RingsRings

エンケラドスは、その表面から土星のEリングに放出された塵やその他の物質の雲に囲まれた暗い点として見ることができます。

(クリックで拡大)

外惑星で環がどのように、そしてなぜできたかについては、たくさんの説があります。 その中で、土星の環の起源を理解することに最も焦点が当てられています。 環が古いことは分かっていますが、問題は、どのくらい古いかということです。 数千年? 数百万年? 数十億年? 太陽系の年齢は約46億年ですが、土星の輪は太陽系とほぼ同じ年齢だという説が有力です。

リング自体は太陽系と同じくらい古いと考えられていますが、リングを構成している粒子は非常に若いのです。 古い粒子は惑星間塵に覆われ、反射率が低くなっています。 しかし、ほとんどの粒子は明るいので、ダストを集める時間がなかったのです。 このことは、リングの粒子が何らかの形でリサイクルされていることを示唆しています。

2005年に探査機カッシーニが撮影したエンケラドスの画像で、月の表面から噴出する氷の間欠泉を見ることができます。

(クリックで拡大)

探査機カッシーニは最近、土星の中型衛星のひとつであるエンケラドスが、土星のEリングに新しい物質を提供していることを発見しました。 Eリングは太陽系最大の惑星環で、エンケラドスでの地質活動によって絶えず補充されているようです。 エンケラドスの南極にある噴出口から十分な速度で排出された塵埃は、エンケラドスの重力から放出され、成長するEリングの材料に加えられるのである。

木星のリングシステムの形成に関する他の理論には、月が惑星に近づきすぎて分解された可能性が含まれます。 また、塵や、かつて太陽系を漂っていた岩石や氷のかけらが、巨大惑星に取り込まれただけという説もある。 科学者たちは、これらの疑問に対する明確な答えを出すために、まだ研究を続けている。

ページトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。