世界最大のサメ・トップ10

#サメ週間-海洋世界最大の頂点捕食者を知ろう!

10. タイガーシャーク
タイガーシャークは10~14フィートの大きさになることが多く、例外的に15フィートに近い個体もいる。 これまで記録された最大のイタチザメは、少なくとも17フィート、おそらく18フィートであった。 さらに大きなイタチザメがいると言う人もいる。

9. メガマウスザメ
2015年現在、メガマウスザメはこれまでに約60匹しか捕獲されたり目撃されたりしていない。 このうち、遭遇した成体のほとんどは13~16フィートの大きさだが、この穏やかなフィルターフィーダーは少なくとも17~18フィートまで成長すると科学者は考えている。 ゴブリンシャーク
謎のゴブリンシャークは通常10~13フィートの大きさだが、2000年に巨大な雌が捕獲された。 2000年に捕獲されたメスの体長は少なくとも18フィートで、ゴブリンシャークがそれまで考えられていたよりはるかに大きくなることが証明された。 オナガザメ
すべては尾にある! オナガザメは誰が見ても大きなサメだが、体長の半分を占める長い尾びれを考慮すると、海の中で最も長いサメのひとつである。 このサメの体長は通常16フィートに達し、最大のものは19フィートと確認されている。 グレート・ハンマーヘッド
ハンマーヘッドシャークには多くの種類(合計8種)があるが、グレート・ハンマーヘッドは1種のみである。 この巨大なサメは通常、体長10~13フィートだが、もっと大きくなったものもいる。 記録上最大のグレート・ハンマーヘッドは、なんと体長20フィート(約1.5メートル)である。 グリーンランドシャーク
グリーンランドシャークがホホジロザメより大きいかどうかは議論の余地があるが、今のところ20~21フィート以上の長さは、正確な科学的測定ではなく、観察だけに基づくものである。

4. パシフィック・スリーパー・シャーク
パシフィック・スリーパー・シャークはグリーンランド・シャークより大きく、ホホジロザメより大きい可能性もある。 しかし、今のところ、これは推測である。20~21フィート以上の長さは、観察のみに基づくものである。

3. ホオジロザメ
推測といえば、ホオジロザメほど大げさな話の対象になっているサメもいない。 記録を整理すると、正確に測定された最大のものは1988年にプリンスエドワード島沖で捕獲されたものである。 体長は20フィートだった。 しかし、科学者の中には、1945年にキューバ沖で捕獲されたホホジロザメの21フィートという計測値を受け入れる者もいる。 2009>

2. ウバザメ
3位を争うかもしれないが、ウバザメが現存する2番目に大きなサメであることに疑いの余地はないだろう。 平均体長は22~29フィートで、日常的に見るウバザメでも実に巨大である。 記録的な大きさのものは、全長40フィートにもなる。 しかし、慌てる必要はない。この穏やかな巨人はプランクトンを食べるのだ。 ジンベエザメ
ジンベエザメは現存する最大のサメであるだけでなく、現存する魚類の中で最も大きな魚である。 典型的なジンベイザメの体長は18~32.5フィートである。 1947年にパキスタン沖で捕獲された記録的な大きさで、体長は41.5フィート。 重さは28トンで、これは大きな雄の象の約4倍もある!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。