Top 5 Takeaways On The Importance of Entrepreneurship

by Najm Mohamed, Digital Marketing Intern

起業は国の資産とみなすことができ、起業家はどの国にとってもその資産を牽引する存在なのです。 起業は、富を増大させるだけでなく、幸福の向上につながる価値を生み出すことができるダイナミックなプロセスである。

起業家精神は社会を変える重要な役割を果たすので、この最大の資産を可能な限り育成し、動機付けし、報酬を与えることは理にかなっている。

起業家精神の重要性

起業家精神は、未利用の資源、労働力、資本を最も効率的に利用するものである。 起業家は、利益を得るため、あるいは社会起業の場合は地域社会が抱える問題を解決するために、リスクを負って行動する。 つまり、起業家の存在意義や役割は、ビジネスの世界にとどまらないのです。 起業の重要性は非常に幅広く、短いブログ記事でそのすべてを説明するのはかなり大変です。 しかし、経済発展や社会におけるアントレプレナーシップの重要性と役割について、少し光を当ててみたいと思います。

1. 起業家精神は経済成長を加速させる

起業家は、その国の経済成長の車輪として機能することができるので、市場経済にとって重要である。

新しい製品やサービスを生み出すことで、新たな雇用を刺激し、結果的に経済発展を加速させることになる。 そのため、起業家精神を奨励し支援する公共政策は、経済成長にとって重要であると考えるべきである。

起業家精神によって、多くの新しい雇用と機会が生み出される。 起業は、未熟な雇用者を熟練者に変えるために非常に重要な、膨大な量の初級職を創出する。 また、大企業に経験豊富な労働者を準備し、提供することもできる。 一国の総雇用数の増加は、起業家精神の高まりに大きく依存している。 ですから、新たな雇用機会を創出する上で起業家精神が果たす役割は非常に大きいのです。

ビジネスのあらゆる側面に革新をもたらすことによって、起業家的ベンチャーは既存の資源を最も効果的な方法で活用し、生産を強化する。 起業家は、新しく改良された製品、サービス、技術を導入することによって、新しい市場を開拓する。 このように、起業家は新たな富を生み出し、国民所得を増やすことに貢献する。 そのため、政府は国民により多くの利益を提供することができる。

2 起業家精神は革新を促進する

研究開発の正しい実践を通じて、起業家は新しいベンチャー、市場、製品、技術の扉を開く新しい革新をもたらす。 起業家は、既存の製品や技術がまだ解決していない問題を解決する役割を担っている。 つまり、新しい製品やサービスを生み出すこと、あるいは既存の製品やサービスに革新をもたらすことで、起業家精神は人々の生活を向上させる可能性を持っているのです。

3.起業家精神は社会の変化を促進する

起業家は社会の伝統や文化を変えたり壊したり、時代遅れの方法、システム、技術への依存を減らしたりする。 基本的に、起業家は、最終的に社会に変化をもたらす新しい技術やシステムをもたらす先駆者である。 このような変化は、ライフスタイルの改善、寛大な考え方、より良いモラル、より高い経済的選択と関連している。 このように、社会の変化は、次第に国や世界の変化に影響を与えるようになるのです。 ですから、社会起業家精神の重要性は、高く評価されなければなりません。

デューク大学では、イノベーション・アンド・アントレプレナーシップ・イニシアチブとして、特にソーシャル・イノベーションを目的とした特別プログラムを設けています。 このプログラムは、”世界の最も差し迫った問題に対する革新的な解決策を追求するために、知識を行動に移す起業家のリーダーや学者を鼓舞し、準備し、支援するための変革的な学習環境を構築し、大学の強みを拡張する “ものです。

たとえば、このイニシアチブの最も新しいプロジェクトの1つは、デューク-ユニセフ イノベーション アクセラレーターで、アフリカ3カ国の脆弱なコミュニティに住む女性や少女の月経の健康と衛生に関する起業活動に焦点を当てています。

4 起業は研究と産業開発を促進する

新しいビジネスのアイデアを生み、既成概念を打ち破るとともに、起業家は研究開発も促進しています。 アイデアを育て、新しい形にし、ビジネスとして成功させるのである。

起業家は、常に新しいアイデアを発見し、既存のアイデアを改善しようとする特別な人たちです。 起業家が新しい製品、サービス、アイデアを開発すると、他の人がそれに続くことが多い(そして、時にはそのアイデアをさらに洗練させることもある)。 彼らは互いに動機づけを行い、アイデアやインスピレーションを共有し、新しい産業を確立するための計画を共有することができる。 既存の産業風土が変わることで、同時に他の産業への扉も開かれる。 したがって、経済に対する起業の重要性は多機能であることがわかる。

5. 起業は既存企業を発展させ、改善する

起業というと、全く新しい製品やアイデアを発明するものと思われがちだが、既存のビジネスにも影響を与えるものである。 起業家は発想が異なるので、既存の企業を拡大・発展させる革新的な方法を考え出すことができる。 例えば、生産プロセスの近代化、流通・販売プロセス全体への新技術の導入、既存企業が既存の資源をより効率的に活用するための支援などである。

まとめると、起業家精神を支援・促進することは、国の経済や既存の企業にも良い影響を与え、社会起業家精神は、世界中のコミュニティが直面する社会的課題に対するイノベーションの解決策を見出す可能性を高めるということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。