Seeing the Picture

Steve Jobs-Mona Simpsonの話は魅力的だと思います。実兄 & 姉(父はシリア)、別々の家庭で育ち、ジョブズが27歳になるまでお互いのことを知らなかった – 一言で言えば、この話です。 カリフォルニアの質素な中流家庭で育ったジョブズは、アップルの天才的なトップとして大成功を収め、その後、ウィスコンシン州で(アメリカ人の)実母に育てられた妹が、同じく天才的な小説家モナ・シンプソンであることを知ります。

以下に抜粋する1997年のNew York Times MagazineのSteve Lohrの記事(Simpsonの1996年の小説「A Regular Guy」のすぐ後に書かれ、ジョブズがApple CEOに復帰した直後の記事)は、この関係に関して私が見つけた最高の資料です-特に、それについてジョブズが珍しく発言しているからです。 その抜粋の下に、ジョブズとシンプソンの関係についての情報を見つけることの難しさ、そして他の情報源について述べています。 ジョブズに関する長い記事の途中から抜粋します。

ジョブズがモナ・シンプソンを見つけたとき、まったく異なる環境で育った姉妹は、まるで自然対育成の実験の一部であったかのようだった。

彼は10代の頃から、時折、自分の家族を探す努力をしていた。 27歳のとき、実の両親にはもう一人、妹がいることを知り、あきらめかけていた。

結局のところ、彼の妹は小説家のモナ・シンプソンで、その新刊『A Regular Guy』は、スティーブ・ジョブズに酷似しているシリコンバレーの起業家を描いています。 ジョブズは彼女と出会ってから、彼女が住んでいたマンハッタンにしばしば訪れ、現在もアパートを借りている。 ジョブズもシンプソンも、この二人の関係については、今日に至るまで、マスコミの取材に応じることはなく、また取材も控えめにしている。 「兄と私はとても仲がいいんです」とシンプソンは言う。 「ジョブズは「私たちは家族だ」とだけ語っている。 彼女は世界で最も仲の良い友人の一人です。 2、3日おきに電話して話している」

この記事を見つけた経緯と、ジョブズとシンプソンの関係についての情報を見つけることの難しさについて一言 – 私はもちろん、Google で Steve Jobs Mona Simpson で検索することから始めました – 最初の2つは、ジョブズとシンプソンに関する Wikipedia の記事で、これは2人の関係についてはあまり決定的なものはないことを示しています – あったとしても Wikipedia より上位にあることでしょう – この記事には、ジョブズとシンプソンについて、Wikipedia の記事よりも高い順位にあります。 上のLohr/NYTの記事は3位です。 この記事は、他のトップ10にあるような、どちらか一方の視点からではなく、両者の兄弟から見たジョブズとシンプソンの関係についての最高の解説を含んでいるので、この上位ランキングに値する。 しかし、奇妙なことに、Google はオリジナルの NYT 版ではなく、転載版の記事にリンクしています。おそらく、1 ページにすべて載っているからでしょう。 ジョブズに関する記事には、むしろ奇妙な文書で、シンプソンについて短い言及があり、ジョブズとの関係については注10と21-25があるが、上記のNYT/Lohrの記事は、ジョブズに関する一般記事にのみ掲載されており、シンプソンについて論じたという認識はない。 ウィキペディアの文書におけるもう一つの不可解な発見 – 注釈のセクションに掲載されている記事があり、そこにはジョブズとシンプソンの関係についてはあまり書かれていないが、シンプソンが母親に育てられたグリーンベイの家庭環境については良い情報が載っている。 特に、ジョブズの実父であるシリア出身の父親について書かれているので、参考になる。 Wikipediaの記事Notesでは、実際の記事へのリンクはなく、新聞社のサイトへのリンクのみ:

22. Andy Behrendt, “Apple Computer mogul’s roots tied to Green Bay,” Green Bay Press-Gazette, December 4, 2005.

おそらく、この記事は Green Bay Press-Gazette からもう入手できないのでリンクされていないのでしょう。

最後に、この真実は小説よりも奇なりという物語の最後の小片をひとつ。 うーん…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。