健康に役立ち、ウエストラインを拡大させない深夜のおやつ

あなたはこの一連の出来事をどれぐらい経験しますか?

午後11時、あなたは4時間前に夕食を食べ、超忙しい1日を過ごし、今は寝る前に体重増加につながらない栄養のあるおやつを求めてキッチンをさぐっているところです。

夜食を探している女性 (Courtesy of Getty images)

さて、最近の研究によると、あなたができる最善の選択の1つは、コテージチーズなどのタンパク質が豊富な軽食だそうです。

彼らの発見は、先週末、British Journal of Nutritionに掲載されました

研究参加者は、20代前半の活発で健康な女性で、就寝の30~60分前にコテージチーズのサンプルを摂取しています。 研究者たちの目的は、この食品が彼らの代謝(安静時エネルギー消費量、安静時エネルギー要求量、食欲)、および機能的な筋肉の回復に影響を与えるかどうかを判断することでした。

しかし、この研究がユニークなのは、タンパク質シェイクやサプリメントの代わりに、参加者がホールフードを食べたことです。

「これまで、ホールフードはサプリメントのタンパク質に関するデータと同様の働きをするだろうと推測していましたが、実際の証拠はありませんでした」と、プレスリリースでオームズビー氏は述べました。 「また、睡眠前の栄養補給に、粉末やシェイカーボトルを超える選択肢を与えてくれます」

現在空軍の研究栄養士であるSamantha Leyh氏は、この小さな研究の結果が、タンパク質源としてホールフードを消費した場合の特定の代謝反応に関する将来の研究の基礎を形成する助けとなると説明しています。

「タンパク質サプリメントには絶対にその場所がありますが、食品のデータをプールし始め、こうした状況で果たすことができる役割を理解することが重要です」と、プレスリリースでLeyhは述べています。 「野菜や果物のような全食品で摂取した場合のビタミンやミネラルの添加効果や相乗効果のように、おそらく全食品がそれに続くかもしれません。 我々はカッテージチーズを利用しただけなので、すべてのホールフードを一般化することはできませんが、この研究はうまくいけば、将来の研究への扉を開くことになるでしょう」

カッテージチーズは高タンパクで低炭水化物なので、夜食に理想的な選択肢です。 実際、1カップの2/3が6グラム未満の脂肪なので、「全脂肪」のカッテージチーズを食べても大丈夫です。 実際、生きた活性培養物を含むカッテージチーズは、本質的にプロバイオティクスを摂取しているようなものなので、サプリメントを飲む必要はありません。

もうひとつの素晴らしい深夜のオプションは、プレーンヨーグルトの約2倍のタンパク質と約半分の炭水化物を含むギリシャヨーグルトです。 ザクロの種やブルーベリーを加えると、抗酸化物質の健康的なブーストも得られます。

1オンス(約143g)のピスタチオも、1オンスあたりより多くのナッツを消費できるため、深夜に最適なオプションになるでしょう。 プレッツェルやチップスとは対照的に、ピスタチオの間食は、体重減少を促進し、コレステロールと脂質プロファイルの改善を助けます。

Ormsbee氏は、彼のチームが、人々やアスリートが運動後に筋肉の修復や再生とともに、より効果的に回復できる最適な食品についてもっと学ぶために、より長期にわたる研究とともに、睡眠前の食品の選択肢もさらに検討する予定だと述べています。

また、寝る前に大きなカロリーを摂取することは、睡眠の質の低下はもちろん、体重の増加にもつながることを言及しておくことが重要です。 また、夜食と一緒にグラス1~2杯の水を飲むと、水分補給にもなり、食欲を抑えることができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。