Ganglion Cyst

Ganglion cysts are swellings that most commonly develop along tendons or joint of wrists or hand. 手首の上部、手首の手のひら側、指の末端関節、または指の付け根のいずれかに発生します。 ガングリオン嚢胞は癌ではないので、体の他の部分に転移することはありません。 外観は水風船のようで、透明な液体やゼリー状の物質が含まれています。 ガングリオン嚢胞は、あらゆる年齢の人に見られます。

ガングリオン嚢胞の正確な原因はまだわかっていませんが、外傷によって関節の組織が傷つけられると小さな嚢胞が形成されるという説があります。 最も可能性が高いのは、関節包または腱鞘に欠陥があり、関節組織が外側に膨らんでいるために起こるものです。 腫脹は通常、軟らかく、動かない。 突然発症することもあれば、時間の経過とともに徐々に発症することもあり、大きさも様々で、消失したり、再び現れたりすることもあります。 ガングリオン嚢腫は、痛みを伴う場合と伴わない場合があります。 痛みがある場合、痛みは継続し、関節を動かすと悪化することもあります。 腱に付着している場合は、患部に力が入らなくなることがあります。

ガングリオン嚢腫の診断には、まず身体的な検査から始めます。 診断の確定は、針吸引や超音波検査で行います。 針吸引は、滅菌した針で嚢胞の中の液体をある程度引き抜く作業です。 超音波画像診断により、しこりが固形か液体を含んだもの(嚢胞性)かを明らかにすることができます。 また、動脈や血管がしこりの原因となっているかどうかも判断できます。

手首の磁気共鳴画像法(MRI)もガングリオン嚢胞の診断に使用されることがあります。 吸引術は、針を用いて嚢胞内の液体を排出するために行われます。 吸引後、空になった嚢胞に抗炎症剤のステロイドを注射し、患部を固定するためにスプリントが装着されます。 嚢胞が痛んだり、活動が制限されたり、手や指のしびれや麻痺が起こる場合は、医師からガングリオン嚢胞を取り除く手術を勧められることがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。