リースの種類

不動産試験を突破する準備はできていますか?

試験で出てくるリースの種類はいくつかあります。 見てみましょう。
1. グロスリース
グロスリースとは、不動産の諸費用の変動によって変化しない固定額を借主が支払うという、不動産の使用に関する賃貸契約です。 所有権によって発生するすべての修繕費、税金、運営費
などの経費は、貸主が負担する。 ネットリース
2.ネットリース
ネットリースは、毎月のリース料以外に税金、保険料、メンテナンス料を支払う責任が賃借人に発生するもので、これらの費用が賃借人に発生するネットリースとは正反対である。 これはしばしばトリプル・ネット・リースと呼ばれる。 リース・オプション
リース・オプションとは、借主がリース期間中または終了時に物件を購入するオプションを示す賃貸契約である。 物件の所有者はオプショナー、賃借人はオプシーとなる。
オプシーのオプションを確保するために、オプショナーに配慮がなされる。 対価は、家賃だけでなく、超過分からなる毎月の支払いであったり、すでに設定された金額の頭金に充当できる前払い金であったりする。
被選択者がオプションを行使した場合、所有権はオプション行使時ではなく、契約開始時に戻る。 パーセントリース
パーセンテージリースは、敷地内で行われた月間または年間の総売上高の割合に基づいている賃貸料である。 パーセンテージ・リースは、大型小売店、特にショッピングセンターで一般的である。 歩合制リースの基本的なコンセプトは、貸主と借主の双方が、賃貸施設の立地上の利点を共有することである。 パーセンテージ・リースには、最低賃料のない総収入に対するストレート・パーセンテージ(一般的ではない)、固定最低賃料+総収入に対するパーセンテージ、固定最低賃料+総収入に対するパーセンテージのいずれか大きい方、固定最低賃料+総収入に対するパーセンテージで、パーセンテージ賃料に上限があるもの(その他)等、様々なタイプがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。