男性、女性、そしてIQ Setting the Record Straight

The Telegraphの最近の記事には、哲学者でIQ研究者のジェームズ・フリンによる以下の引用があります:

「過去100年間で、男女両方のIQスコアが上昇したが、女性の方がより速く上昇した。「

この問題をさらに解明するために、彼らはケンブリッジで英文学を学んだ33歳のコンサルタント、ヘレナ・ジャミソンに相談しました:

広告の後に記事が続きます

「おそらく女性はいつも心の底では自分たちがより賢いことを知っていたと思います-しかし優しい性として、我々はそのことについて黙っていて、男性が世界を支配していると信じ続けさせたのです。「

Can we stop this madness please?

Today I was treated to the talk from James Flynn in Cambridge, England. フリンは私の知的ヒーローの一人です。 彼の講演は非常に挑発的で思慮深いので、いつも楽しんでいます。 今回の講演も例外ではありませんでした。 フリンの実際のデータと解釈に興味がある方のために、簡単に要約します。

フリンは、14歳から18歳までのIQスコアを調べ、男女それぞれ少なくとも500人の標準化サンプルを入手できる5つの近代的な州を発見しました。 彼が調べた国家は、オーストラリア、ニュージーランド、白人の南アフリカ、エストニア、アルゼンチンであった。 5459>

これらの5つのデータセットを分析し、前世代(1982年以前)の古い研究をすべて捨てて、抽象的で論理的な推論のテストであるRavenの累進マトリクステストで男女を比較しました。 男性のスコアを100としたとき、フリンは、女性のスコアはオーストラリアで最も低く(99.5)、他の4カ国ではレイヴンのスコアは100.5から101.5とばらつきがあることを発見しました。

広告の後に記事が続きます

このデータを提示した後、彼は次のように述べています:

「だから彼らは確かに男性と同じか、あるいはわずかに上だったのです。 これは、私が「女性は男性よりも信じられないほど知的である」と言ったというニュースで歪曲されています。 ご覧の通り、これはやや主張の域を超えています」

会場は笑いに包まれました。 そして、フリンは、女性が教育の機会という点で、近代への完全な参入を許されたすべての国で、女性はレイヴンの上で男性と肩を並べるようになったという議論を展開します。 女性のIQの数分の一の優位性については、

「それは性格的な特徴なのではないかと思います。 また、教室でより集中するように、テストルームでもより集中します。 ですから、私の結論は、レイヴンのテストでは、認知的要素については男女がほぼ同じで、性格的特徴については、ごくわずかに女性が有利であるということです。 これは、中学校で起こることから推測したものです。 気質的な違いから、少しは女性の方が有利だろう」

Flynn は、オタゴ大学の彼のクラスでは、「学生の 2/3 は女性で、遅筆の 2/3 は男性」だと指摘している。 これは世界共通の現象だという。 また、「男女が平等だと言っているのではありません。 レイヴンの抽象的な問題に対して、論理を使って対処する能力は同等だ。” 一方の性別に有利な項目を捨てて、意図的に性別にとらわれないIQテストを作ろうとすると、女性の言葉の優位性と男性の視覚・空間的項目の優位性を排除できないことが分かると指摘しています。

広告の後に記事が続きます

そしてフリンは、アメリカにおける黒人と白人のIQギャップに関するデータを紹介します。 彼は、1972年以降、黒人が白人に比べて5ポイント上昇したことを示しています。 しかし、驚くべきことに、IQの差は数年ごとに系統的に拡大している。 つまり、アメリカでは金持ちはより金持ちになり、貧乏人はより貧乏になるのである。 以下は彼のデータである。

1972年の白黒差

年齢4 8 12 16 20 24

-10 -12.4 -14.8 -17.2 -19.6 -22.0

2002年の白黒差

年齢4 8 12 16 20 24

-7.5 -1.5 -1.5 -1.55 -9.8 -12.2 -14.6 -17

1972年、4歳のとき、アメリカでは黒人と白人の間に平均で10ポイントのIQの差があった。 2002年、その差は5ポイント縮まったが、4歳時点ではまだ5ポイントの差があった。 24歳になると、その差は17ポイントに広がりました。 これは、1972年に24歳で見つかった22ポイントの差よりはましだが、それでもかなり憂慮すべきことだ。

広告の後に記事が続きます

フリンは、黒人と白人が生まれつき知能に差があるとは考えていない。 彼が正しく指摘するように、アメリカのアイルランド系移民は遺伝的に劣っていると主張する心理学者がいたのは、それほど昔のことではありません。 しかし、アイルランド系アメリカ人が教育に投資し始めると、その差は完全に埋まった。 フリン氏は、このような傾向は累積的なものであり、問題はすでに就学前の段階で明らかになっていると主張しています。 彼は、学業達成に対する態度の違いなど、いくつかの環境的な説明を提案しています。

彼は、自分の研究や考えが議論を呼ぶことは十分承知しているが、これらは厳密な調査を必要とする深刻な問題だと考えていると述べています。 彼は、IQのトレンドは興味深い社会的傾向を示してくれると考えている。 彼は、この問題に光を当てることができる半ダースの研究を提案したと聴衆に語りました。

「しかし、あなたはこれらのことを言うことはできません。 禁句なのです。 ということは、もちろん、私たちは、何が実際に集団の違いを引き起こすのかについて、無知なまま進んでいくことになります。 つまり、私たちは何の解決策も提供できないのです。 現実に背を向けると、現実を操作する能力を失ってしまうのです。 そのことは自明だと思うのですが…私は、真実を見つけようとしないためにこの世界に入ったわけではありません」

フリンは明らかに社会の進歩や世界中の不平等を減らすことに関心を持っており、私は非常に尊敬しています。 講演の後、私はフリンに、彼のデータについて記録を正すブログ記事を書いてもいいかどうか尋ねました。 というのも、彼がインタビューを受けたとき、インタビュアーは女性やマルチタスクについて、明らかに彼から特定の答えを引き出したいと思っているような、誘導的な質問をし続けたからです。 実際のところ何の根拠もない些細な男女間の争いはやめて、本当に重要な問題に取り組んでほしいものです。 アメリカの人種平等はまだまだ先が長い。 フリン氏の驚くべきデータが、必要な議論のきっかけになることを願っています。 フリン氏の講演で語られたことは、彼の新著『Are We Getting Smarter??』でも語られています。 Rising IQ in the Twenty-First Century”(21世紀におけるIQの上昇)でも語られています。 メディアを鵜呑みにするのではなく、こうした重要な問題に対する彼の見解を聞いてみたいという方には、ぜひお薦めしたい一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。