敬語

日本語では、人を呼んだり呼んだりするときに、さまざまな敬語を用います。

日本語で誰かを名指しで呼んだり、言及したりする場合、通常、名前と一緒に敬語が使われます。 スポーツチームやクラスメイトの間では、敬称をつけずに姓を使うこともあるが、敬称をつけるのは、恋人や年下の家族、ごく親しい友人に対してだけで、親密さを意味する。 ただし、家族以外の人と話すときに家族を指す場合と、顧客や他の会社の人と話すときに自分の会社の人間を指す場合は例外です。 自分のことを指す場合は、尊大な態度をとる場合(後述の「オレ様」参照)、かわいがる場合(「ちゃん」参照)、あるいは小さな子供と話すときに話し手の呼び方を教える場合を除いて、敬語は用いない。

一般的な敬語

さん

さん(京都地方では「はん」と読むこともある)は、最も一般的な敬語で、「さん」と同じように敬意を表す呼び名である。「

「さん」は職場の名詞と組み合わせて使われる。例えば、本屋を「本屋さん」、肉屋を「肉屋さん」と呼ぶ。 例えば、コジマ電機という会社の事務所や店舗を、近くにある別の会社が「コジマ電機さん」と呼ぶことがある。 これは、日本の電話帳や名刺によく使われている小さな地図に見られるもので、周辺の会社名が「さん」付けで書かれています。

さんは、動物や無生物の名前にも付けられることがあります。 例えば、ペットのウサギを「うさぎさん」と呼んだり、料理に使う魚を「さかなさん」と呼んだりする。

オンラインゲームでは、日本語の数字の3は「さん」と発音されるため、他のプレイヤーの名前に数字の3を付けて「さん」を表すことが多い(例:Taro3はTaro-sanを表す)。

くん

くん(漢字では君、ひらがなでは君)は、年上の人が年下の人に呼びかけるとき、または誰でも男の子供や10代の男性に呼びかけるとき、または呼びかけるときに使われます。 また、女性が感情的になっている男性や、長い付き合いの男性に対して使うこともある。 一般的に「君」は男の子に使われますが、これは厳密なルールではありません。 例えば、ビジネスシーンでは、若い女性社員も年配の男性から「君」と呼ばれることがある。

日本の国会では、議長が国会議員や大臣に呼びかけるときに「君」が使われる。

ちゃん

「ちゃん」は矮小接尾語で、相手をかわいいと思う気持ちを表す。 従って、目上の人の名前にちゃんをつけると、慇懃無礼になり、失礼にあたる。 一般的に、ちゃん付けは赤ちゃん、幼い子供、10代の女の子に使われる。 若い男の子に使うこともありますが、その子の妹でもない限り、この名前は消え去ります。

伝統的に敬語は自分に使わないが、若い女性の中には自分を三人称で呼ぶという子供じみた風習を持つ人もいる。

先輩と後輩

先輩は、学校、会社、スポーツクラブなどにおいて、自分の先輩を指すときに使われる言葉です。 ですから、学校では自分より上の学年の生徒を先輩と呼びます。

ビジネスの場では、経験のある同僚は先輩だが、上司は先輩ではない。 英語の「Doctor」のように、先輩は単独でも名前と一緒でも使える。

後輩(こうはい、こうはい)は、先輩の逆の後輩だが、普通は敬語として使わない。

先生

先生(せんせい、せんせい)(文字通り「先に生まれた」という意味)は、教師、医者、政治家などの権威者を指す、あるいは呼びかけるために使われます。 また、ある芸術分野やその他の技術において一定のレベルに達した人に敬意を示すために使われ、小説家、詩人、画家、漫画家を含むその他の芸術家にも適用される。

