尾骨の血液供給の解剖学的研究:放射線学的および臨床的応用

この研究の目的は、放射線塞栓術を最適化し、術後の骨壊死のリスクを最小限にするために尾骨の動脈血供給を研究することであった。 10名の新鮮な死体について,着色樹脂を動脈内に注入した後,解剖した。 この骨に走る側副血行路をすべて記載し,その数を数えた. 25個の乾いた骨に、ミリメートルゲージを用いて血管孔を測定し、血管図を作成した。 腸骨後部は前部の2倍も血管が発達しているようです。 骨盤の後弓の骨折は理論上、より出血しやすい。 腸腰筋動脈が仙腸関節に接触しているため、open book骨折やshearing骨折ではリスクが高くなる。 坐骨動脈は陰茎動脈の側副動脈で、寛骨臼の後方および外側、寛骨臼の屋根の動脈はその上方および外側に供給されます。 大転子動脈の前部および後部分枝は、大転子孔周囲の上部と寛骨臼の前内側および後内側に供給する。 Kocher approachは坐骨動脈を損傷する可能性がある。 Letournelのextended lateral approachとMearsのtriradiate approachは坐骨動脈と寛骨臼の屋根の動脈を損傷する可能性がある。 骨盤内へのアプローチを加えると、理論的には骨壊死のリスクが高まるように思われる。 寛骨臼への前方アプローチは、理論的には最も血行不良を起こさない方法であると思われる。 この論文のフランス語版は、電子補足資料の形で入手可能であり、http://dx.doi.org/10.1007/s00276-002-0029-2

にあるSpringer Linkサーバーを使用することで入手することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。