Disequilibrium: Learning Theory and Personal Practice

X

Privacy & Cookies

このサイトではクッキーを使用しています。 続行することで、その使用に同意したことになります。

Got It!

広告

著名なスイスの児童発達理論家、ジャン・ピアジェは、学習とは「知っている」状態で平衡、つまりバランスを達成する継続的なプロセスであると説明しました…ではそのバランスが新しい刺激に遭遇すると挑戦し、結果として不平衡を引き起こします。 このとき、私たちは既存のスキーマ(知識または知る方法)を新しい刺激に適用しようとする(同化)。 また、全く新しいスキーマを模索し、採用する(アコモデーション)。 このように、私たちは再びバランス、つまり平衡の状態になるまで、すべてをいじくり回すのです。 (次に新しい刺激に出会うまでは…)

認知的不協和としても知られる「不協和」は、あまり心地よい状態とは言えません。 イライラしたり、困難だと感じたりすることもあります。 恐怖や不安、パニックを引き起こすことさえあるのです。 しかし、それは真の学習が行われるために必要なことなのです。 もし、今までの考え方や知識に疑問を投げかけるものに出会わなければ、私たちは決して前に進むことはできません。 私たちはより賢く、より熟練し、より多様で、より多彩になることはなく、それはとても退屈な場所のように思えます!

コードを学び始めてから、私は不平衡についてよく考えるようになりました。 今、私はこれを予期していました。というのも、全体のポイントが不平衡を感じることである状況に、心して自分自身を放り込むことを選択したからです。 心理学に関心があり、芸術を愛し、人を大切にする私のような人間にとって、コードを学ぶことは、可能な限りバランスを崩すことになるのです。 予想外だったのは、学べば学ぶほど平衡感覚がおかしくなっていくことです。

私は、いくつかの小さな勝利を収め、コーディングの語彙と基礎を知ることで自信の感覚を得ました。 しかし、新たに得た自信は、このプロジェクトの重大性と規模についての新たな感覚と、失敗の可能性についてのより生得的な不安を伴います。

この課題は、かなり定着しているあらゆる種類のメンタル メッセージを検証することを引き起こしています。 たとえば、「私は数学と数学関連の取り組みが苦手だ」というメッセージは、私のコーディングのチュートリアルや課題の 1 つで困難なポイントに到達するたびに忍び寄ります。 また、「私はこの分野に向いていないのかもしれない、すぐにやめなければならないかもしれない」というメッセージも、私を誘惑し続けます。 今、はっきりさせておきたいのは、私は、自分の課題がわかるまで、不平衡を押し切り、さまざまな戦略で遊ぶことに全力を注いでいるということです。 しかし、私がコードを学ぶことにコミットしたのはかなり新しいことで、ネガティブなメッセージは子供の頃からずっと私の中にありました。

素晴らしく知的な魅力にあふれた学校で過ごした時間と、個人的なヨガの練習を通して、私たちの人間性の真のテストは、不平衡の周りの感情にどう対処するかにあると信じるようになりました。 例えば、

  1. 私たちは、それを感じたとき、それが私たちが入ってはならない領域に入ったことを意味すると仮定して、後ずさりすることができます。
    • 後退する習慣があると、決して前に進めない傾向があります。
    • 私がコードを学ぶことに熱心であるのと同様に、私の脳が最初にここに行くのを防ぐのに苦労しています!
  2. それに対抗することもできます。
    • 戦うとき、私たちは生産的であるかどうかにかかわらず、あらゆる種類の方法でエネルギーを使います。
    • 困難を通して戦うことは、ある
      状況では必要ですが、他の状況ではさらに大きな疲労と燃え尽きを生み出すこともあります。
    • やめたいという衝動に出会うたびに、次の本能は戦おうとしています!
  3. ただリラックスしてそれを受け入れ、それに息を入れることも可能です。
    • しばしば、本当にただ自分の不平衡を受け入れて探求することができたとき、私たちは最も深い方法で前進します。
    • これは、私が辞めることと戦うことをやり遂げた後にしようとしていることです!
  4. 私は、3番だけが不平衡を通して取り組むべき方法だと言いたいのではなく、それが私がしようとしているものだと言っているのです。 自分の課題に息を吹き込めば吹き込むほど、自分の葛藤について発見があります。 私は、否定的なメッセージを認めながらも、拒否するために努力しています。

    ピアジェの理論に戻ると、私はこれまで、適応というより同化を実践してきたのではないでしょうか。 既存の学習スキーマを使ってコーディングに取り組んできましたが、既存の学習スキーマは限界に達しているのかもしれません。 おそらく、私が行う必要があるのは、これらの課題に対するまったく新しいスキーマと考え方を学び、採用することです。

    考え方を変えることは決して簡単ではないので、これは怖気づくことです。 というのも、私がコードを学びたい理由の一部は、それを成功させるために必要な考え方のタイプを自分で発見することだからです。 今、私は自分の考え方を大きく変えようとしているところなのです。

    自分が不平衡の状態にあることに気づいたら、どうしますか?

    (写真はデンバー植物園のチフリー展で撮りました。 これらはコーディングとは関係ありませんが、この展示は自然と人間の間のある種の非平衡感を刺激し、それが関係していると思います!)

    広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。