1ドルの銀の価値は?

.
1794年から1935年にかけて、アメリカのドル硬貨は銀で鋳造されました。 このコインの名目上の額面は1ドルですが、銀貨はその純銀含有量の価値により、それ以上の価値があります。 他の貴金属地金製品と同様に、銀貨の価格は固定されておらず、銀の含有量や銀のスポット価格など、様々な変数に左右されます。 1ドルは0.7735トロイオンスの純銀を含んでいるので、執筆時点では0.7735×11.36ポンド=8.77ポンドの価値があります。

ただし、コイン収集家の関心が高い有名コインなので、中にはもっと高く売れるドルもあります。 銀貨は、いわゆる「セミ・ニュミズムコイン」である。 そのため、デザイン、発行年、造幣局などの希少性によって、価値が左右されることがあります。

高いプレミアムで銀貨に投資することは、その銀貨の貨幣的品質を高く評価する他のコレクターに同じかそれ以上のプレミアムで売却することができるため、地金投資家にとっては少しリスクの高い方法です。 しかし、このリスクの見返りは、特定のコインが時代とともに入手困難になるにつれて、そのコレクターの価値が高騰する可能性があることです。 このような観点から、史上最も高価なコインは、2013年のオークションで1000万ドルで落札された銀貨です。

現代の銀貨

米国造幣局が製造する現代の1オンス銀貨は、公称額面は1ドルとなっています。 これは、旧来の1ドル硬貨と混同しないように、これは – 一時的に – 流通通貨であったので、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。