血管新生阻害薬

血管新生阻害薬は、腫瘍が自らの血管を伸ばすのを阻害する治療法です。 これにより、がんの成長を遅らせたり、時にはがんを縮小させることができるかもしれません。

抗血管新生薬には、さまざまな種類があります。 これらはそれぞれ異なる方法で作用します。

抗血管新生治療とは何ですか?

がんは、自分自身に食物や酸素を供給し、老廃物を除去するために、良好な血液供給が必要です。 腫瘍の大きさが1~2mmになると、腫瘍は大きくなり続けるために自分自身の血管を伸ばす必要があります。 血管新生とは、新しい血管が伸びることを意味します。 ですから、抗血管新生阻害剤は、腫瘍が自分自身の血管を伸ばすのを止める治療法なのです。

一部のがん細胞は、血管内皮増殖因子(VEGF)と呼ばれるタンパク質を作ります。 VEGFタンパク質は、腫瘍内の血管の壁に並んでいる細胞の受容体に付着します。 この細胞は内皮細胞と呼ばれます。

血管新生阻害剤の種類

血管の成長を阻害する薬剤にはさまざまな種類があります。

血管新生阻害剤

一部の薬剤は、血管内皮増殖因子(VEGF)が血管を覆う細胞の受容体に接着するのを阻害します。 VEGFをブロックする薬剤の例としては、ベバシズマブ(アバスチン)が挙げられます。 ベバシズマブもモノクローナル抗体です。 いくつかの異なるタイプの癌の治療薬です。

細胞内のシグナル伝達を阻害する薬剤

VEGF受容体が血管細胞に成長シグナルを送るのを止める薬剤もあります。 これらの治療薬は、がん増殖阻害剤またはチロシンキナーゼ阻害剤(TKI)とも呼ばれます。

スニチニブ(スーテント)はTKIの一種で、血管細胞内の増殖シグナルを遮断する薬です。

  • 腎臓がん
  • 消化管間質腫瘍(GIST)というまれなタイプの胃がん
  • 膵臓の神経内分泌腫瘍

細胞間のシグナルに影響を与える薬剤

いくつかの薬剤は、細胞が互いに成長するシグナルに使用する化学物質に作用するものです。 このように作用する薬には、サリドマイドやレナリドミド(レブリミド)などがあります。

血管新生阻害剤の副作用

薬剤によって、副作用は異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。