飛行船の仕組み

飛行船は、空気より軽い気体を使って揚力を得ているため、LTA(Light Than Air)と呼ばれています。 現在最もよく使われている気体はヘリウムで、その揚力は0.064lb/ft3(1.02kg/m3)である。 水素は、0.070 lb/ft3 (1.1 kg/m3)とさらに軽く、ヘリウムよりも入手が容易で安価だったため、飛行船の初期によく使われていた。 しかし、ヒンデンブルグ号の事故により、水素は簡単に燃えてしまうため、飛行船への利用は終了した。 一方、ヘリウムは燃えにくい。

これらの吊り上げ能力は大したことがないように見えるかもしれませんが、飛行船は信じられないほど大量のガスを運びます–最大で数十万立方フィート(数千メートル)にもなるのです。

広告

This content is not compatible on this device.This content is not available.

ボタンをクリックすると、飛行船がどのように上昇、下降するかがわかります。

飛行船は、水中での潜水艦のように空中で浮力を制御しています。 バロネットは、「重い」空気をためるバラストタンクのような役割を果たします。 離陸するとき、パイロットは空気弁を使ってバロネットから空気を抜きます。 ヘリウムは、周囲の空気に対して積極的に浮力を与えるので、飛行船は上昇します。 パイロットはエンジンをかけ、エレベーターを操作して、飛行船を風上に向けます。 飛行船が上昇すると、外気の圧力が下がり、船内のヘリウムが膨張する。 そこで、パイロットは風船に空気を送り込み、ヘリウムに対抗する圧力を維持します。 空気を入れると重くなるので、安定した高度を保つためには、空気圧とヘリウム圧のバランスをとり、中性浮力を作る必要があります。 飛行中に飛行船を水平にするためには、前部と後部のバロネットの間の空気圧を調整する必要があります。 飛行船は、高度1000〜7000フィート(305〜2135m)を巡航することができます。

下降するときは、バロネットに空気を入れる。 これにより、飛行船の密度が高くなり、負の浮力を得て下降する。 使用しないときは、野外または格納庫にある係留マストに係留される。 格納庫への出し入れは、トラクターで係留マストを牽引し、そこに飛行船を取り付けた状態で行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。