偏頭痛の高気圧酸素療法。

偏頭痛に悩まされることはイライラすることであり、それを管理することは悲惨なことですが、明確な計画や利用できそうな治療法がないこともよくあります。 このような場合、「痒いところに手が届く」ような感覚を味わうことができます。

片頭痛は、頭部の激しい痛み、目のかすみ、めまいのほか、悪寒、光や音の過敏性、首の痛み、吐き気、集中困難、しびれなどを引き起こすことがあります。

非営利の偏頭痛研究財団が報告したように、米国では約3800万人が偏頭痛に苦しんでいますが、万能の治療法はありません。 他の多くの健康状態と同様に、一人ひとり状況が異なります。 そのため、偏頭痛を完全に避けるためには、まず、何がその人の偏頭痛の引き金になっているかを明らかにすることが重要です。 たとえば、特定の食品が原因となっている可能性があるため、ケトジェニック・ダイエットなどの食生活を見直すことで、症状が改善される場合があります。 片頭痛の治療法としてはまだ FDA に承認されていませんが、HBOT の新しい血管を開いて血液供給を増やし、炎症を抑える作用により、この痛みを伴う一般的な神経疾患に頻繁に悩まされている多くの男女を助けることができるかもしれません。

非営利のNational Headache Foundationによると、1939年に頭痛および片頭痛の治療法として初めて報告されたHBOTは、患者に、圧力を高めた純酸素を提供します。 その結果、血漿によって運ばれる酸素の量が劇的に増加し、脳を含む体のさまざまな部位に、より多くの酸素が行き渡るようになります。 訓練された専門家が監督する管理された環境で行えば、この追加酸素によって脳組織の血流を回復させ、腫れを抑え、血管のけいれんを減少させることができます。

  • 血流の増加
  • 新しい血管の生成
  • 脳の炎症の減少

医療専門家は、高気圧酸素療法と片頭痛に関する研究を続けており、最近の研究では、この自然治療が実際、有望な結果につながる可能性があることが示唆されています。

たとえば、医療専門家、研究者、および患者から成る独立組織であるコクランによると、HBOT は「非選択集団における急性片頭痛の終了に有効」であることを示す証拠があるとのことです。「

HBOTの既知の作用機序と片頭痛改善への有用性の初期兆候により、Hyperbaric Medical Solutionsなどの高圧酸素供給会社は、このテーマをさらに探求するために、さらなる研究の実施に専念しています。 片頭痛の治療法としての高気圧酸素療法について詳しく知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。