超音波ガイド下乳房生検

この情報では、超音波ガイド下乳房生検で期待されることを説明します。

乳房生検について

乳房生検は、がんの有無を調べるために乳房から組織または細胞のサンプルを採取する手順です。

最初に、生検する乳房の領域を正確に見つけ出すために超音波を照射していただきます。

放射線科医(画像誘導法を専門とする医師)が生検を行う領域を見つけたら、彼らはあなたの乳房に細い針を誘導します。 組織または細胞のサンプルを採取します。

処置当日

覚えておくべきこと

  • 処置当日は通常通り飲食できます。
  • 処置当日はシャワーできます。
  • 女性の場合、乳房の生検部位を支え、より快適にするために、生検後に着用するぴったりしたブラジャーを持参してください。

今後の予定

病院に到着すると、医師、看護師、その他のスタッフは、あなたの名前と生年月日のスペルを何度も言うように言います。 これは、あなたの安全のためです。

病院のガウンに着替え、身に着けているネックレス、チェーン、イヤリングを外すように言われるかもしれません。 あなたが快適になったら、放射線技師が超音波検査を開始します。 乳房にジェルを塗り、皮膚の表面で小さな装置を動かします。 生検を行う乳房の領域を見つけたら、局所麻酔薬(領域を麻痺させる薬)を注射(ショット)します。 組織や細胞のサンプルを採取します。

放射線技師は、あなたが生検を受けた場所を医師が確認できるように、切開した部分に小さな目印を残します。 このマーカーを感じることはできません。

処置は約1時間かかります。

処置後

  • 処置後、マーカーが正しい位置にあることを確認するために生検後マンモグラフィーを受けます。 マンモグラフィーの後、技師がステリ・ストリップの上に包帯を巻きます。
  • 担当看護師が、生検部位のケア方法に関する資料「Caring for Yourself After Your Image-Guided Breast Biopsy(画像誘導乳房生検後の自己ケア)」をお渡しします。 また、担当医に報告書を送付します。 医師は生検の結果をもとに、あなたの治療計画を立てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。