転移性肝がんの低侵襲治療

治療は、患者さんの腫瘍量、部位、局在などの要素に基づいてカスタマイズされます。 腫瘍が小さく限局している場合は、手術が治療となります。 大きくて播種性のあるがんには、全身化学療法が勧められることがあります。 過去数十年間、医師たちは二次がんに対するインターベンショナル・オンコロジー治療という新しい分野に注目してきたと、キム博士は言う。

イェール大学の医師たちは、高用量の薬剤や放射線、熱や冷気を利用して腫瘍を狙い撃ちする。 このような場合、医師は経皮的アブレーション(小さな切開)から始めます。 これは、低侵襲でわずか1時間しかかからない外来療法です。

「その穿刺を通して、医師は熱や冷気を使って腫瘍を焼いたり凍らせたりして、殺すことができます」とキム医師は言います。 「また、腫瘍を死滅させるために、高線量の超音波を当てることもできます。 その結果、患者は、つらい化学療法や手術を避けることができるのです。

腫瘍が多発性あるいはびまん性である場合、医師は局所療法に目を向けます。 これは、肝臓の動脈に直接カテーテルを挿入して、非常に高いレベルの特殊な毒性薬剤を腫瘍に正確に送り込む化学塞栓療法を意味します。 「患者は歩いて家に帰ります」とキム医師は言います。 従来の化学療法とは異なり、再施術は必要ありません。 医師は放射線塞栓療法を選択することもでき、他のインターベンショナル・オンコロジー治療と同様に、忍容性が高く、効率的である。

化学塞栓療法と同様に、医師は鼠径部から動脈にカテーテルを挿入する。 そして、放射線を含んだ小さなビーズが動脈に注入されます。 ビーズは肝臓の腫瘍に到達し、そこで「放射線によって腫瘍細胞を焼き尽くす」とKim博士は言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。