Near field communication overview

Near Field Communication (NFC) は短距離無線技術のセットで、接続を開始するために通常 4cm 以下の距離を必要とします。 NFC を使用すると、NFC タグと Android 搭載デバイス間、または 2 つの Android 搭載デバイス間で小さなペイロードのデータを共有することができます。

タグの複雑さには幅があります。 単純なタグは読み取りと書き込みのセマンティクスを提供し、時にはカードを読み取り専用にするために1 回だけプログラム可能な領域を持つこともあります。 より複雑なタグは、数学演算を提供し、セクタへのアクセスを認証するための暗号化ハードウェアを備えています。 最も洗練されたタグは動作環境を持ち、タグ上で実行されるコードとの複雑な相互作用が可能です。 タグに保存されたデータはさまざまな形式で書き込むことができますが、Android フレームワーク API の多くは、NDEF (NFC Data Exchange Format) と呼ばれる NFC フォーラム標準をベースにしています。

  • カード・エミュレーション・モード:NFC 装置自体を NFC カードとして動作させることができます。 エミュレートされた NFC カードは、NFC ポイント・オブ・セール端末などの外部 NFC リーダーによってアクセスすることができます。 また、アプリケーションでNDEF データを処理する方法についても説明し、Android の基本的なNFC 機能セットをサポートするフレームワークAPI の概要を示します。 Advanced NFC 本書では、Android がサポートするさまざまなタグ技術を使用できるようにするための API について説明します。 NDEF データを使用していない場合、または Android が完全に理解できない NDEF データを使用している場合、独自のプロトコルスタックを使用して生のバイトでタグを手動で 読み取りまたは書き込みする必要があります。 このような場合、Androidは特定のタグ技術を検出し、独自のプロトコルスタックを使用してタグとの通信を開始するためのサポートを提供します。 この文書では、Android デバイスがセキュアエレメントを使用せずに NFC カードと して機能し、Android アプリケーションがカードをエミュレートして NFC リーダーと直接通信で きるようにする方法について説明します。
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。