に関する思索的な観念においても。

すべての改宗していない人は、生まれながらの特権に、善人からの肉的な子孫に、宗教教育に、自分自身の義に、あるいは神の完全な慈悲に希望を託していて、唯一の、確かな基盤としてのキリストにないように、愚か者であると言える。

彼らは自分自身を知らない者であり、彼らの心や性質の不純さ、霊的に良いものに対する無力さ、そして自分自身の義の不完全さと不十分さを知っているのである。 彼らはキリストとその救いを知らず、その価値も欠乏も知らず、敬虔の力と霊的経験に対して全く無縁である。

彼らはまた、自分の魂に神の霊が働かず、その費用と責任を考慮せずに行う職業に関しても愚かである。

Matthew 25:3 “They that foolish took their lamps, and no oil took with them:”

誠実なキリスト者は賢い処女であり、偽善者は愚かなものである。

クリスチャンとして、私たちはキリストを敬うためにキリストに付き添い、またキリストの到来を待っていることを公言します。

愚かな者たちは、自分の魂の問題においてそうである。 多くの人は、手に宣言の灯を持っているが、心の中には、現在の状態での奉仕や試練を乗り切るために必要な、健全な知識と落ち着いた決意を持っていない。

彼らの心には、神の新しい創造霊による、聖なる性質が蓄えられていないのである。 私たちの光は、善い行いで人々の前に輝かなければならないが、これは彼らによって行われそうもない。

マタイ25:4「しかし、賢い人たちはランプを持つ器に油を取りました」

「しかし、賢い人たちは油を取りました」。 彼らは神の霊に啓発され、神の真の恵みに関心を持った。 彼らは神の恵みが必要であることを知り、それがどこにあるのかを神から指示され、キリストのもとにそれを求めに行った。 そして、キリストからそれを受け取り、聖霊の力によって、キリストの上でそれを行使したのである。

彼らはこれを自分の器、油の器に納めていたが、これは彼らの心を意味する。 10人全員がキリストを信じる者であったことを忘れてはならない。 彼らが取った余分な油が、両者の分離を生んだようだ。 聖霊がその油です。

使徒言行録で、キリストの弟子たちは上の部屋に行って、高いところから力を授かるまでとどまるように指示されたことが分かっています。 この弟子たちは、聖霊のバプテスマを受ける前は、イエスのたとえ話が何を意味するのか理解することができなかった。 彼らはとても弱く、そのうちの一人はイエスを否定し、イエスが十字架につけられたとき、一人を除いて全員が逃げ出した。

彼らが光(イエス)とともに歩んだにもかかわらず、ペンテコステに力を受けるまで(聖霊の力を受けるとき)力がなかったことが容易にわかるだろう。 これが10人のおとめの秘密だったのだと思います。

この油の供給は、賢者を区別する内なる恵みを表しているが、特に「イエス・キリストの霊の供給」を意味するものであり、それは最初の新しい霊的生命の源であると同時に、その永続的性質の秘密である。 しかし、「賢い人」が花婿が現れるときに「準備ができて」いて、「花婿と一緒に結婚する」のに適しているのは、これを所有しているからなのです。「

種をまく人の譬えでも、石の地の聞き手は、「地の深さがなく」、「自分の中に根がない」(マタイ13:5、マルコ4:17)ので、飛び出して穂になることはあっても、熟すことはない。

マタイ25:5「新郎が留まっている間、彼らは皆まどろんで眠った」

「新郎が留まる」。 つまり、彼らが彼を待っている間である。 何時来るかわからない状態であった。

「皆、まどろみ、眠った」。 真夜中近くまで待っていた彼らは眠ってしまった。 この状況は、主イエスが来られるとき、すべてのクリスチャンが眠っている、あるいは冷たく無頓着であることを証明するために押されてはならないのである。 「多くの人がそうかもしれませんが、多くの人がイエスの到来を待ち望んでいるのです。

Matthew 25:6 “真夜中に、「見よ、花婿が来た、彼に会うために出て行け」と叫ぶ声があった。 それは眠っていた教会を示している。 10人全員が眠っていたのである。 これは、聖霊に満たされた教会、また今日の救いを購入した教会の真の描写であると、私は残念に思っています。

彼らはほとんど、人々が眠りにつくほど快適にしている(物事が起こっていることに気づかない)。 このような教会の眠りの最中に、主は「真夜中」に戻ってこられる。 今のほとんどの教会では真夜中である。 救い、癒し、真の解放、霊的死者のよみがえりはほとんどない。

