ORGANIZATION OF THE SKELETAL SYSTEM

5.骨格系の組織。 肋骨ケージ 胸郭は、胸郭の骨と軟骨の骨格を形成している。 胸郭は胸椎と後方で結合し、12対の肋骨、扁平な胸骨、および肋骨と胸骨をつなぐ肋軟骨からなる。
付属骨は、上肢および下肢の骨と、付属骨を軸骨に固定する骨格帯からなる。 付属骨格の構成要素は次の通りである。
1. 胸椎(きょうつい)。 肩甲骨と鎖骨は胸郭の付属器官であり、胸骨は体軸の付属器官である。 胸郭の主な役割は、上腕(腕)と前腕(前腕)を動かす筋肉を取り付けることである
2. 上肢 上肢には、上腕骨の近位部、前腕骨の尺骨と橈骨、手根骨、中手骨、手の指骨などがある。
3 骨盤帯 骨盤帯の構成要素としては、2つの尾骨(腰骨)が付属骨として、仙骨が軸骨として使われる。 骨盤は前方で恥骨結合、後方で仙骨結合により結合されている。 骨盤帯は椎骨を介して体重を支え、骨盤腔内の内臓を保護している
4. 下肢 下肢には、大腿骨、脛骨、腓骨、足根骨、中足骨、指骨などがあり、大腿骨には大腿骨、脛骨には中足骨、指骨には指骨がある。 また、膝蓋骨は膝関節の前面、大腿部と下腿部の間に位置する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。