Securities Law Memo: Reg S vs. Rule 144A

X

Privacy & Cookies

このサイトではクッキーを使用しています。 続行することで、その使用に同意したことになります。 Cookieのコントロール方法など、詳しくはこちら

Got It!

広告

米国1933年証券法(「証券法」)は、米国外の発行者による証券の提供または販売に適用されます。 米国証券取引委員会(以下「SEC」)に登録し、その効力を宣言しない限り、米国内での当該証券の募集または販売を行うことは禁じられています。 米国内で証券の募集を行う場合には、米国内で証券の登録を行うかまたは登録義務からの適用除外を受ける場合を除き、米国内で証券の募集または販売を行うことはできません。 このような免除は、規則144Aに基づき、「制限付証券」の募集として実施される場合があります。 以下は、規則144A、レギュレーションS、それぞれの販売制限、および証券法のこれら2つのセクション間のいくつかの重要な違いの基本的な要約です。

Rule 144A of the Securities Act (“Rule 144A”)はセーフハーバー条項で、証券法の登録要件からの免除を提供します。 ルール144Aに基づき再販可能な証券は、米国の証券取引所に上場されていない、または米国の自動化されたディーラー間取引システムで相場が決定されていない米国および外国の発行者の証券です。

規則144Aに依拠するための基本的な条件は、証券の再販が適格機関投資家(QIB)にのみ行われることです。QIBとは、一般に機関投資家、公認投資家で、総額で少なくとも1億ドル(ディーラーは1000万ドル)、企業の関連会社ではない発行者の証券を保有し投資している人たちのことを指します。 QIBは、大量の有価証券を保有し、かつ機関投資家としての知識を有しているため、SECの高い保護基準を満たさなくても有価証券を交換することができます。 Rule 144A の場合、転売される証券は、米国の国立証券取引所に上場されている証券と異なるクラスでなければならず、1940年投資会社法の下で登録が義務付けられているオープンエンド投資会社、ユニット投資信託、額面金券会社の証券であってはなりません。 3271>

Regulation S

Regulation S under the Securities Act (“Regulation S”) はセーフハーバー規定で、証券のオファーと販売が米国外で行われたとSECによりみなされる状況について規定しています。

レギュレーション S のルール 903 は、発行者およびそれぞれの「関連会社」、または上記の代理人による証券のオファーと販売に適用されます。 このルールは、発行者や関連会社がレギュレーションSの「セーフハーバー」免責を失い、前述の者が責任を負うことになる販売制限を定めている。

レギュレーション S の基本的な要件は、オファーが「オフショア取引」であり、米国内でのオファーに関連した「直接販売活動」が存在しないことです。 (i) オファーは米国内の人に対して行われず、(ii) (A) 買い注文が出された時点で買い手が米国外にいる、または売り手とその代理人が買い手が米国外にいることを合理的に信じる、または (B) 米国外にある外国証券取引所の実際の取引所で取引が行われる場合、有価証券のオファーまたはセールスは「オフショア取引」で行われるものとされます。 「Directed selling efforts “とは、Regulation Sに準拠して提供される証券のために米国内の市場を調整する目的で行われる、またはその効果があると合理的に期待できる活動で、米国内で一般に流通している出版物に広告を掲載することを含みます。

ルール144AとレギュレーションSの相違点

ルール144AとレギュレーションSの基本的な相違点は、ルール144Aに基づく証券はQIBのみが保有できるのに対し、レギュレーションSに基づく証券はあらゆる非米国人保有者によって保有できる点です。 レギュレーションSはオフショア・オファリングにのみ適用され、米国内で販売できないため、このようなオファリングをルール144Aオファリングと統合することはできません。 しかし、レギュレーションSの下で制限のないオフショアオファリングと同時に、制限付きルール144Aオファリングを実施することは珍しくありません。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。