教会は全体として、私たちが読むように(2テモテ3:5)、神性の形式を持っているが、力を否定している。 いくつかの例外はあるが、ほとんどない。 ある教会は何年もの間、イエスの再臨を説いてきた。 今、彼らはイエスが来ないことに絶望し、眠りについた。

彼らは、もしイエスが来ないなら、少なくとも教会で楽しい時を過ごすことができる、と言っている。

Matthew 25:7 “Then all those virgins arose and trimmed their lamps.” “Then all these virgins arose “とある。 正しい者も悪い者も一緒によみがえるのではなく、キリストにある死者が先によみがえるからである。 そして、この最初の復活は、キリストが来られるまではない。 これは携挙である

1 Thess. 4:13-17 “兄弟たち、私たちは、眠りについた人たちのことを知らないで、他の人たちのように希望を持たずに悲しむことを望んではいません。” “私たちは、イエスが死んでよみがえったことを信じます。” “ですから、神が、イエスのうちに眠りについた人たちを、イエスと一緒に連れてきてくださることを信じます。” “主自身の言葉によれば” “主の到来まで残された私たちは” “必ずや眠りについた者に 先立ちません” “主は大天使の声とラッパの音とともに天から降りてこられ、キリストにある死者が先によみがえるからである。” “その後、まだ生きていて残された私たちは、彼らと一緒に雲に乗って、空中で主に会うために捕えられます。

愚かなおとめたちは、夜中になると、ぐっすりと眠ってしまうが、やがて目覚めて、起き上がる。 彼らは元の場所と姿勢をやめ、立ち上がって、花婿を迎える用意をしたのである。

愚かなおとめたちも起きたが、これは良心の目覚め、生活の改革、義務や儀式へのより熱心な出席を意味しているのであろう。

マタイ25:8「そして愚かな者たちは賢い者たちに言った、「私たちの灯が消えたので、あなたたちの油をください」

。 この愚かなおとめたちのように、恵みのない人が、他の人の中に神の恵みを見て、それを確信し、それを認めることができるかもしれない。 彼らは、賢い処女たちが油、つまり恵みを持っていることを見たのです。 このことは、彼らのランプが明るく燃えていること、彼らとは異なる方法でランプを整える用意があること、真夜中の叫び声にもかかわらず、彼らの落ち着いた心構えと魂の確信によってわかったのである。 また、花婿に会いたいという熱烈な愛情によってである。

気品のない人も、気品の必要性を感じることがあるが、この愚かな処女たちにはそのような感覚がなかったのである。 彼らは最初に職業に就いたとき、宗教の課程で長い間、何も考えずに過ごしていた。 そして、彼らが今持っていた感覚は、心の器ではなく、自分のランプの中にだけ、その必要性を感じていたのである。 また、それは神の霊からではなく、真夜中の叫びの驚きと恐怖からであった。

もし彼らがこの苦悩のときに、賢い処女に助言を求めたならば、それは賢明なことであったろう。 あるいは、彼らに祈りを求め、あるいは、彼らに霊的な指示を与えることを望んだであろう。

神はすべての恵みの神であり、キリストを仲介者として、その完全なものが宿り、恵みと願いの霊である聖霊によって与えられるが、人間からも、天の天使からも決して得ることができないものである。

この愚かなおとめたちは、手遅れになって、自分たちの灯火が何の役にも立たないこと、消えてしまい、役に立たなくなったことを知った。 したがって、これは真の恵みの喪失の例ではなく、聖徒の忍耐に対して全く有利なものでもない。 彼らの光(イエス)は、彼らの生活から消えてしまったのである。

彼らはキリストの到来を見たとき、急いで主との良い関係に戻ろうとした。 彼らは、義人たちとの付き合い(会員)のために、花婿(イエス)に会いたかったのである。

マタイ25:9「しかし、賢い人々は答えて言った、『私たちとあなたがたのために十分でないことがないように、むしろ売っている人々のところに行って、自分のために買いなさい』」

「私たちとあなた方のために十分でないことがないように」であった。 彼らは皆、キリスト教の道を歩む仲間であり、互いに助け合うことができたかもしれない時期があったが、その時期はもう永遠に過ぎてしまったのである。 親しい親戚の魂を助けるためにさえも、惜しむべき恵みのかけらもない!

