Lung Cancer Connection – Support, Education, Research, Hope

私が2週間以上続く咳をしたのは2005年の4月のことでした。 昨年も同じ時期に同じような咳が出て、ようやく治まったので、あまり気にしていなかったことを覚えています。 しかし、テレビでしつこい咳を注意するコマーシャルを見て、私は医者に診てもらうことにした。 胸部レントゲンを撮るように言われ、廊下でレントゲンを撮りました。 レントゲンを持って行き、診察室で見てもらったところ、問題ないとのことでした。 翌日、主治医から電話があり、放射線技師が私の左肺に小さな影を見て、肺炎の可能性があるが心配はいらない、と言ったのです。 主治医は抗生物質を処方してくれました。 10日間の措置の後、彼はレントゲン撮影を繰り返した。 咳は治まっていましたが、肺の影はありませんでした。

そこで今度は肺の専門医に診てもらうことにしました。 彼はその影をもっとよく見るためにCATスキャンを命じました。 彼も放射線科医も、それは癌のようには見えないと言い、ただ数ヶ月様子を見てからCATスキャンを繰り返そうとしました。 そんなことは思いもよらなかった。 フルタイムの仕事をし、週に何度もジムでトレーニングし、毎週末にはハイキングをするなど、50 代の私は健康で活動的な人間でした。 それが「癌とは思えない」とはどういうことでしょう? もちろん、がんではない、そんなはずはない。 私はあまりにも若く、あまりにも健康で、タバコも吸っていませんでしたから」

医師は3カ月待ってCATスキャンを繰り返したのです。 肺の斑点は消えませんでした。 彼は、その斑点が何であるかをより良く知るために、気管支鏡検査を受けるよう私に勧めました。 しかし、気管支鏡検査は、盲目で行って、スポットに到達することを願うので、必ずしも決定的なものではありません。 もし、正しい場所に到達しなかったとしても、疑わしい細胞があるかどうかを確認するために十分な液体を採取することができます。 私の両親はともに肺がんでした。 母の場合は非常に早期に発見され(76歳)、11年たった今でも生存しています。 父の場合はかなり遅れて(83歳)発見され、余命は3〜6ヶ月と宣告されました。 父は2年間生き延び、7月に肺癌で亡くなりました。 これは遺伝性なのでしょうか? 本当に私の身に起こっているのだろうか? 私はまだ信じられませんでした!

気管支鏡検査の結果は「疑わしい」ということで、私の医師は生検を行いたいと言うほどでした。 OMG、生検! 生検なんて、ガンがあると確信したときだけするものだと思っていました。 4ヶ月前に父を肺がんで亡くしたばかりだったので、できるだけ慎重になる必要があると思い、生検に踏み切りました。

感謝祭の前の水曜日、主治医から電話があり、結果を確認するために立ち寄るようにと言われました。 他のスタッフはすでに帰宅していましたが、主治医は私を待っていました。 彼は私を診察室に連れ戻し、「あなたは癌です」と結果を告げました。 私は否定的な気持ちになりました。 彼が言ったことの残りは、ただぼんやりとしか覚えていない。 覚えているのは、月曜日に外科医の予約を取ってくれたことくらいだ。 YOU HAVE CANCERという言葉が頭の中をぐるぐると回っていた。 自分の運命を知る前に、休日と長い週末を乗り切らなければならなかった。 圧倒されました!

長い話を短くすると、私はステージ I の肺がんでした。 左肺の下葉を切除する手術を受け、腫瘍の大きさから、手術後に化学療法を行うことになりました。 肺がんのサポートグループやウォーキング、募金活動などはないのか、と担当医に尋ねると、「ない」という答えが返ってきました。 肺がん患者のほとんどは、何かを始められるほど長生きはできないのです。 化学療法に伴う吐き気、脱毛、神経障害などを経験しましたが、今は癌とは無縁で、この状態を何年も何年も続けたいと思っています。 すべての肺がん患者が私と同じ結果になることを望んでいます。そのために、私は肺がんコネクションと協力して、すべての夢を現実にするために活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。