水に濡れると本当に肺炎になるのか?

“雨の日は外出しないように…肺炎になるかもしれませんよ”。 両親や祖父母のおかげで、私たちは冷たい雨の日に出かけるたびに、このあまりにも聞き慣れたフレーズが頭の中で鳴り響きます。 しかし、雨の中を歩く子供たちにその言葉をオウム返しにしようとした瞬間、「本当に雨に濡れて肺炎になるのだろうか」と疑問に思う。 これは単なる迷信なのだろうか?

水に濡れると肺炎になる – それはどこから来るのでしょうか

肺炎についての事実

両親や祖父母が何と言おうと、人は水に濡れると肺炎に「かかる」ことはありません。 人がかかるのは、肺炎を引き起こす細菌やウイルスです。 肺炎とは、これらの生物によって引き起こされる肺の感染症を指します。 この感染症は、液体や粘液が肺胞をふさぎ、肺の中を酸素が通りにくくします。 特に両肺が感染している場合は、呼吸がしにくくなります。

「昔話」はどこから来たのか

肺炎は、細菌やウイルスによって引き起こされることを覚えておいてください。 しかし、必ずしも濡れたままで細菌やウイルスに感染するわけでもありません。 低体温や高体温などの身体的ストレスがかかると、免疫力が低下してしまうことがあるのです。 考えてみてください、濡れると体温が下がり、それが免疫系に影響を与えることがあります。 免疫系が思うように働かないと、私たちの周りにいる細菌やウイルスに感染しやすくなります。

日常的なストレスも、免疫力を低下させ、病気全般にかかりやすくします。 また、小さな子どもは免疫システムが十分に発達しておらず、高齢者は免疫システムが弱いので、肺炎などの病気にかかりやすくなります。 ですから、濡れたからといって直接肺炎になるわけではありませんが、ご両親の言わんとしていることは、これでご理解いただけたのではないでしょうか。

肺炎で受診するタイミング

息切れ、胸の痛み、混乱がある場合は、できるだけ早く救急医療を受ける必要があります。

扁桃炎や喉の痛みなど代表的な子どもの病気については、おもてなし健康 ERのブログ

を見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。