文学記事

英雄の定義

英雄という言葉は、一般に、荒々しくさまざまな行為を行う多くの異なるタイプの人々に適用されます。 たとえば、燃えている家から見知らぬ人を助けたり、武装した襲撃者に立ち向かったりするような、並外れた体力と勇気のある行為は、一般的に英雄的と見なされる偉業です。 しかし、肉体的な勇気だけがヒロイズムを構成する要素ではありません。 道徳的な勇気を示す人、例えば、自分の命や評判を危険にさらして、単に人気のあることではなく、正しいことをしたり、言ったりする人もまた、英雄と呼ばれるのです。 また、身近な友人や恋人を「マイヒーロー」と呼んで憧れたり、お手本にしたりすることもヒーローとなります。 競技場外での行動が英雄的とみなされるかどうかにかかわらず、私たちは日常的に、人気や才能のあるスポーツ選手に対してもこの用語を使用します。 このようにさまざまな使い方があるため、文学のテーマとしてのヒロイズムの魅力を明確に説明することは困難です。 さらに、文学研究において、英雄という言葉は作品の中心人物を指す言葉として使われているという事実も、その難しさを物語っている。 1697年にジョン・ドライデンが初めてこの言葉を使ったが、主人公が特に英雄的なことをしない場合でも、主人公の代名詞として今でも一般に受け入れられている。 私たちは長い間、特別な、あるいは並外れた行為を指す言葉として英雄的という言葉を使用してきました。 プロスポーツ選手の活躍、兵士や消防士の救命活動、内部告発者の勇気、そして私たちが最も愛する文学作品の架空の登場人物の人生までもが、私たちの心の中で「英雄」として認定されているようです。 何が英雄的行動なのか、その本質に迫ることで、ドライデンの誤用がなぜこれほどまでの力を持ったのかがわかるかもしれない。 英雄という言葉はギリシャ語に由来する。ギリシャ神話では、神々に気に入られた者、あるいは「神のような」資質を持つ者を指す言葉であった。 オックスフォード英語辞典では、ヒーローを “超人的な強さ、勇気、能力を持つ人 “と表現している。

Friedrich Nietzsche’s übermensch(superman) theory

Friedrich Nietzsche の übermensch (superman) の理論は、人間の能力を超えるという概念に言及している。 ニーチェは19世紀のドイツの哲学者で、『ツァラトゥストラはかく語りき』(1883年)の中で、近代世界では神、あるいは神の概念は人生に意味を与えなくなったと書いている。 その空白を埋めるのは、超越的で優れた人間である「超人」であり、それが人生に新たな意味を与えるだろうと彼は書いている。 そして、すべての人がこの地位に到達することを目指し、現在の世界と現在を愛することに動機づけられる世界を創造することができた。 1840年に執筆したスコットランドの歴史家トーマス・カーライルは、宗教が人生に意味を与えることをやめたということには同意しないが、ヒロイズムは人生を肯定するものでなければならないということには同意しただろう。 事実、『英雄、英雄崇拝、歴史における英雄的存在について』の中で、彼は「すべての宗教は英雄の崇拝の上に立っている」とし、イエス・キリストは「すべての英雄の中で最も偉大な人物」と考えることができると書いている(249)。 カーライルはさらに、何が英雄であり、何が英雄的行為であるかの基準を示している。 英雄は恐怖に打ち勝たなければならず、そうでなければ「奴隷であり臆病者」(268)として行動しているに過ぎないと言うのである。 さらに、英雄は真面目で誠実でなければならず、普通の人が見ることのできる範囲を超えた視野を持っていなければならない(281, 325)。 そして最後に、他者を鼓舞し、「道を照らす」ことができる人物でなければならない(347)。

神話とヒロイズムに関する最も有名な著作をいくつか書いたジョセフ・キャンベルは、カーライルに倣って、「したがって、英雄とは、個人的・局所的な限界を超えて、一般的に妥当な、通常の人間の姿に戦いを挑むことができた男または女である」(30)と述べている。 言い換えれば、英雄は普通の人間として人生を始めるが、何らかの特別な才能によって、自分の英雄性を証明するための旅に出ることができ、それを成功させることができるのである。 カーライルもキャンベルも、人間には英雄が必要だと強調している。つまり、英雄に対する反応は人間の基本的な衝動を満たすものなのだ。 私たちは明らかに、世界に英雄がいると信じることによって得られるインスピレーションとモチベーションを必要としている。 心理学者のミリアム・F・ポルスターは、1992年に女性のヒーローについて執筆し、歴代のヒーローに与えられた資質から、その資質をリストアップした。 ニーチェの「超人」を想起し、「人命への深い尊敬に突き動かされている」「何が可能かについてのビジョンが他の人のそれを超えている」「大きな勇気を持っている」「世論に動かされない」ことを指摘している(22)。 彼女は、ソフォクレスの戯曲『アンティゴネー』から、叔父である王の意向に反して、身の危険を冒して弟ポリニケスの遺体を埋葬したアンティゴネーを例の一つとして挙げている。 アンティゴネが英雄であるのは、彼女の原動力が兄の命への敬意であるからです。

