The Many Baobabs of Madagascar

世界には9種類のバオバブの木があり、そのうち6種類がマダガスカルに生息していることをご存知ですか? 他の地域(オーストラリア、アラビア、アフリカ大陸)には1~2種しかないので、まさにマダガスカルはバオバブの国なのです。 ただし、現地ではバオバブのことを別の名前で呼んでいる。 モンキーブレッド」と呼ばれている。 人々は、アフリカ全域で見られる「標準的な」アフリカンバオバブAdansonia digitataに慣れているかもしれませんが、マダガスカルで見られるユニークなバオバブの種類を発見する価値はあります。

マダガスカルで最も有名なバオバブの種類は、ジャイアント・バオバブAdansonia grandidieriで、この赤茶色の円筒形の高い木は、ちょうど頂上に枝が集まっており、マダガスカルの最高の観光地であるバオバブの美しい通りを沿って並んでいます。 別名「グランディディエ・バオバブ」とも呼ばれ、フランスの植物学者アルフレッド・グランディディエの名前にちなんで名づけられた。 5月から8月にかけて白い花弁と黒褐色の花芽をつけ、11月から12月にかけて熟した実をつけ、樹高は30mにもなる。

ジャイアント・バオバブはマダガスカルで最も有名な種ですが、実はマダガスカルの名前がついた種もあり、それはご存知、マダガスカル・バオバブAdansonia madagascariensisです。 261>

マダガスカルで最も希少なバオバブはペリエバオバブで、島の最北部に数本が残っているのみである。 この木には、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、リボフラビン、植物ステロールなどの栄養素が豊富に含まれているのですが、残念なことに、その数はわずかです。 この木の実は、ジュースやアイスクリームにもなります。

Adansonia suarezensis, near Montagne des Francais, N Madagascar Source:Wikimedia Commons

島の北部にあるもう一つの珍しいバオバブの種はスアレス・バオバブAdansonia suarezensisで、市の名前の由来でもあるディエゴ・スアレスか、ポルトガル人探検家から名付けられたものだ。 この木はコウモリが好んで住み着き、主に夜に咲く白い花の受粉を担っている。

バオバブの中で最も小さい種はフォニー・アダンソニア・ルブロスティパで、通常4~5メートルしか成長しない。 バオバブは背が低く、太っていて、ジャガイモのようだとも言われる。 また、幹に多くの水分を含んでいるため、実年齢よりも老けて見えることがある。 マダガスカルでは、樹皮の内側を丈夫なロープや紐の材料として使っている。

また、南部にはザ・バオバブAdansonia zaがある。ザはマラガシー語で木を意味し、マダガスカルで最もよく見られるバオバブだが、実は島の他の地域でも見ることができる。 甘いカビのような香りがして、黒い果実に油性の種があります。 また、フォニーバオバブのように黄色と赤色の花を咲かせます。 261>

このようにユニークな固有種のバオバブ(世界のどこよりも多い!)は、マダガスカルが自然愛好家にとって必見である理由のひとつに過ぎないのです。

1000 Views of Madagascar:

1000 Views of Madagascar

をチェックして、島国への訪問を計画してはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。