腟のツブツブ。 セルフケア

  • 一般情報
  • 薬剤師または医療専門家に相談する
  • 治療のヒント
  • 治療オプション
  • その他の情報

General Information

腟ツブツブはよくある疾患で、多くの女性は人生のある時期にかかると思われます。

膣カンジダ症は、カンジダ・アルビカンスという酵母菌によって引き起こされる真菌感染症です。 症状としては、性器のかゆみ、刺激感、灼熱感などがあり、性交時に痛みを伴うこともあります。 厚く、白いですかクリーム状の腟分泌物があるかもしれません。

Thrushは抗生物質のコースを取ることによって、腟の酸のバランスの月経前の変更、熱い天候またはぴったりした合成の衣服を着て誘発されるかもしれません。 また、膣内の消臭剤、入浴剤、一部の石鹸の使用によって引き起こされることがあります。 特に膣が乾燥している場合は、性交渉やタンポンの使用が鵞口瘡の原因となることがあります。

経口避妊薬の服用、妊娠、コントロール不良の糖尿病、免疫システムに影響を及ぼす疾患も、鵞口瘡を発生しやすくする可能性があります。

See Your Pharmacist or Medical Professional

Most products used to treat vaginal thrush are ‘pharmacist only’ or ‘prescription only’ medications, so you will need to talk to your pharmacist or doctor to obtain treatment.膣炎を治療するために使用されるほとんどの製品は「薬剤師限定」または「処方箋限定」の薬ですので、治療を受けるには、薬剤師または医師に相談する必要があります。

また、次のような場合にも受診が必要です。

  • 初めて鵞口瘡の症状が出た方
  • 過去1年間に3回以上、または過去2ヶ月以内に鵞口瘡に感染した方
  • 症状が治らない方。 治療を受けているにもかかわらず
  • 妊娠中または授乳中の方
  • 下腹部痛、発熱、嘔吐、下痢がある方
  • 16歳未満または60歳以上の方
  • 糖尿病または免疫システムを抑制する薬を服用されている方。 プレドニゾンなど
  • 膣分泌物に色や臭いがある
  • 症状が以前の鵞口瘡とは異なる
  • 最近、性的パートナーが変わった
  • 生理中の斑点出血や血便がある
  • 鵞口瘡の症状がある
  • 膣の臭いがある。
  • 腟内に水泡やただれがある
  • 排尿時に熱感がある

治療のヒント

  • 石鹸を使わないことです。
  • パイタソール・ジェルを外用すると、炎症を鎮め、かゆみを抑えることができます

鵞口瘡を再発させないためにできること

  • 綿のゆったりした下着を着て、きつい衣服を避ける
  • トイレの後に「前から後ろへ」拭く
  • 石鹸を使わないようにしましょう。 消臭剤、タルカムパウダーを性器に塗布しない
  • 消臭パンティライナー、入浴剤、膣洗浄剤を使わない
  • 性交中に水性潤滑剤を使用すること。
  • タンポンを挿入するとき、膣が乾燥している場合
  • 精子入りコンドームは避ける
  • 運動後のシャワー
  • 膣を正しい酸性に保つアシージェルを試してみてください。
  • 抗生物質を服用した後にプロバイオティクスを摂取すると、体内に善玉菌を戻し、鵞口瘡の再発を予防することができます

治療の選択肢

Imidazole antifungal vaginal preparations (creams, pessaries, ovules)

e.g. クロトリマゾール(カネステン・クロトリマゾール鵞口瘡治療薬。 6日ペッサリー;1回ペッサリー;6日クリーム;3日クリーム;1回クリーム;1回ペッサリー+クリーム)

  • これらの製品は、1回投与、3日間または6日間の治療が可能です
  • 1回投与治療はより便利です
  • 特に感染が確立されている場合、より長い治療を必要とするでしょう
  • クリームとペッサリーは使い捨てアプリケーターで提供されています。
  • 治療薬は月経中でも使用できます。
  • 経口錠と性器に使用するクリームのチューブを含むコンビネーションパックが利用できます。 これはかゆみを抑えるのに有効で、1日2~3回塗布します。
  • これらの製品の中には、ダイヤフラムやコンドームを傷つけるものがあります。 しかし、アプリケーターを使ってクリームやペッサリーを塗ってはいけません。 男性は鵞口瘡がある場合のみ治療します

経口抗真菌薬

e.g. フルコナゾール(Canesoral, Diflucan One, Flufeme)

  • これらは単回投与による治療法です。 これらの経口抗真菌薬は、医師の指示がない限り、18歳未満の方は使用しないでください
  • これらの製品は、妊娠中や授乳中、肝臓疾患や特定の心臓疾患の既往がある方は使用しないでください
  • これらの製品は、他のいくつかの薬品と相互作用する可能性があります。
  • カネソラルデュオのような配合剤には、かゆみを抑える抗真菌クリームも含まれています
  • 症状は1日で緩和し、2日以内に完全に緩和されます。g. ナイスタチン(ニルスタット膣用)膣クリームまたはペッサリー
    • ナイスタチンは膣用イミダゾール系抗真菌薬やフルコナゾール内服に比べ効果が低い。
    • 他の治療法がうまくいかない場合に使用することができる
    • 治療コースは最低14日間
    • ダイアフラムやコンドームと併用しない
    • ニスタチンは衣類を汚すことがある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。