IBSの症状には男女の違いがあるのでしょうか?

このページをシェアする!

Facebook

Pinterest

Twitter

Print

email

過敏性腸症候群は時々下痢、便秘、胃痛を起こすということではないんですよ。 IBSは、日常生活に支障をきたし、生活の質に悪影響を及ぼす可能性のある医学的な状態です。 IBSの症状に男女の大きな違いはありませんが、過敏性腸症候群で医療機関を受診する確率は、統計的に男性の方が低いです。

IBSとは?

過敏性腸症候群は、腸の機能障害です。 IBS自体は、構造的または解剖学的な問題を指しているわけではありません。 その代わりに、便秘、下痢、腹部膨満感、腹痛、下痢を伴う切迫感など、さまざまな症状が含まれます。 尿失禁、尿意切迫、筋肉痛、疲労、頭痛、性機能障害などです。

過敏性腸症候群は、胃腸科医が診断する病気の中で最も一般的なものです。 米国消化器病学会によると、過敏性腸症候群と診断されるのは、米国の成人人口の半分にすぎません。 米国の成人の10~15%がIBSの症状に苦しんでいると推定されていますが、診断を受けているのは成人のわずか5~7%です。

過敏性腸症候群は、他の医学的状態のリスク上昇とは関連していません。 しかし、IBSは人々の生活の楽しさに影響を与えます。 IBSの人は、過敏性腸疾患のない人に比べて生活の質が低いと報告しています。

IBSは男性よりも女性に影響しますか?

男性は女性よりもIBSと診断されることが少ないです。 しかし、なぜ女性より男性の方がIBSの症例が少ないのかは不明です。 いくつかの研究によると、腸の感覚を処理する方法が男女で異なることが要因である可能性があります。

また、女性は男性よりも健康上の問題で医療を受ける傾向があります。 女性の方がIBSと診断されやすい一方で、過敏性腸症候群の症状は男女で同じです。

IBSの症状は男女で同じですが、男性は統計的に過敏性腸症候群の医療を受けることが少ないようです。 Click To Tweet

IBSで受診するタイミングを知る

IBSの症状は、食事やライフスタイルの選択に起因することもあります。 食物繊維を多く摂り、運動をすることで、こうした症状を和らげることができる人もいます。 しかし、食事や生活習慣を変えても頻繁にIBSの症状が出る場合、体重減少が見られる場合、症状が日常生活に支障をきたす場合は、かかりつけの医師に相談してください。

過敏性腸症候群は自分で診断することができません。医師の診断が必要です。

過敏性腸症候群は治療が可能な病気です。 IBSは生命を脅かすものではありませんが、生活の質には影響します。 このため、PCPに相談することが大切です。 また、過敏性腸症候群の症状はIBSに特有のものではないので、医療専門家に相談することが大切です。 過敏性腸症候群の症状は、IBSに限ったことではなく、もっと深刻な問題を示している可能性もあり、できるだけ早く正しいケアと治療を受けることが、病気の進行を防いだり遅らせたりする鍵となります。

かかりつけの医師は、胃腸科医への紹介を含むかもしれない、取るべき最善策を話し合います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。