在米パキスタン大使リスト

1947年8月28日、パキスタンがイギリスから独立し、インドから分離してパキスタン王国が成立したとき、ワシントンDCにパキスタン大使館が設立された。 1954年にSEATO、1955年にCENTOと防衛協定を結び、関係は好転した。 しかし、1979年のソ連によるアフガニスタン侵攻とそれに続く1980年から88年にかけての秘密戦争のために、両国の関係は再び悪化した。 パキスタンの秘密核開発により、アメリカはパキスタンに制裁を課し、米パ関係は悪化したが、対テロ戦争によりパキスタンは再びアメリカに気に入られ、両国関係は再び改善した

したがって、パキスタンの駐米大使はパキスタン公務員のトップであるだけでなく、当時の各政府の政治任用者であった。 元大使の中には、後にパキスタン政府の要職に就き、その一人であるムハンマド・アリ・ボグラはパキスタン首相に就任しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。