優れた5分間プレゼンテーションを行う方法

ビジネスイベントでの5分間プレゼンテーションはますます人気が高まっているので、ここでは5分間の機会を最大限に活用するためのヒントやアイデアをいくつか紹介します。 6分でも7分でも10分でもない。

では、どうすればそうなるのか。

まず、4分を超えないようにプレゼンを練習します。

次に、冒頭でもたもたせずに、聴衆を惹きつける発言、質問、観察でまっすぐに入ることです。

ルール2:5分間のプレゼンテーションに、25分間のものと同じ構造を適用する。

つまり、これから起こることの概要を示す強力なスタート、最大3つのキーメッセージ、そしてオーディエンスに取って欲しい次のステップの概要を示すポジティブなサマリーが続く。 これらはすべて5分で可能です。

Rule Three : Don’t waste time at the start talking about yourself or your company

‘But isn’t that why I’m presenting?’(でも、それが私がプレゼンする理由じゃない? という質問が聞こえてきそうです。 聴衆の一人として、私があなたのプレゼンに最も望んでいるのは、次のようなことです。

  • 自分のビジネスに役立つ、知らないが知っておくべきこと
  • あなたの製品やサービスが、私や私の顧客にどのように役立つか
  • 「それはいい考えだ、やらなければ」と思わせる

それを達成すれば、あなたのプレゼンの後でも聴衆があなたと関わりたくなるはずです。

5分間のうち2~3分を、自分がいかに偉大か、どれだけの賞を受賞したか、そして製品やサービスの全範囲をリストアップすることに費やすと、聴衆はすぐにスイッチを切ってしまいます。

プレゼンテーションは、すべて聴衆とのエンゲージメントについてです。

ルール4:5分のプレゼンには、25分のプレゼンの2倍の準備時間をかける

「たった5分だし、簡単に埋められるから、そんなに準備作業は必要ない」と考えるのは簡単です。 それが問題なのです。

一般的にプレゼンターは、5分にあまりにも多くのことを詰め込もうとします。そのため、ほとんどの人が時間オーバーを経験し、聴衆も「このプレゼンテーションから何を得ることになるのか」と考えます。

ルール3で述べたように、プレゼンするときの危険の一つは、自分の組織やその製品・サービスについてのすべてを詰め込む必要があると考えることです。

ルール5:会場と設備を確認する

インパクトを与えるのに5分しかない場合は、発表する会場と利用できる設備をうまく利用する必要があります。

つまり、スクリーンのサイズ、プロジェクターの位置、プロジェクターへの接続方法、マイクがあればその位置、観客席の配置を事前に確認することです。

よくあることですが、聴衆のサイズに不釣り合いなほど小さなスクリーンに直面した場合、聴衆のほとんどが読むことができないスライド上の文字を表示したくないと思うことでしょう。

Rule Six : Don’t use A4 notes

If I see the presenter take the podium for a 5 minute presentation armed with A4 notes I immediately think three things:

  1. They don’t know their subject therefore the need for the big notes.They don’t know your subject for the other notes.If you should use a lapel mic to get all rig up before you are due to presentation.The 6つのルールを守ってください。
  2. 練習をしていないので、一字一句そのままの原稿を使う。
  3. これだけのメモがあれば、5分以上かかるに違いない。 5分間のプレゼンには、1枚か2枚のポストカードがあれば十分です。

    Rule Seven – have a Plan B if the equipment fails

    I witnessed this recently where the slides simply refused to move forward.私は最近、スライドが単に前進するのを拒否するのを目撃しました。

    私たちが見たスライドからは、プレゼンテーションがPDFを使用して作成されているように見えました – 決して良いアイデアではなく、PDFは通常、パンフレットやWebページなどの他の何かのためにもともと設計されています。

    もちろん、スライドを完全に捨ててしまうこともできます。 そうすれば目立つし、スクリーンサイズに悩まされることも、プレゼン中に機材が故障することもない。

    私はビジネスイベントで、スライドの代わりに小道具の詰まった古いスーツケースを使って、売上を伸ばすためのプレゼンテーションをします。

    Final Rule : プレゼンテーションを楽しんでいるように見せる。

    ほとんどの人はプレゼンテーションが好きではありません。

    聴衆は、あなたがプレゼンしているものに熱中したいと思っています。

    もしあなたが、プレゼンテーションの機会を最大限に活用し、より多くのセールストークを獲得したいのであれば、私、トレバー・リーにご連絡ください(電話:07785 390717、メール:ここをクリックしてください)。

    プレゼンテーションのヒントやアドバイスについては、私のウェブサイト: trevorleemedia.co.jp

    また、プレゼンテーションのヒントがたくさんある私のポッドキャスト

    iTunesで「attraction and retaining customers」を検索して見つけることができますし、このリンクをたどってください。 https://bit.ly/2HBc4De

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。