4 Month Old Sleep Schedule

4 Month Old Nap Schedule:

4ヶ月から6ヶ月の間は、昼寝の時間はまだバラバラですが、日中合計で2時間から4時間のどこかで昼寝をしていることが多いようです。 4~5カ月は3回、6カ月ごろは2回ほど長く昼寝を楽しむようになるかもしれません。 まだ寝かしつけを始めていないのであれば、今がチャンスです。 赤ちゃんがまだ起きているうちに、寝かしつけをするのです。 一緒に眠ることに慣れている赤ちゃんなら、多少泣くこともあるでしょう。 この年齢の赤ちゃんは、ベッドやバシネットで一緒に寝るのではなく、ベビーベッドに移行することも必要です。 赤ちゃんとの別れはつらいかもしれませんが、自分の居場所や環境を理解できるようにしたいものです。 ベビーカーや車、外出先で昼寝をさせてもかまいませんが、6カ月ごろには、昼寝や睡眠の時間から動きをなくし、ほとんどの睡眠がベビーベッドで行われるようにしましょう。 ベビーベッドは、赤ちゃんにとってオープンスペースの小さな聖域と考えることができます。自由に動けて、安らかに眠れる場所であってほしいのです。

生後4ヵ月の授乳スケジュール。

この時期になると、規則正しい睡眠・食事・起床のスケジュールを立てることで、赤ちゃんは食事や睡眠、起床のタイミングを知ることができます。 赤ちゃんは、夜通し(11~12時間)授乳なしで眠ることができるようになり、快適に過ごせるようになるはずです。 日中は、1回の授乳で5~8オンス、合計24オンス以上の食事を摂るようにしてください。 1回の授乳量が5~8オンスで、合計24オンス以上になるようにしましょう。授乳回数が1日5回、15~20分程度であれば、ちょうどよい量になっていると思います。 心配な場合は、ポンピング中に一定時間内にどれだけ母乳が出るかを確認するのも良い方法です。

米国小児科学会(AAP)は、最初の4~6ヶ月間は母乳またはミルクのみで育てることを推奨しています。 とはいえ、最終的にはあなたとあなたの赤ちゃん次第なのです。

生後4ヶ月はどのくらい眠るべきですか?

家中の人、つまり赤ちゃんと関わり、お世話をする人が、赤ちゃんの睡眠スケジュールについて同じ考えを持っていることが大切です。 赤ちゃんは、夜間は長時間眠り、日中は短時間しか眠らないということを、全員が認識するようになる必要があります。 そのため、夜間と昼間の区別がつきにくくなる可能性があります。 昼寝から就寝までの総睡眠時間は14~16時間程度になり、この時期から睡眠時間や就寝前の習慣を身につけられるとよいでしょう。 (寝る前の習慣を身につけるのに、早すぎるということはありません)。 赤ちゃんが寝る前の習慣に慣れるのに、早すぎるということはありません)さまざまな鎮静活動を試し、二人の気持ちを確かめてみてください。 もしかしたら、あなた自身の就寝前の習慣について、何か学ぶことがあるかもしれません。 通常の就寝時間の前に、ベビーベッドに直接連れていけるような時間を設けてください。 また、就寝中におしゃぶりなどの特定の物を赤ちゃんの手や口から取り除いておくのもよいでしょう。 そうすれば、夜中に目が覚めておしゃぶりが落ちていることに気づき、自分で眠りにつくことが難しくなるようなことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。