Juelz Santana

Beginnings (1994-2001)Edit

12歳の時、ジェームズは近所の友人マリクとラップデュオ、ドラフトピックを結成した。 アポロ・シアターのアマチュア・ナイトで2週連続優勝するなど、ニューヨークを中心にパフォーマンスを行い、初めて認知されるようになる。 2人はJamesが15歳のときにPriority Recordsと契約した。 1998年、Jamesは従兄弟のTobeを通じてCam’ronを紹介され、その後まもなくJuelz Santanaを名乗り、Jim JonesとFreekey Zekeyとともに彼のヒップホップ集団The Diplomatsのメンバーとなる。 サンタナのグループとの最初のコラボレーションは、トラックマスターズのリミックス「What Means the World to You」で、その後、カムロンの2枚目のスタジオアルバム「S.D.E.」には「Double Up」と「All the Chickens」のトラックが収録されています。 このアルバムには「Welcome to New York City」、「Hey Ma」、「Oh Boy」など、サンタナとのさらなるコラボレーションが含まれており、サンタナは2003年のグラミー賞で「Best Rap Performance by a Duo or Group」に初めてノミネートされている。

このアルバムの成功により、サンタナと残りのディプロマッツも、ディプロマット・レコードという名のもと、ロカフェラとの契約を結ぶことになった。 4 枚のミックステープの後、グループは 2003 年 3 月 25 日に Diplomatic Immunity から最初のアルバムをリリースし、ビルボード 200 で 8 位にランクイン、初週に 92,000 枚を売り上げ、最終的に RIAA からゴールド認定された。 サンタナはアルバム発売前、9月11日の同時多発テロの数ヶ月後に、トラック「I Love You」のリーク版で自らを「若きモハメド・アタ」と表現し、小さな論争を引き起こした。

2003年8月19日、デビュー・アルバム『From Me to U』をリリースし、ビルボード200で8位を獲得。 このアルバムに先立ち、2003年6月17日にミックステープ『ファイナル・デスティネーション』をリリース。シングル「ディップセット(サンタナズ・タウン)」はビルボード・トップ100で70位となり、第46回グラミー賞で最優秀ラップパフォーマンス(デュオまたはグループ)にノミネートされた。

What the Game’s Been Missing! (2004-2006)Edit

2006年のジェームス(黄色いシャツ)

カムロンとロカフェラ・レコード代表ジェイZとのレーベル内での紛争を経て、ディプロマッツはロカフェラおよびデフジャムとの関係を絶ち、独立レーベルのコッチ・レコードとサインをしました。 2004年11月23日には、新メンバーのヘル・ベル、40カル、J・R・ライターとともにセカンドアルバム『Diplomatic Immunity 2』をリリース。

2004年12月23日、サンタナはセカンドアルバムからのリードシングル『Mic Check』を発表。 1478>

2005年4月、サンタナはデフ・ジャムに復帰し、新たなジョイントベンチャー契約にサインしたことを発表しました。 2005年5月29日、アルバム・セカンド・シングル「There It Go (The Whistle Song)」をリリース、Hot 100で6位、Hot Rap tracksチャートで3位となり、これまでのシングル・チャートで最高位となった。 3枚目のシングル「Oh Yes」はHot 100で56位、Rapチャートで8位、4枚目の「Clockwork」は最高68位を記録している。 2005年6月30日、サンタナはクリス・ブラウンの「ラン・イット!」に参加し、ビルボードホット100で5週連続1位を獲得。

2005年11月22日、サンタナはセカンドアルバム「ホワット・ザ・ゲームズ・ビーン・ミッシング!」をリリース。 1478>

Born to Lose, Built to Win (2007-16)Edit

2007年、ディップセットのメンバー間の亀裂と不和は修復不可能となり、グループは解散することになった。 2008年8月、カムロンがデフ・ジャムに契約を売却したことが報じられ、サンタナはヒップホップ集団スカル・ギャングとレーベル名スカル・ギャング・エンターテインメントを結成することになった。 2008年9月19日にミックステープ『Takeover』を、11月25日にクリスマスをテーマにした『A Tribute to Bad Santa Starring Mike Epps with Jim Jones』をリリースし、2009年5月5日にデビューアルバム『Skull Gang』をリリースしました。 2007年にジャスト・ブレイズとの「The Second Coming」、2009年にイェラウルフとの「Mixin’ Up the Medicine」、クリス・ブラウンとの「Back to the Crib」など、いくつかのシングルリリースがあったものの、アルバムは発表されませんでした。 この間、Lil WayneのTha Carter IIIへのJuelzの貢献により、2009年のグラミー賞で3度目のアルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた。

2010年4月、Cam’ronとJim Jonesは公式に確執の終結を発表し、DiplomatsはInterscope Recordsとの契約後にいくつかのシングルで再集結を果たすことになる。

2012年12月21日、サンタナは8年ぶりのソロプロジェクトであるミックステープ『God Will’n』のリリースを発表した。 2013年1月14日にリリースされ、後にXXL誌がその年のベストミックステープ第9位に選出した。 この作品は、Lil Reeseをフィーチャーしたシングル「Bodies」と、Fabolous、Rick Ross、Meek Millをフィーチャーしたシングル「Soft」で先行リリースされた。 また、サンタナはフューチャーをフィーチャーした「Nobody Knows」、ウェイルをフィーチャーした「Awesome」、ウィズ・カリファをフィーチャーした「Everything Is Good」のミュージックビデオも公開し、テープの全曲についてミュージックビデオを撮影したと語っている。 その1ヶ月後、サンタナはクイーンズを拠点とするアパレル・ブランド集団、S.B.O.E(Slow Bucks Over Everything)とのコラボレーションを発表し、ミックステープ『All We Got Is Us』をリリースした<1478><8935>2016年11月、サンタナは第7シーズン中の『Love & Hip Hop: New York』のサポートキャストに参加、フリースタイル『Up In The Studio Gettin Blown』をリリースしている。

ディップセット再結成(2017年~)編集

2017年11月21日、サンタナ、カムロン、ジム・ジョーンズ、フリーキー・ゼキーがステージ上で再結成し、ハマースタイン・ボールルームで公演を開催した。 2018年には、全国ツアー「Dipset Forever」を行い、2018年11月22日に3枚目のアルバム「Diplomatic Ties」をリリースしました。

2018年11月、サンタナは「Love & Hip Hop: New York」に第9シーズンのメインキャストとして復帰し、現在進行中の法的闘争の様子が描かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。