650人近くを病気にしたChipotleの集団発生はこの細菌が原因だった

先月オハイオ州のChipotleで650人近くを病気にした集団発生の原因が特定された。

オハイオ州デラウェアの公衆衛生局であるデラウェア総合衛生地区によると、病気の顧客から採取した検便から、食品が安全でない温度で保存された場合に食中毒を引き起こす可能性のある細菌、クロストリジウム・パーフリンゲンス(Clostridium perfringens)の陽性反応が出ました。

調理によってパーフリンゲン細胞は死にましたが、米国保健省 & 人間サービス(HHS)によると、必ずしも新しい細胞へ増殖できる細菌芽胞は死なないということがわかっています。 つまり、食品が長い間放置されたり、冷蔵されていなかったりすると、芽胞が増殖して新しい細胞を作り出し、その食品を食べたときに病気になる可能性があるということです。 実際、パーフリンゲンス菌は華氏40度から140度(摂氏4度から60度)の温度で増殖しますが、この温度範囲は、菌が増殖するには暑すぎず、寒すぎないので、しばしば「危険地帯」と呼ばれています。

C. perfringensの病気は、食品が大量に調理され、提供前に長時間保温された場合によく発生するとHHSは述べています。

オハイオ州では、保健当局は7月26日から30日の間にPowell市のChipotleで食事をして病気になった647人を特定しました。 Business Insiderによると、顧客は嘔吐、下痢、腹痛などの症状を報告しました。

レストランの検査では、いくつかの食品が適切な温度で保管されていないことが判明しました。 例えば、豆は十分に暖かい温度で保持されておらず、レタスは適切に冷却されていなかったとBusiness Insiderは報じている。

この集団発生を受けて、Chipotleのリーダーは「来週から全国のすべてのレストランの従業員に食品衛生と健康プロトコルに関する再トレーニングを行う」とChipotleのCEO、Brian Niccol氏は声明の中で述べている。 “一貫した食品安全の実行を確実にするために、私たちは毎日の食品安全のルーチンに、私たちの厳格な食品安全基準の定期的な「従業員の知識評価」を追加する予定です。”

ライブサイエンスのオリジナル記事

最近のニュース

{記事名}

のオリジナル記事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。