建築

原始建築:石器時代

食料を求めて広範囲を移動した石器時代後期の狩猟採集民は、考古学記録に登場する最古の仮設シェルターを建設しました。 紀元前12,000年以前のヨーロッパの多くの遺跡で発掘された円形の石の輪は、そのようなシェルターの一部を形成していたと考えられています。 738>

テントは、建築の関心事である環境制御の基本的な要素を示している。 テントは雨や雪を逃がす膜を作り、人間の皮膚についた冷たい水は体温を吸収する。 膜は風速を弱め、人肌を覆う空気も熱の損失を促進する。 太陽の熱線を遮断し、寒冷地では熱を持った空気を閉じ込めることで、熱の移動をコントロールします。 また、光を遮断し、視覚的なプライバシーを確保します。 膜は重力や風の力に対して支えなければならないので、構造体が必要です。 皮の膜は引っ張り(伸びる力)には強いのですが、圧縮(縮む力)には支柱を立てなければなりません。 このように、建築の歴史は、テントが目指した基本的な問題を、より高度に解決するための模索であった。 テントは現在も使われ続けている。 サウジアラビアのヤギの毛のテント、折りたたみ式の木製のフレームとフェルトのカバーで覆われたモンゴルのユルト、複数のポールの支えと二重の膜で覆われたアメリカンインディアンのティピーは、初期の狩猟採集民の粗末なシェルターをより洗練し優雅にした子孫である

紀元前1万年といわれる農業革命は、建築に大きな弾みを与えた。 人々はもはや獲物を求めて旅をしたり、群れを追ったりせず、一カ所にとどまって畑の手入れをしていた。 そして、住居はより永続的なものになった。 考古学的な記録は少ないが、中近東ではトロワと呼ばれる円形の住居跡が村ごと発見されており、その壁は粘土でできていて、屋根の形跡はまったくない。 ヨーロッパでは、アルプス山脈に蜂の巣状の建築物が残っている(最近の建築物)。 中近東では、長方形の控えの間や玄関ホールが円形の主室に付属していた。 さらにその後、住居がより多くの部屋に分割され、集落に多くの住居が配置されるようになると、円形は廃され、長方形が好まれるようになった。

粘土と木材の複合構造、いわゆるワトル・アンド・ダブ(wattle-and-daub)方式の証拠もヨーロッパと中近東で発見されている。 壁には石器で切断しやすい小さな苗木や葦が使われた。 それを地面に打ち込み、植物繊維で横方向に縛り、湿った粘土で漆喰を塗り固め、剛性と耐候性を高めたのである。 屋根は残っていないが、粗末な茅や束ねた葦で覆われていたのだろう。

新石器時代の文化では、石器で大きな木を切ることが困難であったため、大きな木材の使用はフレームに限られていたが、より重い木材の建物も出現した。 このような骨組みは通常長方形で、中央に棟木を支える柱列があり、長壁に沿って同じ柱列が並び、棟木から壁の梁に垂木が渡される。 棟木と垂木は植物繊維で柱に固定され、柱は地中深く埋められ、横方向の安定性を確保していた。 屋根材は、乾燥した草や葦を小さく束ね、それを垂木の間に渡した軽い木の柱に重なるように縛り付けた茅が一般的であった。 横葺きの屋根は雨漏りがひどいが、角度をつけると雨水がしみこむ前に流れ落ちてしまう。 原始的な建築家たちは、茅を置かずに雨水を逃がす屋根の勾配をすぐに決めた。 このようなフレームハウスの壁には、粘土、ワラジ桶、木の皮(アメリカのウッドランドインディアンが好んで使った)、茅など、さまざまな種類の詰め物が使われた。 ポリネシアやインドネシアでは、安全性と乾燥のために高床式にし、屋根は木の葉で葺き、壁も開放して空気の流れを良くし、自然冷房を利用している。 また、エジプトや中近東では、木材の代わりに葦の束を使ったフレームも見られます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。