猫の虫下し、ワクチン、去勢手術の時期

虫下し

子猫を飼う上で、ペットの健康管理は重要なポイントです。 ブリーダーやキャッテリーから子猫を引き取る際には、どのような虫下しを使用したかを確認しましょう。 子猫は、パナキュールやドロンタルのような獣医が認可した駆虫剤を使用して定期的に駆虫する必要があります。 子猫の駆虫は製品のデータシートに従って行いますが、ガイドラインとして、生後2週間、5週間、8週間、12週間に駆虫する必要があります。 その後、生後6ヶ月まで毎月1回駆虫してください。 その後は、少なくとも年に4回の駆虫が必要です。

あなたのペットに適した治療プログラムをアドバイスするために、当社の動物健康アドバイザー(SQP)にお気軽にお問い合わせください。 お電話でのお問い合わせは、0203 675 0780(月~金)まで。 利用可能な駆虫剤:

錠剤:

Drontal Cat Worming Tablet

  • Drontal cat worming tabletsが素早く作用して腸の虫と戦います。
  • 2種類の強さのタブレットがあります
  • ドロンタール猫用タブレットは、英国の猫によく見られるあらゆる種類の腸内寄生虫を退治します。
  • 子猫から成猫まで使用可能
  • 1回の投与で効果を発揮

Cazitel Cat

  • 回虫および条虫を殺す
  • 使用できるのは以下の通りです。 直接またはフードに混ぜて与える
  • 1錠/4kg体重
  • 錠剤は半分にしてより正確に投与できる
  • 6週齢からの子猫に与えられる

スポット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Pオン。

Droncit Spot On

  • 猫の条虫を殺す
  • 4ピペット入り(2.につき1ピペット)。猫の体重5kgにつき1個)
  • Dipylidium caninumとTaenia種に有効
  • 妊娠・授乳期にも使用可能
  • 体重1kg未満の猫には適さない
  • 猫用サナダムシ駆除剤です。

Dronspot Spot On

  • Dronspotは、猫の虫下しを簡単にします
  • 英国の猫によく見られるすべてのタイプの腸内寄生虫を殺します
  • 妊娠中および授乳中に使用することができます
  • 体重1kg未満の猫には適していません。

液体懸濁液&顆粒:

Panacur

  • 犬用10%口腔懸濁液&猫用と顆粒
  • パナキュールは回虫や他の腸内寄生虫に対して非常に有効で、しかもペットにとって非常に優しく親切な製品です。
  • 妊娠中・授乳期にも安心して使用できます
  • 直接与えるか、フードに混ぜて与えます

猫は虫下しと同様に、年間を通じて定期的に駆除を行う必要があります。 ノミは炎症やノミアレルギー性皮膚炎を引き起こし、私たちの猫に虫を感染させることがあります。 ノミを駆除するために、様々なノミ駆除剤があります。

スポットオンノミ駆除剤-スポットオンノミ駆除剤は、ペットに塗布します。 液体は、毛皮を分け、首の下の皮膚に直接塗布されます。 ほとんどのスポットオン製品は、塗布後24時間以内にペットの成虫を駆除するように設計された殺成虫剤を含んでいます。

Frontline Spot-On For Cats

  • ノミは24時間以内に、マダニは48時間以内に退治します
  • Protects from flea re-> Frontline Spot-On For CatsFrontline Spot-On For Cats
  • マダニの再侵入を1ヶ月間防ぐ
  • 妊娠中・授乳中も使用可能
  • 生後8週間以上の子猫に適している
  • 。 体重1kg以上

Advantage For Cats, 犬& ウサギ

  • Rapid Onset -塗布部位の周囲5分以内にノミの噛みつきをストップ
  • Quick -塗布後1時間以内にノミ成虫をノックアウト
  • Durable – Up to month of reliable flea control and protection
  • Safe for using kittens/puppy over eight weeks old(8週間以上の子猫/子犬への適用)。 授乳中も安心 & 妊娠中
  • Advance Formulation – Waterfast or Water Proof

Oral Flea Treatments -ペットの成虫を殺す猫のための経口ノミ治療薬がますます多くなっています。

Capstar Flea Treatment For Cats & Dogs

  • Oral administered treatment
  • わずか15分後に大人のノミが殺し始めます
  • 24時間でペットから100%のノミが除去されます
  • 複数の治療を行うのも安全です。 しかし、同じ日ではない

昆虫成長調節剤 – ペットが経口昆虫成長調節剤で処理されると、それは動物の血流に循環する。 そして、ノミがペットを噛むと、昆虫成長調整剤を摂取し、それを卵に渡し、孵化できないようにする。 月に1回フードに混ぜて与えます。

猫用プログラムサスペンション

プログラムは、ノミの蔓延の予防と持続的なコントロールのためのものです。 与えやすい懸濁液として利用できます。 プログラムは、ノミの卵が発育し、孵化するのを防ぐことで効果を発揮します。 これにより、ライフサイクルを断ち切り、ご家庭でのノミの蔓延を防止します。

Integrated Flea Control – ノミのライフサイクルの異なる段階をターゲットとする2種類の殺虫剤を組み合わせて使用します:ペットに見える成虫ノミを殺すための成虫剤と、家の周りに産卵する卵を処理する昆虫成長調節剤です。

フロントライン プラス 猫用

  • ペットのノミを24時間以内に退治、再侵入を8週間防止
  • ペットのマダニを48時間以内に退治。 4週間再侵入を防ぐ
  • 刺すシラミを殺す
  • 卵や幼虫の発生を抑える
  • ペットと家を守る

駆除やノミの治療と同様に、子猫のワクチン接種も予防医療として非常に重要なことです。 子猫が家に来る前に最初のワクチン接種を済ませているかもしれませんが、さらにどのようなワクチン接種が必要なのか、動物病院の先生に確認しておきましょう。 目安としては、ほとんどの子猫は生後9週間と生後12週間の2回のワクチン接種が必要です。

Neutering

猫に子供を作らせたくない場合は、去勢手術をすることが重要です。 また、尿スプレー、ケンカ、放浪などの行動上の問題や、高齢になったときの子宮がんなどの健康上の問題も予防できます。

雄猫の去勢と雌猫の避妊は、生後5~6ヶ月頃に全身麻酔で行われます。

ワクチン接種

子猫は2回のワクチン接種が必要です。 最初の予防接種は、通常生後8週間ごろに行います。 子猫を家に迎えたら、近くの動物病院に登録し、数日後に検診を受けさせましょう。 虫下しやワクチン、去勢手術について獣医師と話し合い、子猫と一緒に過ごす初期の日々を楽しく過ごすために、その他の質問にも答えてくれる理想的な時間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。