先輩と同様、先生も接尾辞としてだけでなく、単独の称号として使われることがある。

さん

さん(様、さま)は、「さん」よりもかなり尊敬度の高いバージョンです。

自分自身を指すために使われるとき、「様」は、「オレ様」のように、非常に傲慢(または自虐的な皮肉)を表現します。

また、「お待たせしました」「お疲れ様」「ご苦労様」などのフレーズもありますが、これは同じ漢字で書かれていても、意味的には宛名として使われる「様」とは異なります。

師(氏、し)は、正式な文章で、時には非常に正式な話し言葉で、話し手に馴染みのない人、通常は話し手が実際に会ったことのない出版物を通して知っている人を指すときに使われます。 例えば、ニュースキャスターのスピーチでは、shi titleがよく使われます。 法律文書、学術雑誌、その他特定の正式な文書スタイルでは、この呼び名が好まれます。

殿/殿

殿(殿、との)と発音し、名前に付けると、おおよそ「殿様」「主人」の意味になる。 高貴な身分ではなく、「ミロード」やフランス語の「ムッシュー」のようなもので、「さん」と「様」の間に位置する敬語である。 日常会話では使われなくなったが、ビジネス文書の一部や、賞状、茶道での文面などでは今でも使われている。

ユーフォニック・サフィックスと言葉遊び

インフォーマルな会話で、日本人は通常の敬語の代わりに工夫したサフィックスを使うことがある。 これは言葉遊びの一種で、音の響きや、友好的・蔑視的な意味合いから接尾辞が選ばれている。 このような接尾辞は無限に考えられるが、中には広く使われるようになり、既成の敬語と言葉遊びの境界がやや曖昧になったものもある。 例えば、「ちゃん」(後述)のような接尾語である。

Baby Talk Variations

敬語の中には、小さな子供、つまり可愛らしさをステレオタイプに連想させる誤読であるBaby Talkバージョンを持つものがある。 たとえば、「様」の赤ちゃん言葉バージョンが「ちゃま」ですが、実は「ちゃん」は「さん」の赤ちゃん言葉バージョンで、やがて普通の敬語として扱われるようになりました。 ちゃん」は「たん」、あまり一般的ではないが「ちゃま」→「たま」と変化することもある。 これらは、かわいい女性キャラクターが物や概念、人気消費財などを表現する「萌え擬人化」の名称によく使われる。 よく知られているのは、OSの擬人化「OSたん」や炭のマスコット「備長炭」などである。

家族

家族を表す言葉には、日本語では2種類の形がある。 自分の家族を指しながら、家族以外の人と話すときは、”母 “は「はは」、”兄 “は「あに」のような中立的、説明的な名詞が使われる。 自分の家族に対して言う場合、他人の家族に対して言う場合は、敬語を使う。 一般的に「さん」をつけると、「お母さん」は「おっかさん」、「お兄さん」は「おにいさん」となる。 さん」の代わりに、尊敬語「ちゃん」、尊敬語「様」を使うこともある。 一方、弟妹が年上の兄弟を「お兄さん」「お姉さん」と呼ぶのに対し、年上の兄弟は年下の兄弟を名前で呼び、通常は敬語を用いない。

  • おとうさん(お父さん):お父さん、またはおとうさん(さま):おとうさん。 チチ(父)より。
    • おじさん(叔父さん/小父さん/伯父さん、おじさん):おじさん(または中年の紳士)。 -1241>
    • おじさん(お祖父さん/お爺さん/お爺さん/お爺さん):おじいさん(または男性上級国民)。 -1241>
  • おっかさん(お母さん):おっかさん。 はは(母)より。
    • おばさん(伯母さん/小母さん/叔母さん、おばさん):おばさん(または中年女性)。 -1241>
    • おばさん(お祖母ちゃん/御祖母さん/御婆さん/おばあさん):おばあさん(または女性の年配者)。 -1241>
  • おにいさん(お兄さん):お兄さん(または若い男性)、またはおにいさま、またはおにいちゃん。 1241><3719><6257><3330>お姉さん(おねえさん):お姉さん、おねえさん、おにいちゃん。 姉さん(ane)

から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。