美術概論 SAC、ART100

ルネサンスとは

ルネサンスはヨーロッパの歴史の中で、およそ14世紀から17世紀にかけて、中世と近代史の間の文化の橋とみなされた期間です。 ルネサンスの知的基盤は、「人間は万物の尺度である」というプロタゴラスをはじめとする古典ギリシャ哲学の再発見から生まれた、独自の人文主義であった。 この新しい考え方は、芸術、建築、政治、科学、文学などの分野で顕在化した。 例えば、油絵における遠近法の発展や、コンクリートの作り方に関する知識の再利用などがその例である。 778>

文化的な動きとしては、ペトラルカの功績とされる、14世紀の古典に基づく学問の復活に始まるラテン語や地方語の文学の革新的開花、絵画における直線遠近法やより自然なリアリティを表現する他の技術の開発、緩やかだが広範囲な教育改革などが挙げられる。 政治では、外交の習慣や慣例が生まれ、科学では、観察力と帰納的推論が重視された。 ルネサンスでは、多くの知的探求において革命が起こり、社会的、政治的な激変もあったが、おそらく芸術の発展と、「ルネサンス人」という言葉を生み出したレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなどのポリマス(幅広い学識や知識を持つ人)の貢献でよく知られている<778><2135>ルネサンスは14世紀にフィレンツェで始まった。 その起源や特徴については、当時のフィレンツェの社会的・市民的な特殊性、政治構造、支配者メディチ家の庇護、オスマントルコによるコンスタンティノープル陥落に伴うギリシャ人学者や文献のイタリアへの移住など、さまざまな要因に着目して、諸説が提唱されている。 このほか、ヴェネツィア、ジェノヴァ、ミラノ、ボローニャといった北イタリアの都市国家、そしてルネサンス期のローマ教皇庁が主要な中心地となった。

ルネサンスが中世からの文化的「進歩」であったかどうかを疑問視する意見もあり、代わりに古典的古代に対する悲観と懐古の時代と見なしましたが、社会・経済史家は代わりに、ある作家が「千の絆で」結んだという、この二つの時代の間の連続性に注目しました。 この言葉は、ジュール・ミシュレの1855年の著作『Histoire de France』にも登場する。

フィレンツェのルネサンス

ルネサンスが本格的に始まるのは、15世紀初頭のフィレンツェのことである。 初期ルネサンスと呼ばれるこの時代、フィレンツェは現在のようなイタリアという統一国家の中の都市ではありません。

さて、普通、私たちは共和国というものを、自分たちの利益を政府に代表させる代表者に皆が投票する政府だと思っています(忠誠の誓いを思い出してください。 「そして、その代表である共和国に……」という忠誠の誓いを思い出してください)。 しかし、フィレンツェは、貴族(および労働者)の権力を制限し、一個人または一団体が政治を完全に支配することができないようにする憲法があるという意味で、共和国だった(したがって、全員が投票するという我々の理想からはほど遠く、実際、国民のごく一部が投票権を持っていた)。

では、なぜフィレンツェはルネサンスの中心地となったのでしょうか。 この時代、フィレンツェでは、商人や銀行家など中上流階級が増え、並外れた富が蓄積されました。 フィレンツェは、個人の自由が保障され、多くの市民が政治に参加できる理想的な都市国家であると考えた(これは、たとえばミラノ公国のように、絶対的な権力を持つ公爵が次々と統治するのとは大きく異なるはずだ)1400年、フィレンツェはミラノ公と争いを起こしていた。 フィレンツェの人々は、共和国の誇りであった自由と個人の尊重が失われることを恐れた。

幸いにもフィレンツェにとってミラノ公はペストにかかり、1402年に死亡した。 1408年から1414年にかけて、今度はナポリ王がフィレンツェを征服する前に亡くなり、フィレンツェは再び脅威にさらされた。 1423年、フィレンツェの人々は、先に脅威を与えたミラノ公の息子との戦争に備える。 これもフィレンツェにとって幸運なことに、1425年に公爵は敗れた。 フィレンツェ市民は、これらの軍事的な「勝利」を、神の好意と保護のしるしと解釈した。 778>

フィレンツェの人々は、15世紀初頭の自分たちの政治形態に大きな誇りを持っていた(私たちが民主主義に誇りを持っているように)。 共和国とは結局のところ、個人の意見を尊重するところであり、個人主義が15世紀にフィレンツェで繁栄したヒューマニズムの非常に重要な部分であったことを知っているのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。