すべての人が受ける恵みは、自分自身の魂を救うのに十分であり、教会に遺すべき功績も、他人の勘定に入れることができる超代償の仕事もないのである。

詩篇49:7「何人も他人の命を贖うことはできず、彼のために身代金を神に与えることもできない」

「あなた方は行って……自分たちのために買いなさい」

救いは個人的なものである。 たとえ望んだとしても、私たちは自分の救いと聖霊を他の人と分かち合うことはできない。

マタイ25:10「彼らが買いに行っているうちに花婿が来て、用意のできた者は彼と一緒に婚礼に入ったが、戸は閉ざされた」

「彼らが買いに行っているうちに花婿が来て」である。 自分の心の善なるものがすべて空っぽであることを、救済を求めるには手遅れになるまで発見できないとは、なんと悲惨なことであろうか。 このように欺かれる者がいかに多いかは、神のみぞ知るところである。

「用意のできた者たち」。

「用意のできた者たち」:福音的な告白の灯が燃えているだけでなく、器には油があり、心には愛によって働く信仰があり、その生活は御霊のすべての実で飾られていた者たち。 死の床にある罪人は、神の目には価値のない代価で救いを約束する、欺瞞的な商人にしばしば出会う。 イエスの血による以外に救いはなく、彼の犠牲と死に基づく以外に、罪人のための希望はない。 希望は残っていない。 死以外の何ものもこの扉を閉じることはできない。 しかし、死は私たちの罪の中で私たちを驚かせるかもしれない、そしてその時、絶望が私たちの唯一の部分となるのである。

空にラッパが鳴るとき、主を待ち望み、それに従って生きてきた者たちは、主とともに入るのである。 呼びかけはただ一度だけです。 呼びかけをしなければ、扉は閉ざされる

何という悲しいことだろう。 多くの教会は救いを教えるが、その救いの中を毎日歩まなければならないことを人々に教えない。

マタイ25:11「その後、他のおとめたちも来て、主よ、主よ、私たちに開けてくださいと言った」

「その後、他のおとめたちも来て」。 彼らは賢者とは異なる、愚かな者であり、準備のない者であった。 彼らは、長い間一緒にいた賢いおとめたちの仲間から、今は離れていたのである。

この人たちは油を買いに来た。 彼らは油のないまま行ったのと同じように来たのである。 彼らは花嫁の間の戸口まで来て、中に入れてもらうことを望み、結婚の祝宴に参加して、祝宴に参加することを望んだ。 しかし、残念なことに、彼らは来るのが遅すぎた。花婿が来てから、準備のできた者が入ってから、扉が閉まった後に来たのである。

それから彼らは叫んで言った、「主よ、主よ、私たちに開いてください」。 彼らは、彼に従順であるべきものを従わせることなく、その裸の称号を彼に与えたのである。

彼らの願いは、彼が扉を「開けて」、自分たちを入れてくれることであった。 彼らは、扉が閉まっていて、キリスト以外には開けられないことを感じていた。 しかし、彼らは自分たちの状況が絶望的であるとすぐには結論づけず、自分たちの懇願と自分たちの言い分によって、扉が開かれるかもしれないと希望していたのである。

しかし、他の場所と同様に、これらのようなことが愚かな処女によってなされるであろう。 すなわち、キリストの名によって預言し、キリストの名によって悪魔を追い出し、キリストの名によって多くのすばらしい業を行い、キリストの言葉が説かれるのを聞き、キリストの前で食べたり飲んだりしたが、すべて無駄で、何の目的もなかった。

マタイ25:12「しかし彼は答え、言った。 あなたは、結婚の祝宴に参列した人々の中にいなかったので、私の知るところではない。 これらの処女たちは、宗教を公言しているだけで、本当の信心深さはなかった。 これは、「私はあなた方をキリスト者として知らないし、認めない」と言っているのです。

「知っている」という言葉は、しばしば本当の友人や信者として承認し、愛し、認めるという意味で使われる(マタイ7:23、詩篇1:6、2テモテ2:19、1テサロニケ5:12を参照)。

これは、数回前のレッスンで読んだ、彼らがイエスの前に立って、主よ、主よ、私は悪霊を追い出し、病人を癒したではありませんか、と言った時の叫びと同じである。

このように、主イエスとの愛の関係を持たずに、宗教の形式を持つことは非常に危険です。 主は私たちの救い主でありたいだけでなく、私たちが主であるなら、主でありたいと願っておられます。 水増しされた宗教ではなく、主との真の愛の関係です。 主は私たちのすべてでなければなりません。

Matthew 25:13 “Watch therefore, for you know the day or the time where the Son of Manes comeeth.”

