偽札の見分け方

偽札を渡されると没収されたり、使ってしまうと自分も困ることになる可能性があります。

偽札の見分け方

アメリカのお金には、本物かどうかを確認するためのいくつかの特徴があります。 質感

本物のお金には、独特の質感があります。 もしお札を触ってみて、しっくりこない、見覚えがない場合は、偽札の可能性があります。

2 色のついた繊維

正規のお札には、赤や青の糸が織り込まれています。 そのため、他のお札(できれば銀行のもの)と比べてみてください。

3. 色変わりするインク

10ドル以上のお札は、右下の数字が別の角度から見ると色が変わって見えることがあります。 お札の種類や印刷時期によって、銅色から緑色、緑色から黒色に変化します。

カラーシフトインクは1996年に追加されたので、古いお札にはこの機能がない場合もあります。

4. 透かし

光にかざしてみると、右側面に透かしが見えるはずです。 お札の年代によって、楕円形であったり、お札の顔を模したものであったりします。 透かしがお札の真ん中の顔と違う場合は、偽造品です。

5. シリアルナンバー

お札には、それぞれ固有のシリアルナンバーがあります。

シリアルナンバーは、お札のシリーズ番号と一致している必要があります。

6.印刷

アメリカのお札は印刷が浮き上がっていて、すべての線がシャープでなければなりません。

7. セキュリティスレッド

各額面のセキュリティスレッドの配置と色は独特です。

8. セキュリティリボン

新しい100ドル札には、100の数字と鐘が印刷された青い3Dセキュリティリボンも付いています

改ざん札と偽札

すべての偽札がゼロから印刷されているわけではありません。 最近増えている偽造の方法は、5ドルや10ドルといった小さなお札を、50ドルや100ドルのお札に見せかけるために改ざんすることです。

偽札の対処法

連邦準備銀行によると、偽札を手に入れたらすぐに地元の警察に連絡することです。

偽札を財布に入れない方法

デジタル・セキュリティが強化され、デビットカードやクレジットカードは偽札のリスクから最も簡単に逃れることができるようになったかもしれません。 しかし、完全にキャッシュレス化することは不可能です。

偽札の見分け方を学び、渡されたもの、特に大きなお札はよく確認するようにしましょう。 現金が必要な場合は、お店でキャッシュバックを受けるのではなく、銀行やATMで受け取るようにしましょう。

現金の受け取りが自由で便利な銀行口座を比較

偽札の見分け方を学ぶことで、誤って受け取ってしまうことを防げるでしょう。

よくある質問

  • デビットカードは現金より安全ですか?

    必ずしもそうではありません。 デビットカードは偽札のリスクを排除してくれますが、それなりのリスクも伴います。 デビットカードの安全性を保つには、チップ&PINシステムを使用し、推測が難しいPIN番号を選択し、非接触技術を使用するのではなく、カードを挿入してセキュリティピンを入力することを選択します。

  • 偽札を持っていたら、本物と交換できるのですか?

    いいえ、ほとんどの場合、お札は没収され、弁償することはできません。

  • 偽造ペンは使えるのですか?

    いいえ。連邦準備制度理事会によると、偽造ペンは欠陥があり、紙幣を本物と誤認する可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。