クレインによるヒロイズムの扱い

ポルスターは、ヒーローとヒロイズムは、肉体的な勇気と強さに人気が集中するため、長い間男性と結びついてきた言葉だと指摘している。 実際、この言葉が最初に登場したのはホメロスの『イーリアス』であり、トロイア戦争に参加し、物語を語ることができるすべての人々にこの名前が与えられたのである。 しかし、カーライルやキャンベルが強調するように、道徳的な勇気の持ち主も同様に稀有であり、同じように熱烈に称えられるべきである。 例えば、シャーロット・ブロンテの『ジェーン・エア』では、ジェーンは友人のシャーロット・テンプルの側に立ち、邪悪なリードおばさんに立ち向かい、セント・ジョン・リバースとの結婚は恋ではないので拒否し、傷ついたロチェスターのもとに戻るなど、誰よりも道徳的勇気を示している。 ジェーンの努力は、人生を肯定し、無私であり、他人を善に導くものであるため、一貫して英雄的である。 これに対して、スティーブン・クレインの『赤備え』におけるヘンリー・フレミングの行動は、それほど一貫したものではありません。 最初の戦いから逃げ出したフレミングは、恐怖心からしか行動していない。 しかし、彼が変わって戦場に戻ったとき、クレインは、彼がまだ恐怖から行動していることを示唆しているように思える。 彼は今、臆病者として見られたくないという願望に突き動かされているのだ。 ベトナム戦争小説『カッチャートを追え』や『運んだもの』の著者であるティム・オブライエンは、男性は「しないことを恐れたから」殺し、死んできたと主張している

これはまさにクレインのヒロイズムの扱いにおけるポイントであり、それは複雑で判別しにくく、大きな曖昧さを伴うことがあるということである。 ヘンリー・フレミングは軍人であり、戦争で示されるような肉体的な勇気ある行為は、長い間、ヒロイズムの領域とされてきました。 しかし、日常生活で典型的な「英雄的」状況に置かれることのない普通の人々はどうだろうか。 このような人々もまた、ヒロイズムを発揮できるのだろうか。 例えば、ジョン・アップダイクの『A&P』では、スーパーのレジ係のサミーが、店に入ってきた3人の10代の女の子に対して店長が無礼な態度をとったため、突然仕事を辞めるという物語が描かれている。 大局的に見れば、この行動は特筆すべきことではないかもしれない。 しかし、A&Pの世界では、確かにそうなのだ。 しかし、「A&P」の世界では、この行動は注目に値するものである。 サミーは、彼女たちを他の店員と同じように「羊」と見るのではなく、一人の人間として価値を認めようとする。 また、サミーにはビジョンがある。 彼は、A&Pが自分の人生であることを望んでいません。彼は将来のことを考え、レジの後ろに立っているよりももっと意味のある方法で、そのためにどう貢献できるかを考えています

英雄的行動は、我々が典型的な「善人」と見なさない人からも生まれることがあります。 このような人物に対して、アンチヒーローという言葉が使われることもある。 ジョン・ゲイの『ベッグ・アーズ・オペラ』では、マキースは泥棒で殺人者です。 このような人物をアンチヒーローと呼ぶこともある。 しかし、マキースがヒーローであるのは、彼が活動するシステムがあまりにも腐敗し、思いやりに欠けているため、観客は彼がそのシステムを打ち負かすことを実際に応援しているからである。 彼は自分の道徳律を持ち、それに忠実である。 このような観点から見ると、マキースの大胆な行動がいかに英雄的と見なされるかは容易に理解できるだろう。 マキースのようなキャラクターから、チェッカーのサミーのようなキャラクターまで、かなりの飛躍がある。 そしてまた、サミーからジェーン・エアやアンティゴネのような人物に至るまで、大きな飛躍がある。 しかし、これらの登場人物はすべて、感動的で、勇気があり、並外れた行動を示しており、そうすることによって、全員がヒロイズムというテーマを例証しているのである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。