“Watch therefore”:

「それ故に見よ」:私たちの救いの仕事に専念すること、または自分自身を使うこと。 残念なことに、クリスチャンと呼ばれる人々の中で、見張りをしている人、まどろんでいる人、眠っている人は、どれほど少ないことでしょう。 無関心でいる人がどれほどいるだろうか。

救い主の「来臨」は確実である。 いつ」来られるかは定かではありません。 処女たちがみな見張り、準備していたように、私たちもそうでなければなりません。 クリスチャンである者は常に気を配り、そうでない者も時間を惜しんで準備すべきである。 クリスチャンはその兆候を認識し、主の再臨が近いことを知ることができるが、誰も正確な日や時間を知らない。

先に進む前に、もう一つ、これらすべてを簡単に見てみましょう。 この10人の処女はすべて、この世でクリスチャンであると宣言している人々の象徴である。 何が悪いのでしょうか。 主(イエス)は、汚れのない、しわのない教会のために戻ってこられるのです。

今日の教会には不遜な態度があり、もしイエスが訪問されるなら、最初にされることは、家をきれいにすることでしょう。 以前、両替商と鳩売りが神殿を汚していたので、そうされました。 イエスはその時、教会とは「祈りの家」であると説明された。 まず第一に、御霊を買うことはできません。

神の聖なるものは、神から注がれるものであり、誰もあなたに神のことを教えることはできない。 ある牧師が祈り、手を置いて、あなたは神から、聖霊を受けることができる。 もし、他の人が神から受けたものをあなたが繰り返さなければならないなら、それはその人の神からの賜物であって、あなたのものではありません。 もしあなたが本当に聖霊を望むなら、神(God)はあなたにそれを与えてくださいます。

ペンテコステの日、一人一人が満たされた。

使徒2:1-3 “ペンテコステの日が完全に来たとき、彼らはみな一か所に一致していた。” “すると突然、天から激しい風のような音がして、彼らが座っていた家じゅうを満たした。” “そして火のような舌が現れて、彼らの上に座った。”

その日、さまざまな言葉が話されていたことが、(使徒2:6に)書かれている。 「このことが広く知られると、群衆は集まってきて、みな自分の言葉で話すのを聞いたので、当惑した」

ご存知のように、神は世界のあらゆる言語を知っておられます。 神のことは教える必要はない(受け取るだけでよい)。 この課を閉じる前に、もう一つ言っておく。 毎日、自分自身で聖書を検索してください。 祈って、聖霊に教えてもらいましょう。 聖書を信じる」良い聖書研究会に入り、聖書の研究を日常生活の一部としなさい。

神は熱心に求める者には容易に見出されるのである。 イエス様が私たちを呼ぶために空に現れるまで、毎日、神様に聖霊のバプテスマを受け、光の中を歩むようにお願いしましょう。

マタイ伝第25章質問

1. このたとえで、天の国は何にたとえられていますか。

2 ここで「おとめ」は何を示していますか。

3 「十人」いたのは何を示していますか。

4 「灯」は何を示していますか。

5. 花婿はだれですか。

6. 主はどんな教会のために来られますか。

7. 賢い人は何人ですか。

8. なぜ他の人は愚かだと分類されますか。

9. 油」は何を象徴しているのでしょうか。

10. なぜ弟子たちは聖霊のバプテスマを受けるまで上の部屋で待っていなければならなかったのでしょうか?

11. 彼らは聖霊を受ける前に、どんな弱点がありましたか。 花婿が待っている間、この処女たちは何をしたのか。

13. 何時に来られたのでしょうか。

14. なぜ、これは教会をあまり高く評価しないのでしょうか。

15. 2テモテ3:5のどの記述が今日のほとんどの教会を表していますか。

16. 今日、教会は霊を建てる代わりに何をしているのですか。 花婿が来たと知って、おとめたちは何をしたのか

18. 愚者は賢者に何を求めたか?

19. 賢者は彼らに何をするように言ったか。

20. 救いを説明しなさい。

21. 五人の愚か者が買いに行ったとき、誰が来たか。

22. 誰が彼と一緒に行ったか。

23. 次に何が起こったか?

24. 私たちが毎日救いの中を歩むことができる唯一の方法は何ですか。 五人の愚かな処女はイエスに何を叫んだのか?

26. 他に誰がこのように叫ぶのを聞いたか。

27. イエス様の来臨について、信者はどのような二つのことを知らないのでしょうか。 もしイエスが今日、私たちの教会を直接訪問されたら、そのほとんどをどうされるだろうか。

29. ペンテコステの日、彼らはどのように満たされたのか

30. 火の舌は誰の上に座ったのか。

31. このようなさまざまな国のすべての人は、どのようにそれを聞いたのか。

32. 準備のために実践すべき四つのことは何か。

前の章へ|次の章へ

マタイメニューへ|ホームページに戻る|トップに戻る

他の聖書の本

メールで問い合わせる。 [email protected]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。