作物の養分と土壌改良の源としての堆肥

商業肥料と比較して堆肥はどのような価値があるか?

動物の糞尿は、牧草地、農地、干し草の生産に肥料源として利用できる農業商品と見なされています。 堆肥は、植物の栄養素である窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)の優れた供給源であると認識されています。 さらに、堆肥は有機物やカルシウム、マグネシウム、硫黄などの他の栄養素を土壌に戻し、土壌の肥沃度と質を高めます。

堆肥の財務的評価は、堆肥が置き換えるN、P、K、その他の植物栄養素の市場価値、土壌改良剤としての有機物、堆肥を受け取る作物と農場の栄養ニーズによって左右されると思われます。

堆肥の栄養分は、動物の種類と飼料、敷料の種類と量、堆肥の水分量、貯蔵方法によって変化します。 詳細については、クレムソン大学の出版物「Livestock Manure Production Rates and Nutrient Content」を参照してください。

買い手と売り手は、ラボ分析で糞尿の水分と栄養分の濃度を判断してもらうとよいでしょう。 一般的に、液体堆肥は希釈効果により、固体堆肥よりも低い栄養分含有量になります。 すべての栄養素が作物に必要とされると仮定すると、糞尿の栄養分含有量が多ければ、糞尿の価値も高くなります。 高い値は、輸送および取り扱いコストを相殺するのに役立ちます。

CC2.5 LPELC

Manure Composition

肥料中の窒素

肥料中の窒素は有機および無機形態に見られます。 有機物(徐放性)はゆっくりと無機化して植物に利用可能な窒素を提供し、無機物(速放性)は主にNH4-Nで構成され、すぐに植物に利用可能である。 しかし、無機態は、保管中や圃場での施用中にアンモニアが揮発し、損失する可能性がある。 堆肥を速やかに土壌に投入することで、こうした窒素の損失を抑えることができる。 有機肥料は放出が遅く、無機肥料は失われる可能性があるため、施用した年にすべての窒素が作物に利用されるわけではありません。 植物に利用されると予想される窒素は、肥料としての価値がある。 環境中に失われる窒素や、必要な年やそれ以降の年に作物に利用できない窒素には価値がない。 ガイド「動物堆肥中の肥料栄養素」には、さまざまな堆肥源から1年目およびそれ以降の年に利用可能になると予想されるNの量に関する情報が記載されている:

Phosphorus and Potassium in Manure

Phosphorus and Potassium in Manureはほとんどが無機物として存在している。 つまり、PとKは植物が容易に取り込むことができるという点で、市販の肥料と同様です。 ほとんどの栄養管理計画は、P-Index または P-threshold に基づいており、圃場によっては堆肥の施用が制限される場合があります。 したがって、これらの栄養素の価値は、土壌検査と収量目標によって決定される作物の栄養素の必要性に基づいています。

Micronutrients in Manure

Calcium (Ca), Magnesium (Mg) and sulfur (S) など他の栄養素がふん尿に含まれることがありますが、不足すると土壌に有益な働きをします。

Organic Matter

有機物(主に未消化の飼料と糞便中のバクテリア)は、土壌に加えると、水の浸透を高め、保水力を増し、栄養分の保持力を高め、風食と水食を抑え、有益生物の成長を促進させます。 有機物の価値を定量化するのは難しいが、より質の高い土壌は収量の増加と高い経済的リターンにつながる。

Manure As a Plant Fertilizer

糞尿はバランスのとれた肥料ではないため、一部の植物の栄養ニーズが満たされる一方で他の栄養素が供給不足または過剰になる可能性がある。 堆肥の施用で供給が不足する栄養素は、その後の施肥コストが発生し、事実上、堆肥の純価値が低下する可能性があります。 堆肥によって過剰に供給された栄養素は、作物が必要としないため、即時的な価値はない。

その他のリンク

  • オクラホマ土壌試験解釈および肥料決定支援プログラム(動物の糞尿価値計算機を含む)
  • Oklahoma Poultry Litter Value Calculator
  • Alabama Nutrient Contents of Fertilizer Materials
  • Manure Value Calculator spreadsheet by University of Minnesota

Authors: Josh B. Payne, Oklahoma State University and John Lawrence, Iowa State University

レビュアー:Josh B. Payne, Oklahoma State University and John Lawrence, Iowa State University

Reviewers: Ray Massey(ミズーリ大学)、Kelsi Bracmort(NRCS

)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。