Ubuntu リモートデスクトップ – 18.04 Bionic Beaver Linux

目的

次のチュートリアルでは、Ubuntu 18.04 Bionic Beaver でクライアント/サーバー リモートデスクトップ共有を設定する方法について説明します。

Operating System and Software Vions

  • Operating System: – Ubuntu 18.04 Bionic Beaver

Requirements

Privileged access to your Ubuntu System as root or via sudo command is required.

Conventions

  • # – 与えられたlinuxコマンドは、rootユーザーとして直接、またはsudoコマンドを使用してroot権限で実行する必要があります
  • $ – 与えられたlinuxコマンドは、非特権ユーザーとして実行する必要があります

Other Version of this Tutorial Ubuntu 20.01 Tutorial Ubuntuのバージョン。04 (Focal Fossa)

手順

リモートデスクトップ共有を有効にする

はじめに、まず、対象のUbuntuシステムにリモートデスクトップ共有がインストールされていることを確認する必要があります。

$ sudo apt update && sudo apt install -y vino

次に、リモート共有を有効にする手順です。

Activities メニューから、システム設定セクションの一部である Sharing を検索してください。

Linux システムアナリスト募集 !
UAF Geophysical Institute では、研究サイバーインフラのアナリストおよびエンジニアのチームに参加する経験ある Linux システムアナリストを募集しています。 LOCATION: Fairbanks, Alaska, USA
APPLY NOW

Screen Sharingをクリックすると、リモートデスクの設定が開始されます。

すべてのスイッチがONに設定されていることを確認します。 複数のNetworksを使用している場合、リモートデスクトップ共有に使用するネットワークを選択します。 必要に応じてパスワードを設定します。
Allow connections to control the screenオプションは、リモートユーザーがリモートデスクトップと積極的に対話できるようにする機能です。 このオプションがチェックされていない場合、リモートデスクトップセッションは読み取り専用に設定されます。

Ubuntuのリモートデスクトップ機能が有効になったら、システムがポート5900で待ち受けることを任意で確認できます。

$ ss -lntState Recv-Q Send-Q Local Address:Port Peer Address:PortLISTEN 0 128 0.0.0.0:22 0.0.0.0:*LISTEN 0 5 127.0.0.1:631 0.0.0.0:* LISTEN 0 128 127.0.0.1:6010 0.0.0.0:* LISTEN 0 128 0.0.0.0:38299 0.0.0.0:*LISTEN 0 5 0.0.0.0:5900 0.0.0.0:* LISTEN 0 128 :22 :* LISTEN 0 5 :631 :* LISTEN 0 128 :6010 :* LISTEN 0 128 :39717 :* LISTEN 0 5 :5900 :*

UFWファイアウォールを有効にしている場合は、接続用にポート5900を開放してください。

$ sudo ufw allow from any to any port 5900 proto tcpRule addedRule added (v6)

ファイアウォールのルールをより厳密に設定したい場合は、ファイアウォールの受信ポートの開け方/許可方法をご覧ください。

Establish Remote Desktop Connection

この段階で、リモート Ubuntu デスクトップへの接続を確立するクライアント システムに注目する準備が整いました。

Remina Desktop Client

リモート デスクトップ接続を作成するために使用する最初のリモート デスクトップ クライアントは Remmina です。
Remmina リモートデスクトップクライアントは、Ubuntu 18.04 システムにすでにインストールされているはずです。 インストールする必要がある場合は、以下を実行してください。

$ sudo apt install remmina

activitiesメニューでRemminaリモートデスクトップクライアントを検索して起動するか、コマンドを実行します。

$ remmina

ドロップダウンメニューからVNCプロトコルを選択し、Ubuntuリモートデスクトップシステムのホスト名またはIPアドレスを入力します。 ENTERを押して、リモートデスクトップ接続を素早く開始します。
または、+ボタンをクリックして、リモートデスクトップ接続のオプションを設定する方法について、以下を参照してください。 プロトコルはVNCを選択し、QualityまたはColor depthを設定します。

リモートデスクトップクライアントが接続を確立したら、リモートデスクトップサーバーがこの接続を受け入れる必要があります。 リモートデスクトップサーバーでAcceptを押します。
このメッセージを見逃した場合は、トップパネルのDate & Timeをクリックし、Another user is trying to view your desktop 通知を検索します。

リモートデスクトップ共有接続は正常に終了しました。 Remmina パネルを使用して、リモート デスクトップ接続設定をさらに微調整します。

VNC Remote Desktop Client

さらに、Ubuntu リモート デスクトップ共有に接続する別の方法は、VNC クライアントを使って行うことも可能です。 まず、クライアントの Ubuntu システムに VNC をインストールします。

$ sudo apt install tigervnc-viewer

上記のレミナリモートクライアントとは異なり、VNCクライアントは暗号化をサポートしていません。 リモートデスクトップ共有サーバーに接続しようとすると、No matching security typesエラーが発生します。

VNC クライアントを使用して暗号化を有効にしてリモート デスクトップに接続すると No matching security types エラーが発生します。

この理由から、まず、リモート Vino デスクトップ共有サーバーの暗号化を無効にする必要があります。 次の Linux コマンドを実行して、リモート サーバーが VNC クライアントの接続に暗号化を必要としないようにします。

$ gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false

リモートサーバーの暗号化が無効になっていることを確認します。

$ gsettings list-recursively org.gnome.Vino | grep encryptorg.gnome.Vino require-encryption false

これで暗号化が無効になったので、ある程度のプライバシーを確保するために、VNCクライアントのためにリモートデスクトップへのSSHトンネルをポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。